Experience
体験談
 

勝負は最初の1ヶ月! 英語学習の習慣化を身につければ無敵になれる?

川崎真奈さん
20代 女性 /
職種
IT/ゲーム/出版/メディア
受講の目的
ビジネス英語
開始時の英語力
初心者
受講期間
1ヶ月〜2ヶ月
受講コース
オンライン英語コーチングコース
担当コーチ
HIROKO
Introduction
海外旅行が趣味で、これまでにさまざまな国を訪れるも意思疎通以上のコミュニケーションが思うようにとれなかった川崎さん。

英語学習からは長期間遠ざかっていたため、なにをどこから勉強をはじめればいいかわからなかった中、イングリードへの申し込みを決めた。

自分にフィットした勉強法とスタイルが確立され、たったの1ヶ月間で英語学習の習慣化に成功。退会した今でも、なんの苦もなく英語学習を続けることができるようになった。

はじめに、簡単に自己紹介をしていただけますか?

川崎真奈です。現在は会社員としてライター業務を担当しています。

英語学習の遍歴としては、2年程前に2週間のセブ島留学をしたことがあります。

海外旅行が趣味で、オーストラリアやハワイ、スペインを訪れた際に、いつも簡単なジェスチャーや英語で終わらせてしまうので。いつか言葉のキャッチボールができるようになりたいとずっと思っていました。

しかし、しばらく英語学習から遠ざかっていたので、何から手をつければいいかわからず、そこからプロが学習方法を提示してくれるコーチングに興味を持ちました。

イングリードを受講する前の英語力はどのくらいでしたか?

本当に簡単な英会話ができる程度でした。

海外で道を尋ねたり、ホテルにチェックインしたり、レストランで注文することはできるけど、自分の思いを相手に伝えるということは難しいレベルでした。

イングリードを1ヶ月間受講された感想は?

充実した時間で、あっという間の1ヶ月にになりました。担当コーチからは、リスニングや単語、シャドーイングなどの勉強方法について詳しく教えていただきました。

英語を話せるようになりたいけど、どこから手をつければいいかわからない、そんなわたしにとってはかなり相性のよいサービスだと感じました。

コーチからはどんなフィードバックがありましたか?

オンラインでサービスが完結しているので、とても気軽に質問をしたり、学習の記録を簡単に残せたのがよかったです。

担当していただいたコーチはすごく親切・丁寧に対応をしてくださり、なにかわからないことがあった時にも、ラインですぐに相談できたのがよかったです。

日よっては目標の学習時間を達成できなかったこともありますが、その時にも「自分を責めずに、できたところに目を向けましょう」というポジティブなフィードバックをいただけました。

目標達成に向けてビシバシ指導が入るというよりも、その目標に向けて一緒に頑張っていきましょうというスタンスでサポートをしてもらえたので、途中で気持ちが折れることなく、最後までやりとげられました。

1ヶ月間の目標と戦略について教えてください

初回のカウンセリングで、「海外で英語が話せるようになりたい」という目標を伝えたところ、1ヶ月の受講期間でペラペラになるのは難しいので、まずは正しい学習週間を身につけましょうと提案をいただきました。

学習のカリキュラムの設計では、ペラペラになるという長期の目標達成に向けて、どのようなアプローチがいいのかということを指導していただいたので、この1ヶ月は主に学習方法の定着に力をいれました。

実際に使用した教材や勉強法の中で、特に印象に残っているものはありますか?

シャドーイング練習用教材の究極の英語リスニングと、どんどん瞬間英作文、キクタン2000の3冊を主に使用しました。

シャドーイング(究極の英語リスニング)は、今回がはじめてでしたが、すごく効率的に学習をすることができてよかったです。特に毎朝の通勤中に学習ができたので、隙間時間をうまく活用することができました。

初心者にとってシャドーイングは難しいという声もありますが、難しいと感じましたか?

最初は聞き取れないところもあり、難しいなと感じました。

ただ、やっていくうちに段々と聞き取れる部分が多くなり、フレーズが定着していくのを実感しました。

最後は英語表現の幅を増やしていきたいという思いから、どんどん早く進めていきたいという気持ちになりました。

1日の学習時間の目標と目標に対するおおよその達成率はいかがでしたか?

1つのテキストに30分が目標だったので合計で1日90分を目安に取り組みました。無理のない学習スケジュールを組んでいたので、100%達成できる日の方が多かったです。

毎日3つのテキストに必ず1度は手をつけることを意識していました。

コーチとの週に1回の面談はいかがでしたか?

コーチと面談することで自分がどこまで理解しているのかということを確認できましたし、つまづいた箇所や現状を踏まえた学習方法のアドバイスをもらえて助かりました。

私は文法が苦手だと感じていました。そのことをコーチに相談すると、文法がわかりやすく解説されているおすすめのウェブサイトを教えていただいたり、シャドーイングで発音の仕方がわからなかった際には、YouTubeの動画を教えていただきました。

YouTubeの動画を教えてもらうというのもユニークですね。

発音する際の口の形や息の入れ方などを説明した動画を参考に送ってくださいました。

発音は言葉で説明をされても理解が難しいので、イラストやアニメの動画を使って説明してもらえたことは有り難かったです。

発音のメカニズムを理解できたことによって、リスニング力も同時に上がったと思います。

外国人講師との英会話レッスンはいかがでしたか?

最初は緊張してなかなか話せず、うなずくことしかできませんでしたが、最後の方は自分から話せるようにしようと目標を立て、実行することができました。

私の生活や仕事環境的に、なかなか英語に触れる機会は多くありません。しかし、週に1回でも生の英語に触れる機会があったことは、英語学習のモチベーション向上にも繋がりました。

1ヶ月間のコーチングを終えて、今感じていることは?

