自分に合った勉強法の確立と学習習慣の形成を達成した1ヶ月!英語基礎力の構築が海外で活躍するカギ? | イングリード
法人のお客様はこちらchevron_right
\ 0円で出来る!充実の60分間カウンセリング /
edit 英語力診断テスト付き
timeline レベルチャート表プレゼント
record_voice_over 具体的な学習アドバイス
done 英語のお悩みヒアリング
Experience
体験談
 

自分に合った勉強法の確立と学習習慣の形成を達成した1ヶ月!英語基礎力の構築が海外で活躍するカギ?

近藤リサさん
20代 女性 / バンコク日系企業
職種
営業/販売/企画
受講の目的
ビジネス英語
開始時の英語力
中上級
受講期間
1ヶ月〜2ヶ月
受講コース
オンライン英語コーチングコース
Introduction
趣味の海外旅行や仕事で英語を使う機会が多いものの、意思相通以上のコミュニケーションをとることができなかった近藤さん。

自分の英語力や多忙な生活を考慮したうえで、専属コーチが学習カリキュラムを作成してくれる点に魅力を感じイングリードの受講を決意。

正しい学習法で1ヶ月英語を学んだことで、自分自身の英語の伸びしろに気づき、イングリードを退会した今でも継続して英語学習に取り組むことができている。

はじめに、簡単に自己紹介をしていただけますか?

近藤リサです。タイのバンコクで日系企業の営業職として働く傍ら、「TAIKKO 駐在妻自分磨き」というYouTubeチャンネルで、メンバーの一員として活動しています。

留学経験はありませんが、もともと海外旅行は好きで、新型コロナウイルスが流行する前は、よく一人旅をしていました。旅行先では、現地の方との簡単な英語のコミュニケーションに困ることはなくとも、自分の意思を正確に伝えることが難しいと感じていました。

英語力の向上のため、タイ渡航前に英会話教室に通っていましたが、実際に身についているのかは不安でした。

イングリードは従来のサービスとは異なり、私の英語力や生活スタイルを考慮したうえで、学習教材の選定や学習カリキュラムの作成をしてくれると知り、受講を決めました。

仕事で、英語に触れる機会はありますか?

お客様は日本人が多いですが、職場では現地のスタッフも多いため、英語でコミュニケーションをとることもあります。

また、仕事を進めていくうえで、英語の資料に目を通す機会や英語のメールに対応する場面があります。分からない単語がでてきた際に、その意味を調べることに時間を取られてしまい、本来の仕事が円滑に進まないということが、イングリード受講前は頻繁にありました。

コーチングは、従来の英語学習支援サービスとは異なった学習形態ですが、違和感や疑問はありませんでしたか?

最初は、英語コーチングのメカニズムをきちんと理解していなかったため、インプット中心の学習が英会話力向上に繋がるのか疑問でした。

しかし、専属コーチが無料カウンセリングの段階で、正確に私の英語の弱点を導き出し、脳科学に基づいた信憑性の高い学習カリキュラムを組んでくださり、このコーチについていこうという気持ちにさせてくれました。

学生時代に就職活動のためTOEICを学習したことはありましたが、実践的な英会話を伸ばすことを目的とした学習ではなかったので、今回は実践的な英会話に重点を置いて学習を進めたいという旨をコーチに伝えました。

実際に1ヶ月取り組んだ学習法を教えてください。

単語の暗記や瞬間英作文です。また、シャドーイングと英文法の学習にも力を入れて取り組みました。学習したことをアウトプットする機会として、週に2回外国人講師との英会話のレッスンにも取り組みました。

特に印象に残った勉強法はありますか?

瞬間英作文が印象的でした。はじめは、文法の知識が乏しかったこともあり、うまく文章がつくれず苦労しました。反復学習を続けるうちに、文章が瞬時につくれるようになり、英語力の伸びを実感しました。

シャドーイングも印象に残っています。この学習は、1つのフレーズを反復して聞き、口に出して何度も練習するという流れでした。最初はスピードについていくことが難しく感じましたが、反復練習をしていくうちに、言葉の流れが理解できるようになり、自然と口が動いているという状態を達成することができました。

コーチからかなり真剣に英語学習に取り組まれたと聞いております。

そうなんですね、ありがとうございます。1日に2時間半ほど勉強をしました。仕事やプライベートで多忙な時期ではありましたが、仕事の移動時間やプライベートの隙間時間をうまく活用し学習することができました。

1日の勉強時間を朝と夜に分け、効率よく学習に取り組むなど自分なりに工夫をして日々の学習をこなしました。はじめは長く感じた毎日の学習も、学習を進めるにつれて時間が足りないと思う日がでてくるほど楽しく学習を続けることができました。

専属コーチのサポートはいかがでしたか?

