Experience
体験談
 

TOEIC210点アップ! 留学の1/4の予算で留学以上の成果を出す秘訣とは?

ナツさん
20代 女性 /
職種
イベント/レジャー/娯楽/観光
受講の目的
ビジネス英語
開始時の英語力
初級
受講期間
3ヶ月〜5ヶ月
受講コース
TOEICコース
担当コーチ
HIROKO
Introduction
近年、「新卒の就職活動は売り手市場」とされ、未曽有の人手不足と表現されることがあるほど、求職者に有利な状況が続いていた。しかし、新型コロナが巻き起こしたパンデミックによって状況は一変。

多くの企業が採用活動をストップし、就活を控える大学生は先行きの見えない不安に駆られている。そんな状況の中でも「夢を諦めたくない」と、今できることに目を向け、歩みを止めない若者たちもいる。

パンデミックの影響をもろに受け、新卒採用の枠が限りなく少ないインバウンド業界への就職を目指すナツさんは、TOEIC点数保証コースを利用し、3ヶ月で210点ものスコアアップを達成した。

自己紹介をお願いします


大学3年生のナツです。大学では経営学を専攻していて、将来は観光・インバウンド業界で働きたいと思っています。そのためには英語が必ず必要になると思い、これまでオンライン英会話と独学で勉強をしてきました。

海外の文化への憧れは幼少期の頃から強く持っていて、留学やワーホリをすることも検討したのですが、わたしの大学は休学にかかる費用が高いことや、時世のこともあり断念しました。

ただ、自分の夢を諦めたくなかったので、日本にいてもできることを探した結果、イングリードのTOECI点数保証コースにたどり着きました。

イングリードのTOEIC点数保証コースを選んだ理由は?

英語を流暢に話せるようになりたいという思いはもちろんあるのですが、その前に就職活動で自分の英語力を証明できないと、そもそも旅行業界に入ることができないと考えました。

観光業異界に就職した先輩がフィリピン留学でTOEIC820点を取得し、就職活動でそれが評価されたと聞いていたので、はじめはわたしも同じようにフィリピンで留学をする予定でした。

しかし、新型コロナの影響で留学を断念せざるを得なくなったのですが、留学受け入れが再開した時のために「TOEIC点数保証コース」を調べ続けていたら、「あれ? 国内でもあるじゃん!」と気がづきました。

当時の英語コーチングの印象は?

英語コーチングのことは広告などを目にしていたので知っていました。ただ、どちらかというと社会人向けという印象が強く、料金が高額というイメージはありました。

実際にイングリードの料金も安くないと思います。ただ、初回カウンセリングの時に、留学+休学でかかる費用のシュミレーションをした結果、コーチングの費用が1/4にも満たないことがわかりました。

もちろん、留学をすれば特別な経験ができたと思うのですが、そもそも今は留学ができないし、多くの留学生が英語を話せないまま帰国している現実を見ると、わたしに必要なのはコーチングだという結論になりました。

どのように目標設定をされましたか?

これまでTOEICは独学で勉強していたのですが、なかなか600点の壁を越えることができませんでした。もちろん、できるだけ高いスコアを取りたいという気持ちがありましたが、まずは600点を目指したいとコーチには伝えました。

一般的に「TOEIC 600点あれば履歴書に書ける」というのがわたしの理解だったのですが、コーチからは志望している企業や大学のことまで根掘り葉掘りヒアリングしていただいた結果、3ヶ月で700点、半年で800点を目指しましょうと提案いただきました。

英語コーチングなのに、キャリアの相談にまで乗っていただき、その上で必要なスコアや、目標に到達するまでの道筋を具体的に提示していただけたことにびっくりしました。

また、12週間のプランなのに、半年後のことまで見据えて、自走できるように学習を習慣化させる方法やレベル別の学習方法まで教えていただけたのはすごくありがたかったです。

学習にはどのように取り組まれましたか?

1日に3時間の学習をしました。初月は基礎を固めるために単語や文法などを重点的に学習し、2ヶ月目は学習強度をあげつつ模試を少し取り組み、3ヶ月目はテスト対策が中心になりました。

正直、受験勉強や大学の課題などでキツイ追い込みを何度も経験しているので、あれ…これだけでいいの?と最初は少し不安に感じたのですが、実際に取り組んでみると学習の濃度が高く、しっかりキツかったです(笑)。

ただ、わたしの場合は独学で勉強してきたので、なかなか成果がでない時期を長く経験していたため、「言われたことをやっておけば伸びる」という確信を持って取り組めたのは精神的にすごく楽でした。

担当したコーチの印象はいかがですか?