シンプルに楽しかったなというのが1番です。自分のペースで学習できたことと、コーチにいただいた的確な学習方法の指導のおかげで、はじめてストレスなく勉強を続けることができました。

これまでは、勉強でも仕事でも、苦しいことの先にしか成果はないと思っていたので、その考えが覆りました。

コーチングは、私のように英語の学習をしばらくやっていなかったという人におすすめです。何をすれがいいのかを的確に指導してもらえるので、最も効率的な勉強ができると思います。

多くの初心者は価格が安いオンライン英会話などからスタートすると思うのですが、そのなかで月会費10万円のイングリードに申し込む価値はどこにあると思いますか?

膨大な数の参考書と勉強方法の組み合わせの中から、今自分に必要なものを手探りで見つけるのは難しく、非効率であると思います。

まずは、今の自分の英語のレベルがどれくらいだろうということを知って、第三者の目からサポートをしてもらった方が、結果的にお金も時間も節約できることになるかもしれません。

わたしの場合は、①現在のレベルを知る、②正しい学習方法を身につける、③英語学習を習慣化させる、という3つの目的を持って1ヶ月間の利用したのですが、結果的に10万円以上の価値はあったかなと。

月額定額制で、最短1ヶ月から申し込みができるイングリードだからこその利用方法ですが、コストパフォーマンスはすごく高いと思います。

これからの目標について教えてください。

新型コロナが終息し、海外にいけるようになったら、外国人と英語でコミュニケーションを積極的にとっていきたいですね。

また、英語は仕事にも活きると思うので、英語で海外の文献を読んでみたり、翻訳業務に挑戦をしたり、後は英語力があがれば英語での発信もしていきたいです。

そのためにも、1ヶ月で身につけた学習習慣をより強化して、これからも頑張っていきたいと思います。

他の体験談を見る

 
荒川久美子さん
30代 女性 / アパレル企業 代表取締役
「イタリアに行ったらこう話そう」。アパレル業界で国際的に活躍する女性起業家が、コロナ禍を利用して英語コーチングをはじめたワケとは?
「世界情勢は変わっていくが、ビジネスもそれに対応をしないといけない。そう考えた時に英語を話せれば視野や選択肢も広がると思った」と語るのは、オーダースーツの仕立てや販売業務をおこなう女性起業家の荒川久美子さん。

ピンチをチャンスに変えるために、ENGLEADのコーチングに申し込みをし、仕事で忙しいスケジュールをなんとか工面しながらも、1日に2時間以上の英語学習を実現させた。
 
山下楽平さん
20代 男性 / ラグビー選手
3ヶ月の受講でTOEIC900点以上の実力に!! ラグビー選手の山下さんが英語コーチングで得た成果とは?
1チーム15人というチーム競技でプレーをするラグビーは、コミュニケーションが命。いくら優れた選手でも、メンバーとのコミュニケーション不足がプレーの質に影響する。

大学時代にニュージーランドに留学をし、身を持って「コミュニケーションの重要性」を感じた山下さんは、ENGLEADのコーチングを利用して英語力の向上を目指した。

3ヶ月の受講を通して、英語学習の習慣化に成功し、英語スコアを中級者レベルから、「TOEIC945点」と同等のCEFR C1まで向上させることに成功した。
 
千葉佳織さん
20代 女性 / 株式会社カエカ 代表取締役
英語スピーチを自分の力で聞き取りたい! スピーチライターである千葉さんがリスニング力向上のためにENGLEADを利用した理由とは?
15歳の時に弁論の世界に入ったことから話す力や伝える力の大きさを感じるようになった千葉佳織さん。

新卒で入社した大手ITベンチャー企業を退職し、スピーチの原稿執筆サポートやスピーチトレーニングを提供する「株式会社カエカ」を立ち上げた。

「スピーチの本場とも言えるアメリカのスピーチにご自身で触れ、自分の仕事の幅を広げていきたい」という思いからENGLEADの英語コーチングのサービスを受講することにした。
 
鹿田翔平さん
30代 男性 / プロラグビー選手
外国人チームメイトを助けたい! 海外のラグビー リーグに在籍経験があるからこそ突破したかった言語の壁
現在、ジャパンラグビートップリーグに所属するフッカーの鹿田翔平さん。大学卒業後に単身韓国に渡り、外国人選手として韓国リーグで活躍するという異例の経歴を持つ。

その経験から、日本で活動している外国人選手の言語の壁を取り払いたいという思いがあり、さまざまな英語学習方法に取り組んできた。

今回、はじめて取り組んでみたENGLEADの英語コーチングで得られた成果について、話を伺ってみた。
 
安井龍太さん
30代 男性 / プロラグビー選手
英語力の向上を通じてチームの絆を深めたい。ラグビー選手として活躍する安井さんが、英語コーチングによって感じた自身の変化とは?
中学生の時にラグビーを始め、現在はプロのラグビー選手として活躍する安井龍太さん。

多国籍なスポーツであるラグビーを続ける中で、英語でコミュニケーションを取れるようになれば、外国人選手との絆を深めることができると考え受講を決意。

「ENGLEADのコーチングはラグビーに似ている」。そう考えるに至った経緯について、詳しく話を訊いてみた。
迷った方はまずは無料のオンラインカウンセリングへ
イングリードでは英語コーチングについて理解を深めたり、
英語力診断を受けられる無料のオンラインカウンセリングを実施しています。

\プロカウンセラーによる無料英語力診断テスト付き/