ネイティブスピーカーの友人との会話で相手の発言を1度で聞き取れるようになり、自分の間違いに私自身で気が付くことができるようになりました。 | イングリード
法人のお客様はこちらchevron_right
Experience
体験談
 

ネイティブスピーカーの友人との会話で相手の発言を1度で聞き取れるようになり、自分の間違いに私自身で気が付くことができるようになりました。

MOEさん
50歳以上 女性 / 主婦
職種
主婦/家事手伝い
受講の目的
日常英語
開始時の英語力
中級
受講期間
6ヶ月〜11ヶ月
受講コース
オンライン英語コーチングコース
担当コーチ
Haruka
VERSANT®
スコア 37
>>>
43
6 UP
Introduction
「英語話者の友人と、親密な会話ができるようになりたい」という目標を掲げ、イングリードでの英語学習を始められたMOEさん。

1日約3時間の英語学習を続けていくうちに、英検準1級を取得するという大きな目標が生まれ、コーチの柔軟かつ明確な学習アドバイスをもとに5ヶ月間英語学習に励んだ。

「コーチがいなければ、英語学習を諦めていたと思います」と語るMOEさんは、イングリードで習得した英語学習習慣を武器に、英検準1級の取得に向け走り続けている。
VERSANTが6点アップ!
37点から43点になりました。

簡単に自己紹介をお願いします。

MOEと申します。専業主婦をしております。英語への興味関心は学生時代から高かったものの、イングリード受講以前は、英語力にあまり自信がありませんでした。10年前に、アメリカ人夫妻が、2週間自宅にホームステイをする機会がありましたが、簡単な会話は成立するものの、日本の文化を紹介するなどの複雑な会話をすることができず、歯がゆい思いをしました。そのご夫妻とは、今でも交流が続いており、年に数回ビデオ通話をする機会があります。回数を追うごとに「もっと英語を話せるようになりたい」という気持ちが大きくなり、英語学習に取り組むことを検討し始めました。

イングリードの受講を決意された理由を教えてください。

「バイリンガール英会話|Bilingirl Chika」さんのご主人である「おさるさん」が、英語学習に励んでいる姿を動画で拝見したことが、イングリードを知るきっかけでした。視聴者として、「おさるさん」の成長過程を応援しているうちに、私も英語学習に真剣に取り組みたいという思いが強くなり、イングリードの受講を決意しました。

学習開始時にどのような目標を立てましたか?

受講開始時は、アメリカ人夫妻と、複雑な話題を含めた会話ができるほどの英語力を取得するという目標を立てました。学習に取り組むうちに、更に高みを目指したいという思いが強くなり、英検準1級の取得を目標とした英語学習にも、同時並行で取り組むようになりました。

具体的にどのような学習に取り組まれましたか?

英会話能力の向上を重視していた際は、シャドーイングの訓練やどんどん話せる瞬間英作文を使用し、英単語力を強化する学習に主に取り組みました。英検の取得も視野に入れた学習に切り替えた際は、従来の学習に加えTEDを使ったスピーキング練習なども取り入れ、学習を進めました。

イングリード受講中は、早朝に約2時間と夕方に約30分間を英語学習の時間に割り当て、1日合計約3時間の英語学習時間の確保に成功しました。

英語学習を習慣化することで、楽しく学習を進めることができ、5ヶ月間毎日規則正しく、充実感のある生活を送ることができました。

3時間の英語学習の継続に成功された秘訣を教えてください。

受講料に見合う学習成果を挙げようという動機が、英語学習継続を促進したことは事実ですが、HARUKAコーチの存在が、学習を続けることができた1番大きな理由であると思います。

私が、学習途中で目標を変更した際も、英検の取得に向けた学習の道のりを、明確かつ的確に示してくださいました。HARUKAコーチの柔軟かつ明確な学習指導がなければ、英検を取得するという大きな目標を前に途方に暮れ、取得を諦めていたことでしょう。的確な学習アドバイスと時には励ましの言葉で、英語学習へのモチベーションを高めてくださったコーチには感謝をしています。

HARUKAコーチとのやりとりのなかで印象に残っている部分はありますか?

HARUKAコーチは、私の英語学習に対する悩みや不安に、親身に耳を傾けてくださいました。その誠実な姿勢が、コーチに対する絶対的な信頼を生み、私の英語の弱点や学習に関する悩みを等身大で相談することができました。

学習の成果が数字に表れず、モチベーションを失いそうになった際も、「数字には表れていませんが、この部分は前回に比べできるようになっていますよ」などとコーチが励ましの言葉や学習アドバイスなどをくださったため、諦めずに5ヶ月間学習を続けることができました。

英語力の向上を実感される場面はありますか?