TOEIC900点以上を持つ英語のプロということで、帰国子女やインター出身の人がコーチなのかな?と想像していたのですが、わたしと同じような純ジャパ(日本語を母語として話す人の総称)でした。

その方も大学時代にすごく苦労をした後に英語を習得されたということで、わたしを取り巻く状況に共感してくださり、すごく親身になって話を聞いていただくことができました。

「今やらないとこうなる」のようなネガティブな表現ではなく、「一緒に頑張っていきましょう」とポジティブに声をかけていただき、それもあって3ヶ月という短くも濃い期間を最後まで走り抜けたと思います。

コーチングを受講された3ヶ月を総括してください

まず、目標にしていたTOEIC 700点台にスコアを載せることができたのがすごくよかったです。模試の段階で600点台後半はコンスタントに取れるようになっていたのですが、まさか3ヶ月で700点を取れるとは思ってもいなかったので……。

コロナの影響で大学やアルバイトに行く機会も減り、自宅で過ごす時間が長くなったので学習に集中できたというのもありますが、逆にこの期間をダラダラ過ごしていたらどうなってたんだろう?と思ってしまいますね。

コーチングを受講したことで、規律のある生活も身につきました。これまでは、努力=自己犠牲というか、苦労しないと成果はついてこないし、むしろ過程が大切と思い込んでいたのですが、それが吹っ切れたことも大きいですね。

今も継続して英語の勉強は続けていますが、コーチングを通して身につけた時間管理や勉強法を活かして、最近は観光に関連する資格の勉強やブログの執筆などもはじめました。

正しい努力をすれば、しっかりと成果が出て、そうすれば自分の可能性がどんどん伸びていくんだなっていうことがわかったのが、もしかしたら一番の収穫だったのかもしれません。

これからの目標について

まずはインバウンド関係の仕事に就けるように就職活動を頑張っていきたいと思います。長期・中期・短期の目標を立てて、一つひとつ実現できるように頑張っていきたいです。

後は、やっぱりTOEICで800点を取りたい、そしてTOEIC学習で基礎は身についたはずなので、やっぱり英会話を思いっきりやってみたいです。コロナが収束したら短期でもいいので留学にも行きたいですね。

楽しく努力することを忘れずに、さまざまなことにチャレンジしていきたいです!

他の体験談を見る

 
山下楽平さん
20代 男性 / ラグビー選手
3ヶ月の受講でTOEIC900点以上の実力に!! ラグビー選手の山下さんが英語コーチングで得た成果とは?
1チーム15人というチーム競技でプレーをするラグビーは、コミュニケーションが命。いくら優れた選手でも、メンバーとのコミュニケーション不足がプレーの質に影響する。

大学時代にニュージーランドに留学をし、身を持って「コミュニケーションの重要性」を感じた山下さんは、ENGLEADのコーチングを利用して英語力の向上を目指した。

3ヶ月の受講を通して、英語学習の習慣化に成功し、英語スコアを中級者レベルから、「TOEIC945点」と同等のCEFR C1まで向上させることに成功した。
 
中島重明さん
40代 男性 / 外資医療機器メーカー
英語学習でも守破離が大切! 6ヶ月の受講で限界突破した中島さんのストーリー
外資系医療機器メーカーの営業職として25年間勤務し、役職があがったことで外国人スタッフとの英語会議にも参加をすることになった中島さん。

通訳を通さずに自分の力でコミュニケーションをとるため、複数の大手英会話スクールに通うも、思っていたような結果を得ることはできなかった。

「全く違ったアプローチで勉強をしよう」と思い、対照的なサービスを展開するオンライン英語コーチングのENGLEADを6ヶ月間受講。結果、VERSANTを37点から46点まで大幅に向上させた。
 
サチコさん
40代 女性 / ホスピタリティー
【TOEIC 315点アップ】会社からのノルマを達成! 接客業で外国人のお客様にひとつ上のおもてなしを提供するサチコさん
『イングリードに申し込もう』、パリでの添乗の待ち時間にスマホをブラウンジングしながら決意をしたサチコさん。

接客のプロとして長年の課題だったTOEICに真剣に向き合い、結果として3ヶ月という短い期間の中で、315点もスコアを向上させ、目標を達成した。

「やらないといけないという強迫観念よりも、やればやるだけ伸びるという高揚感みたいなものを感じていた」と語るサチコさんの笑みからは、完全燃焼をしたという達成感を感じることができた。
 
TATSUさん
30代 男性 / CNCマシニスト
英語圏で6年生活し永住権取得を目座すTATSUさんが、1ヶ月の英語コーチング受講を決めた理由
ニュージーランド在住のエンジニアとして、ネイティブの英語環境に長年身を置き、実践的な会話で英語をこれまで習得してきたTATSUさん。

永住権取得のため、まずは申請条件であるIELTS 6.5のスコアが必要に。しかし、高校を卒業して以来、なにか真剣に机にむかって勉強をしたことがなかった。

そんな中、短期集中で学習習慣を定着させるためにイングリードの受講を決意。4週間というミニマルな期間の中とはいえ、1日2時間半という学習を継続。

「意外とできてしまった」という感想を持つに至った経緯について話を伺った。
 
池田奈緒子さん
30代 女性 / 製薬会社勤務
米国勤務を見据えながら英語学習に取り組む! 医薬品開発の最前線で治験に携わる池田さんがENGLEADを選んだ理由とは?
文献を読む、資料をつくるといった業務で英語を使っていたものの、部署移動から米国スタッフとの密なやりとりが増えたことから、英語学習と向き合うことになった池田さん。

大人数での会議でも積極的に発言ができるようにと、10ヶ月間のビジネス英会話を受講した後、更なるステップアップのために選んだのはENGLEADの英語コーチングだった。
迷った方はまずは無料のオンラインカウンセリングへ
イングリードでは英語コーチングについて理解を深めたり、
英語力診断を受けられる無料のオンラインカウンセリングを実施しています。

\プロカウンセラーによる無料英語力診断テスト付き/