Experience
体験談
 

FIREで海外移住!イギリス留学経験者のNishidaさんがイングリードのコーチングを選んだ理由

Genki Nishidaさん
30代 男性 / 資産運用(FIRE)
職種
IT/ゲーム/出版/メディア
受講の目的
ビジネス英語
開始時の英語力
中上級
受講期間
1ヶ月〜2ヶ月
受講コース
オンライン英語コーチングコース
担当コーチ
Mayu
Introduction
セミリタイヤをし、現在は資産運用やFIREについてYouTubeで発信しているNishidaさん。

イギリスでの大学院留学経験があり、簡単な日常会話レベルの英語なら問題ないが、移住に向けて英会話力を伸ばしたいという目標があった。

明確な目標がなく忙しい日々の中でどのようにして英語学習のモチベーションを維持できるのか課題を感じていた中でイングリードを知り、1ヶ月のコーチングを受けたという体験について話を伺った。

まずは自己紹介をお願いします

Nishida Genkiです。現在は、資産運用やFIRE(セミリタイヤ)後の生活についてYouTubeを通して配信しています。

今はFIRE後の生活を日本でしているのですが、今後は海外移住を考えていて、それに向けて改めて英会話を学習したいと思っています。

移住先はまだ決定はしてないですけど、候補はいくつかあります。

マレーシアなどの東南アジアを考えているのですが、まずは下見に行って、それから決めたいと思っています。

海外に住みたいと思った理由は何ですか?

もともと小さい頃から海外に住んでみたいという希望がありまして。

やはり世界には色んな国や文化があるのに、自分はずっと日本で生まれ育ってきて、このまま日本に居続けるというのは「人生の経験」という観点で考えるともったいないことだな、とずっと思っていました。

それでようやく今は会社も辞めて自由に自分の時間がある状態なので、この機会を活かして、昔から夢だった海外移住をして色んな経験をしてみたいなと思ったのが理由ですね。

コーチングを始める前の英語力やこれまでの英語学習の遍歴を教えてください

イングリードを始める前の僕の英語力は、簡単な日常会話とか観光だったら問題なくできるっていうレベルでした。

英語学習のキャリアとしては、大学院は1年半くらいイギリスに留学していて、その時はTOEIC LRのスコアが850点くらいでした。

でも、その後8年くらいは英語を話す機会がほとんどなかったので、かなりレベルが下がってしまいました。

イングリードに興味を持っていただけた理由はどこにありますか?

英語を学びたいとは思っていたけれど、いつまでにどのくらいのレベルに達したいか、といったような明確なゴールがいなかったので、いざ自分で学習しようとなるとモチベーションの維持が難しいなと感じていました。

そこでイングリードのコーチングというサービスを知って、勉強方法や勉強量などまで面倒を見てくれるところがいいと思いましたし、自分のモチベーションの維持につながると思ったので興味を持ちました。

コーチングという言葉は知っていましたが、それが英会話や英語学習の分野でもあるというのは知りませんでした。

海外留学経験のあるNishidaさんにとって、日本人から日本語で英語学習のコーチングを受けるということに、抵抗感や違和感を感じませんでしたか?

そういうことはなかったですね。むしろ、勉強方法としてはありなのかな、と。

イギリス留学やアメリカで1~2ヶ月くらいの短期留学をしたときに、海外にいるだけで英語が話せるようになるということはないと実感していました。

海外にいても、何を意識してどう生活するかが大切だと思っています。

理想としては、英語の環境にいながらイングリードのようなコーチングで学習方法を学ぶのが一番だとは思いますが、今はそういうわけにもいかないですし、日本でも学習方法をきちんと習得するということはとても意義があると感じています。

また、イングリードのコーチングを始めてから気づいたこともたくさんあります。

例えばシャドーイングをするときに、「リダクション」や「リンキング」といったネイティブがよく使う点を知って意識できるようになったのですが、これは前は知らなかったことですね。

こうしたポイントを留学当時知っていたらあれほど苦労しなかったんだろうなと(笑)。

無料カウンセリングでは、どのような話をして、どのように目標設定をしましたか?