現在、イングリード受講開始直後に使用したTEDの教材に再度取り組んでいますが、以前と比べ、詰まることなく英文を読むことができる箇所が多くなりました。英文を聞くと、同時に頭の中に構文が浮かぶ場面も多く、リスニング力の向上を実感します。

また、アメリカ人夫妻との会話でも、効果を実感する場面が出てきました。相手の発言を1度で聞き取れるようになり、誤った英単語や英文を使用してしまった際にも、自分の間違いに私自身で気が付くことができるようになりました。

最後にこれからの目標を教えてください。

英検準1級を取得することと、向上した英語力を発揮し、英語話者の友人との交流を深めることが目標です。

そのために、イングリードで習得した英語学習習慣を継続し、英語と向き合う生活を続けていきたいと思います。

他の体験談を見る

 
TATSUさん
30代 男性 / CNCマシニスト
英語圏で6年生活し永住権取得を目座すTATSUさんが、1ヶ月の英語コーチング受講を決めた理由
ニュージーランド在住のエンジニアとして、ネイティブの英語環境に長年身を置き、実践的な会話で英語をこれまで習得してきたTATSUさん。

永住権取得のため、まずは申請条件であるIELTS 6.5のスコアが必要に。しかし、高校を卒業して以来、なにか真剣に机にむかって勉強をしたことがなかった。

そんな中、短期集中で学習習慣を定着させるためにイングリードの受講を決意。4週間というミニマルな期間の中とはいえ、1日2時間半という学習を継続。

「意外とできてしまった」という感想を持つに至った経緯について話を伺った。
 
手崎綺華さん
20代 女性 / ワーキングホリデー中
英語を話す度胸がつきました!英語学習に前向きに取り組めるようになり、カナダでの仕事もスムーズにゲット!
「私が一番の目標にしていた、英語に対するハードルを下げることが達成できました」と語る手崎さん。

手崎さんは、ワーキングホリデーを目前に控え、ENGLEADの受講を決意した。見事目標を達成し、充実したワーキングホリデー生活を送っているという。

今回は、手崎さんにENGLEADの学習がどうワーキングホリデーに活かせているか、受講を通して感じた成長、今後の目標などについて語ってもらった。
 
KENさん
40代 男性 / 外資系IT企業勤務
英語の表現の幅が広がり、「実際に使う事のできる英語」を習得しているという実感がありました。会議中に自分から自信を持って伝えることができています。
TOEIC900点というハイスコアを所持しているにも関わらず「実際に使うことのできる」英語力が身についていないと感じていたKENさん。

コーチの的確なアドバイスに導かれ「反復学習」の重要さを再認識したKENさんは、コツコツと1日2時間の英語学習を続け、VERSANTを12点も向上させることに成功。

「コーチの存在が私のモチベーターでした」と語るKENさんは、更なる高みを目指しイングリードを退会した今でも英語学習に取り組んでいる。
 
Miさん
30代 女性 / メーカー勤務
ENGLEADは産休や育休期間での利用もおすすめです!時間の使い方や自分にあった学習方法を知り、良い学習習慣が身につけられました!
「英語ができないことで仕事の幅が狭まることを痛感し、情けない気持ちでいっぱいでした」と受講前を振り返るMiさん。

転職がきっかけで業務で英語を使う機会が増えたMiさんは、産休と育休の期間を活かして英語力アップを目指し、ENGLEADの受講を決意した。子育てしながらの忙しいスケジュールの中、versantの点数は13点アップに成功。2024年4月からの復職に向け、英語学習を続けているという。

今回は産休や育休期間中にENGLEADを受講したMiさんに、ENGLEADの魅力や学習方法、受講を通して成長した点や感じたことなどについて語ってもらった。
 
尾川茂さん
30代 男性 / IT企業 エンジニア
短期留学が新型コロナによって中止に! セカンドオプションを探る中、弱点克服に必要なのは留学ではなく英語コーチングだと気がついた
ITエンジニアとして海外の文献を読んだり、カンファレンス動画を視聴するために英語が必要だった尾川さん。

もともと短期留学を検討していたが、新型コロナの影響で中止せざるを得ない状況に。そこから、代わりになにができるだろう?と考えていた時に見つけたのがENGLEADの英語コーチングだった。

英語コーチングの受講を通して、キャリアへの考え方が変わったという理由について話を訊いてみた。