毎日ラインで学習進捗の確認をしてくださったことや、疑問点を解決するまで説明してくださったことが大変心強かったです。

仕事の都合で予定通り学習を進めることが難しい日があっても、「もし忙しければ、このような優先順位で学習を進めてください」などのアドバイスをくださいました。

コーチが私のライフスタイルに合った勉強法を柔軟に提案してくださったおかげで、毎日の勉強を無理なく継続することができました。コーチと一緒に頑張っていると実感できた1ヶ月でした。

1ヶ月イングリードを受講してみて効果は感じられますか?

正直、1ヶ月で劇的な英語力の変化を感じる場面はまだ少ないですが、仕事で英語の資料に目を通す際や、メールの対応をする際に、以前より単語を調べる回数が少なくなったと感じます。英語力の基礎の構築や単語の知識が増加したことによる効果であると思います。

個人的には英語学習の習慣を形成できたことが、最もイングリードの効果を感じるポイントです。自分に合った学習法を知ることができたことと、コーチが作成してくださった1年分の学習ロードマップのおかげで、イングリードを退会した今でも毎日2時間半英語学習を続けることができています。

これからの目標について教えてください。

将来は、多国籍な環境で英語を使い仕事をすることを目標にしています。英語圏の国に住む、海外で大学院に通うという夢も実現したいと思っています。

この1年間の目標は、英語でコミュニケーションを取る際に、単語や文法に迷わず話せるようになることです。また、仕事で分からない単語を調べる回数を減らせるようにしたいです。

この目標を達成するために毎日の英語学習に励みたいと思います。

他の体験談を見る

 
Y.Kさん
40代 女性 / 外資系人事
ENGLEADの受講を通し、英語での会議も不安なく参加できるように!以前より前向きに英語学習に取り組めています!
「英語学習が習慣となって、仕事でもプライベートでも自分から前向きに英語に触れられています」と語るY.Kさん。

外資系の会社に勤めるY.Kさんは、英語ネイティブのメンバーに囲まれて仕事をする中、英語力に対する自信をなくしてしまったという。独学の英語学習では改善が難しいと感じ、ENGLEADの受講を決意した。

今回は、Y.KさんにENGLEADの魅力や受講を通して感じた成長などについて語ってもらった。
 
藤保修一さん
50歳以上 男性 / 合同会社クロステリア代表取締役
英語基礎力の再構築が英語力向上のコツ!Versant 17点アップに成功した藤保さんが語るイングリードの魅力
コロナ禍で仕事以外の活動に割ける時間が増えたことがきっかけで、英語学習に真剣に取り組むことを決意した藤保さん。

「学生時代は英語力に自信があった」と語る藤保さんは、初回のカウンセリングで自身の英語力が大幅に低下している現実に大きなショックを受けた。

8ヶ月間イングリードでコーチと二人三脚で英語学習に取り組み、英語の基礎力を再構築した結果、Versantを17点もアップさせることに成功した藤保さんに、イングリードの魅力を伺った。
 
MOEさん
50歳以上 女性 / 主婦
ネイティブスピーカーの友人との会話で相手の発言を1度で聞き取れるようになり、自分の間違いに私自身で気が付くことができるようになりました。
「英語話者の友人と、親密な会話ができるようになりたい」という目標を掲げ、イングリードでの英語学習を始められたMOEさん。

1日約3時間の英語学習を続けていくうちに、英検準1級を取得するという大きな目標が生まれ、コーチの柔軟かつ明確な学習アドバイスをもとに5ヶ月間英語学習に励んだ。

「コーチがいなければ、英語学習を諦めていたと思います」と語るMOEさんは、イングリードで習得した英語学習習慣を武器に、英検準1級の取得に向け走り続けている。
 
尾川茂さん
30代 男性 / IT企業 エンジニア
短期留学が新型コロナによって中止に! セカンドオプションを探る中、弱点克服に必要なのは留学ではなく英語コーチングだと気がついた
ITエンジニアとして海外の文献を読んだり、カンファレンス動画を視聴するために英語が必要だった尾川さん。

もともと短期留学を検討していたが、新型コロナの影響で中止せざるを得ない状況に。そこから、代わりになにができるだろう?と考えていた時に見つけたのがENGLEADの英語コーチングだった。

英語コーチングの受講を通して、キャリアへの考え方が変わったという理由について話を訊いてみた。
 
Saki Inoueさん
40代 女性 / 個人事業主
英語への自信がつきました!卒業時にコーチともう会えなくなるのかと泣きそうになってしまったのもいい思い出です。
「帰国子女でありながら英語に自信が持てませんでした」と語るInoueさん。

個人事業主としての活動で英語を使うことが増えてきたことをきっかけに、仕事の幅を広げる意味で英語を学ぶことを決意。

もともと英語上級者のInoueさんが、イングリードで何を学んだのか、英語への自信の持ちようはどう変化したのかなどについて語ってもらった。