最初に現状のレベルを把握するためのテストを受けたのですが、僕が足りていなかったところはリスニングとスピーキングでした。

逆に文法などは問題はありませんでした。

海外移住という中長期的な目標を達成するためにも、リスニングとスピーキングをもっと伸ばしていきましょうとアドバイスをもらったので、その部分を強化する目標設定をしました。

そこから、瞬間英作文をシャドーイングを最初に勧められました。これはどちらも今まで実践したことがなかったですね。

どちらの学習方法にも細かなステップがあったのですが、細かく段階を踏んでやり方を教えてもらえたので取り組みやすく、いい勉強になりました。

まずこのポイントを意識してシャドーイングして、それができるようになったら次のポイント、という感じでスモールステップで教えてもらえました。

やってみた感想はいかがですか?

シャドーイングはとても面白かったですね。

TEDの動画を1本シャドーイングできるようになるまで練習したのですが、 僕の場合、スピーカーが話していることを完璧にシャドーイングできるようになるのに、30分~1時間くらいかかりました。

でもやっているうちに段々と聞き取れるようになっていくのが自分の中ですごく達成感があって、これが毎回喜びにつながるのでとても楽しかったですね。

そもそもシャドーイングというものをあまりよく知らなかったので、勧められた時はちょっと驚きでした。

でも実際にやってみると自分でもかなり効果を感じられましたし、いい方法が知れたな、という感じです。

スピーキングの練習だと、一定時間ずっと英文を音読しなさい、といったトレーニングなのかなと思っていましたが、このシャドーイングの方法はリスニングとスピーキングの両方を鍛えられるので実は理にかなっているな、と。

担当コーチはいかがでしたか?

担当のコーチはとてもいい人でした。毎回親身になってくれたのが印象的です。

コーチングに興味を持った理由の一つとして、毎日の進捗管理をしてくれるというのがありましたが、実際毎日LINEで連絡をくれて、日々の学習メニューを管理してくれたりアドバイスをくれたりしました。

ちょっとプレッシャーも感じるんですけど、僕の場合は追い込まれた方がやる気が出るタイプなので、逆にそれがやる気にも繋がって、結果的に自分には合っていたと思います。

コーチとのやりとりの中で印象的だったことは?

自分のペースやその時の日々の忙しさに合わせて学習量をうまく調節してくれたことですね。

最初は1日1~2時間くらいは学習できるという見積だったのですが、実際やっているうちに最初の見積が高すぎたということがわかって……。

やるべきことを全部こなすのは難しい日が最初は結構あったんです。そんな時でもコーチはよく理解をしてくれて柔軟に調整をしてくれたのでとてもありがたかったです。

今回のコーチングを全体的に振り返ってみていかがですか?

結論から言うと全体的によかったです。

一番よかったのはやはり勉強方法を知ることができたということです。

コーチングの期間が終わったあとも、自分一人できちんと続けられるなっていう自信があります。

これは何よりイングリードを通して英語の学習方法をきちんと教えてもらって習得したからこそですね。

イングリードをしてなかったら一人で英語学習をしようとしたときにどうしていいかわからないままだったと思うので、今回イングリードをやってよかったです。

今後の目標について教えてください

まずは海外の色々なところに下見に行って海外移住を達成したいです。

あとは同時並行で今やっているYouTubeで、海外の視聴者層も取り入れられるようにしたいと思っています。

僕のYouTubeチャンネルのようなスタイルでは、日本人の動画は少なくて海外の人の動画の方が多いので、海外の方の英語のチャンネルを参考にすることも多くて。

4週間の受講を経て、聞き取れる範囲が明らかに増えたと思います。

なので英語学習を続けて英語での発信もこれからやっていきたいと考えています。

最後に何かお伝えしたいことはありますか?

