英語への自信がつきました!卒業時にコーチともう会えなくなるのかと泣きそうになってしまったのもいい思い出です。 | イングリード
法人のお客様はこちらchevron_right
Experience
体験談
 

英語への自信がつきました!卒業時にコーチともう会えなくなるのかと泣きそうになってしまったのもいい思い出です。

Saki Inoueさん
40代 女性 / 個人事業主
職種
建設/不動産/製造/メーカー
受講の目的
ビジネス英語
開始時の英語力
上級
受講期間
1ヶ月〜2ヶ月
受講コース
オンライン英語コーチングコース
担当コーチ
Mai
VERSANT®
スコア 55
>>>
63
8 UP
Introduction
「帰国子女でありながら英語に自信が持てませんでした」と語るInoueさん。

個人事業主としての活動で英語を使うことが増えてきたことをきっかけに、仕事の幅を広げる意味で英語を学ぶことを決意。

もともと英語上級者のInoueさんが、イングリードで何を学んだのか、英語への自信の持ちようはどう変化したのかなどについて語ってもらった。
VERSANTが8点アップ!
55点から63点になりました。

まずは自己紹介をお願いします

現在、会社員として働きながら、個人事業主としても仕事をしています。

自分ができることやこれまでの経験を何か形にしたいと考え、2021年から空いている時間を活用して個人事業主として仕事を始めました。最近では、英語を使った仕事をさせてもらうことが増えてきています。

私は、父親の仕事の関係で、小学校4年生から中学校2年生までの4年間をドイツで過ごした、いわゆる帰国子女なんです。帰国後は、帰国子女の方がたくさん通う高校に入学。その頃から、周囲の友人と海外で過ごした年数などを比較すると、自分は英語が話せていないと感じるようになって、どんどん英語に自信がなくなってしまったんです。帰国子女であるということをしばしば隠すこともありました。

イングリードの受講を決意したきっかけ

個人事業主としての活動の幅を広げたいと思ったのがきっかけです。

自分ができることをやりたいと考えて活動していたら、英語を使う仕事が増えてきました。今後、仕事や活動の幅を広げるために英語に自信を持ちたいと感じたんです。

英語を使って仕事をする中で、日本語であればもっと言えたり書けたりするのに、英語だと6割ぐらいしかできていないといったことがあって。

個人事業主としてスタートした1年目は、仕事に慣れるのにバタバタしていましたが、仕事に必要な道具がある程度揃えられた2年目からは、仕事で得た対価をもう少し自己投資に使おうと思い、英語を学ぶことにしました。

数ある英語学習サービスの中でコーチングサービスに興味を持たれた理由を教えてください

英語を学ぼうと考えた時に、最初に英会話を思い浮かべる方も多いですよね。私もイングリードを受講する前、英会話のさまざまな体験レッスンを受けました。

その中で、外国人の先生には、「君の英語は上手なのになんで英語勉強したいの?」と言われたりして。そうじゃないんだよな〜と思いつつ、自分が英語学習に求めていることを考えながらスクールを検討していると、立地やスケジュールなどが合わず、2ヶ月も経ってしまったんです。

悩んでいる時間が無駄だなと感じ始めた頃、イングリードと出会い、無料カウンセリングを受けてみたんです。すると、まさに自分の英語の弱い部分をピンポイントでついてくださったので、「私が探していたのはこれだ!ここに決めた!」という感じで、びびっと来て、受講することに決めました。

コーチングを受講してみて率直な感想をお聞かせください

いい意味で自分が思っていたコーチングとは違いました。

受講前は、コーチングは、コーチが一緒に勉強してくれるものというイメージを持っていたんです。イングリードを受講してみて、コーチングは勉強に集中できる環境を作ってもらえるものなんだと分かり、それが自分にあっていると感じました。例えば、自分に教材が合わないというと、コーチが自分に合うものを探してくれます。

勉強方法は本当にたくさんあるので、効率よく勉強することを考えると、それぞれの性格やライフスタイルなどさまざまな要素を掛け合わせて考える必要がありますよね。

自分にあったものを自分だけで探すとなると、お金も時間もかかってしまいます。

今回イングリードを受講してみて、自分のためにコーチが色々と提案してくださって、勉強する環境を整えてもらえて、「これがコーチングなんだ」と目から鱗の体験でした。

実際に取り組まれたカリキュラムで印象に残っているものはありますか?

シャドーイングです。当初、私はシャドーイングが苦手で、もうテーブルをひっくり返す勢いで、「わーできない」みたいな感じだったんです(笑)一言一句全部聞こえてはいるのに、言えなくて。どうしても時間をかけすぎちゃっていたんです。

そんな時に、Maiコーチから、「やめることも必要だよ」というアドバイスをいただいたきました。「学習って長くやればいいんじゃないんだ」と気づけたのが印象的でしたね。

アドバイスをいただいてから、シャドーイングの効果は1ヶ月で現れたように感じます。というのも、私は、毎週ZOOMでアメリカ人の友人とお話しているんですが、その友人から「喋るの早くなったよね」って言われたんです。自分としても、シャドーイングを始めてから、言葉が出てくるという実感がありましたが、他人から言われると、本当に効果が出てるんだって実感できましたね。

2ヶ月間の学習期間で大変だったことを教えてください

スケジュールを合わせるのが大変でした。特に最初の1〜2週間は、自分のライフスタイルと合わせるのがすごく大変でしたね。

昼間に仕事をし、夜も個人事業主の仕事をして、その間に家事もしていたので、一体どこに何を挟めばよいのかと、自分のコントロールがすごく難しかったんです。最初の週だけは、時間休をとり、2週目からはだいぶ慣れました。

コーチングを通して、勉強時間の上手なアレンジ方法を身につけられたと思います。なので、コーチング後も、忙しい中でもいかに継続するかを重視して取り組んでいます。

効果は感じられましたか?

Maiコーチの話を聞いて、TOEICを受験してみたところ、2008年2月に845点だったのが、2023年6月に受験した際には905点を獲得できました。もう少し高い点数をとりたい気持ちはありましたが、短い準備期間、TOEICが年々難化していることも考えると、最低限900点は超えられてよかったです。

実は、もともと私はTOEIC受験には興味がありませんでした。担当してくれたMaiコーチが、990点を獲得後も、その先を目指してずっと勉強し続けているというお話を楽しそうにされているのを聞いて、今やっていることを数値化してみたいと思うようになったんです。それがきっかけで受験して、コーチングの効果を実感できてよかったです!

今後の目標を教えてください

英語を使って自分のできることの幅を広げていきたいです。私の個人事業主としての屋号は、「All The Drawers」といいます。Drawersは、「ひきだし」という意味。自分のひきだしを増やして、できることを増やしていきたいという想いを込めてつけました。

受講を検討している方に向けて一言メッセージをお願いします!

受講を検討されている方の中には、受講料金が高いと感じ、一歩踏み出せないという方もいるかもしれません。

Maiコーチも言っていましたが、英語学習はマラソンのようなもので、長く努力していく必要があります。購入時は高いと思っても、生涯の英語学習に役立つと考えると、そこまで高くないんですよね。活かすも殺すも自分次第、しっかり取り組めば損をしないと思います!

私はイングリードを活用して、英語への自信が、受講前星2つだったとすると、現在は星4つぐらいになったと思っています。この2ヶ月間のコーチングを通し、できないことは学べばいいという、ポジティブな考えができるようにもなりました。

担当いただいたMaiコーチとはとても仲良くさせてもらい、毎回会えるのが楽しみでした。最後お別れするときには、「もう会えないのか」と泣きそうになってしまったのもいい思い出です。

他の体験談を見る

 
SAKIさん
30代 女性 / IT系企業勤務
TOEIC IPテストで310点アップ!当初は空欄を「勘」で埋めていたのが「明確な根拠のある答え」を埋めていくことに変わっていきました。
元々少し英語に対して苦手意識があり「転職に活かすためにTOEIC点数を上げたい」と思いイングリードでの学習を決意したSAKIさん。

担当コーチがカスタマイズした学習法により、英語学習が苦にならず、クイズ感覚でできる楽しいものに変化。

「310点のスコアアップで英語へのコンプレックスを払拭することが出来ただけでなく、もともと諦めていた夢に挑戦する意欲が湧いてきた」と語るSAKIさんに3ヶ月間の受講期間について話を伺った。
 
近藤リサさん
20代 女性 / バンコク日系企業
自分に合った勉強法の確立と学習習慣の形成を達成した1ヶ月!英語基礎力の構築が海外で活躍するカギ?
趣味の海外旅行や仕事で英語を使う機会が多いものの、意思相通以上のコミュニケーションをとることができなかった近藤さん。

自分の英語力や多忙な生活を考慮したうえで、専属コーチが学習カリキュラムを作成してくれる点に魅力を感じイングリードの受講を決意。

正しい学習法で1ヶ月英語を学んだことで、自分自身の英語の伸びしろに気づき、イングリードを退会した今でも継続して英語学習に取り組むことができている。
 
Genki Nishidaさん
30代 男性 / 資産運用(FIRE)
FIREで海外移住!イギリス留学経験者のNishidaさんがイングリードのコーチングを選んだ理由
セミリタイヤをし、現在は資産運用やFIREについてYouTubeで発信しているNishidaさん。

イギリスでの大学院留学経験があり、簡単な日常会話レベルの英語なら問題ないが、移住に向けて英会話力を伸ばしたいという目標があった。

明確な目標がなく忙しい日々の中でどのようにして英語学習のモチベーションを維持できるのか課題を感じていた中でイングリードを知り、1ヶ月のコーチングを受けたという体験について話を伺った。
 
S.Eさん
30代 女性 / 事務職(現在育休中)
出産・育児と両立しながら挑戦!私のように「英語の勉強が大嫌い」と感じる方におすすめしたい!「英語が勉強したい!」と前向きになった自分に驚きです!
「英語を『勉強しなきゃ』じゃなくて、『勉強したい』と感じるようになった自分に驚きです」と笑顔で語るS.Eさん。

もともと英語が大の苦手だったS.Eさんは、お子さんと一緒に親子留学に参加するため、ENGLEADの受講を決意。育休期間を活かしての受講で、出産や育児などと両立しながらのチャレンジとなった。忙しい中でも努力を続け、5ヶ月間の受講を通して英語力の向上を実感したという。

今回はS.EさんにENGLEADの受講を通して感じた成長や効果のあった学習方法、ENGLEADの魅力などについて語ってもらった。
 
古舘涼介さん
20代 男性 / マーケティング
ENGLEADは「はじめやすく」て「続けやすい」! 大手コーチングを途中解約した古舘さんが考えるスクール選びの方法とは?
学生時代に経験したサンフランシスコでのインターンを通して海外志向が強まり、将来的には海外のマーケットで勝負したいと語る古舘さん。

課題である英語を克服するために、申し込みをしたのは大手英語コーチングスクールX社だった。

しかし、1ヶ月する頃には途中解約。そこからなぜENGLEADに申し込み受講したのか理由を尋ねてみた。