英語を話せるようになりたいと思っている人に向けて僕が伝えたいと思うことしては、コーチングってそれほど安いというわけではないかもしれませんが、短期でびしっと集中して取り組むことができてメリットが大きいのでいい方法だと思います。

コーチングでは自分の現状や課題、取り組むべきことを明確にできますし、きちんと勉強方法を理解して習得できるというのはよかったです。

たとえ短期間だったとしてもコーチングの経験を活かして自分で学習を継続できますし。

いい方法だなと実感しましたし他人にもお勧めしたいですね。あ、後はやはりコーチが話しやすくて本当にとてもいい人でした(笑)。

他の体験談を見る

 
SHUNさん
30代 男性 / YouTuber/個人事業主
EU圏で永住権を目指す! 海外在住者だからこそ日本人に最適化された英語学習が必要だった
現在はオランダを拠点とし、個人事業主としてさまざまな仕事を請け負いながら、YouTuberとしてヨーロッパ移住に関する情報発信をしているSHUNさん。

実はオーストラリアでのワーキングホリデーや留学、日本帰国後にしばらくしてからのフィリピン短期語学留学を経験するも、思ったように英語が伸びなかった過去がある。

現在進行形で3ヵ国に及ぶ長い海外生活を送っているにも関わらず、「なかなか英語が話せない」というコンプレックスを抱え、現地での活動に限界も感じ始めていた矢先、イングリードのサービスを見つけた。
 
池田奈緒子さん
30代 女性 / 製薬会社勤務
米国勤務を見据えながら英語学習に取り組む! 医薬品開発の最前線で治験に携わる池田さんがENGLEADを選んだ理由とは?
文献を読む、資料をつくるといった業務で英語を使っていたものの、部署移動から米国スタッフとの密なやりとりが増えたことから、英語学習と向き合うことになった池田さん。

大人数での会議でも積極的に発言ができるようにと、10ヶ月間のビジネス英会話を受講した後、更なるステップアップのために選んだのはENGLEADの英語コーチングだった。
 
古舘涼介さん
20代 男性 / マーケティング
ENGLEADは「はじめやすく」て「続けやすい」! 大手コーチングを途中解約した古舘さんが考えるスクール選びの方法とは?
学生時代に経験したサンフランシスコでのインターンを通して海外志向が強まり、将来的には海外のマーケットで勝負したいと語る古舘さん。

課題である英語を克服するために、申し込みをしたのは大手英語コーチングスクールX社だった。

しかし、1ヶ月する頃には途中解約。そこからなぜENGLEADに申し込み受講したのか理由を尋ねてみた。
 
松岡さん
30代 男性 / ウェブマーケティング
英語学習のプロは英語学習のモチベーションを上げるプロ?習慣化の大切さを学んだ1ヶ月!
過去に英語圏に留学経験があり英語は問題なく使えていたが、数年前に英語を使う機会が少ないインドネシアに移住し、自身の英語力の低下に焦りを感じていた松岡さん。

専属のコーチが学習目標に向かい並走してくれるという点が自身の性格に合っていると感じ、イングリードの受講を決意。

「コーチをがっかりさせたくない」「コーチを喜ばせたい」という思いから常に高いモチベーションで1日2時間という学習を継続し、脳科学に基づいた正しい学習法と効率的な時間の使い方を1ヶ月で習得した。
 
林 明日香さん
30代 女性 / 個人事業主
英語コーチングを通して気づいたのは「勉強が好き」という気持ち。世界一周旅行中に最も印象が強かったアフリカで事業がしたい!
大学院在籍時代に英語で論文を読んだり、国際学会に出席していた経験を持ちながらも、「日常会話が苦手」と話す林さん。

英語を克服するために世界1周旅行に行くが、大事な場面では英語ができるパートーナーに頼ってしまったことから、帰国後に大手コーチングスクールの入会を検討。

そこからなぜENGLEADを選んだのか、また数ヶ月のコーチング受講からなにを得たのかについて語ってもらった。
迷った方はまずは無料のオンラインカウンセリングへ
イングリードでは英語コーチングについて理解を深めたり、
英語力診断を受けられる無料のオンラインカウンセリングを実施しています。

\プロカウンセラーによる無料英語力診断テスト付き/