ワーキングホリデーに向け英語学習を強化|英語学習に行き詰まりを感じていた私が、ENGLEADで自分に合った学習方法を教わり、成長を実感できました! | イングリード
法人のお客様はこちらchevron_right
Experience
体験談
 

ワーキングホリデーに向け英語学習を強化|英語学習に行き詰まりを感じていた私が、ENGLEADで自分に合った学習方法を教わり、成長を実感できました!

Marinaさん
30代 女性 / 商社勤務
職種
商社/物流/運輸/貿易
受講の目的
海外留学準備
開始時の英語力
中級
受講期間
1ヶ月〜2ヶ月
受講コース
オンライン英語コーチングコース
担当コーチ
Saori
VERSANT®
スコア 37
>>>
42
5 UP
Introduction
「ENGLEADは、自身の英語レベルの現状把握とそれにあった適切な学習方法を知りたい方におすすめです」と語るMarinaさん。

Marinaさんは、ニュージーランドでのワーキングホリデーを控え、独学で英語学習をスタート。出発を目前に、最後のレベルアップを求めてENGLEADへの受講を決意した。

今回は、独学で英語学習に取り組んでいたMarinaさんだからこそ感じるENGLEADの価値、受講後に感じた成長、今後の目標などについて語ってもらった。
VERSANTが5点アップ!
37点から42点になりました。

まずは自己紹介をお願いします。

仕事は、新卒で入社した鉄鋼商社の事務職で約9年間勤務していました。

2023年の9月からワーキングホリデーでニュージーランドに行くことを決意し、2023年の1月頃に退職。そこから現在に至るまでは、ワーキングホリデーに向けた準備期間として、英語の勉強に集中しています。

ENGLEAD受講前も英語学習を行っていましたか?また、ENGLEADを受講したきっかけも教えてください。

本格的に英語の勉強を開始したのは、2022年の秋頃からです。

1番初めは、英語系のインスタグラマーのコーチング講座を90日間受けました。
他にも、ネットを使いながら独学で、シャドーイングやディクテーション、独り言英会話、英語日記、多読、多聴などさまざま学習に取り組んでいましたね。
あとは、オンライン英会話やアプリを使って外国人と会話する機会も設けていました。

正直、英語コーチングサービスは、費用が高額なため、最後の手段としていたんです。

ただ、英語学習に行き詰まりを感じていた2023年の6月頃に、このままの状態で現地に行くより、費用をかけて英語を強化しておく方が良さそうだと考え始めました。残り3ヶ月で最後の追い込みをかけるため、英語コーチングサービスの受講を決意。

さまざまな英語コーチングサービスを比較し、唯一、サブスクリプション型式で受講可能なENGLEADを選択しました。

英会話スクールではなくコーチングを選択した理由を教えてください。

自身の英語のレベルを考えると、アウトプット重視で英会話だけに取り組むよりも、フレーズや単語、学習法などのインプットの必要性も感じていたんです。

英会話コーチングで、英語学習を全体的に指導してもらいたいなという思いがあり、コーチングサービスを選択しました。

また、以前、半年ほど、通学タイプの英会話に通い、思ったように成長できなかった経験もあり、少しアプローチを変えようと考えました。

担当のSaoriコーチの印象はいかがでしたか?

担当いただいたSaoriコーチは、すごく物腰が柔らかい方ですが、改善点ははっきりと伝えてくれる方で、そこがありがたかったですね。

私は、ネットで調べながら独学で英語学習を進め、たくさんの情報を持っている分、素直に人からのアドバイスに従うのが難しかったんです。頭でっかちになってしまっている自覚がありました。

ただ、Saoriコーチには、該当する学習が必要となる背景を丁寧に説明していただいたので、すんなりと受けいれられる感覚がありました。

英語コーチングを受ける中で印象的だったことを教えてください。

効果が出ずに諦めようとしていた英語学習に関して、コーチのアドバイスを受けて続けてみた結果、成長が感じられたことですね。

以前から、効果に半信半疑を抱きながら取り組んでいたアプリの英語学習がありました。ENGLEADを始めて学習時間が限られたこともあり、アプリへの取り組みの優先度を下げていたんです。

その代わりに苦手なシャドーイングに時間をかけて取り組んでいました。目標時間を1時間としていたところ、2時間ぐらいかかってしまっていました。

そのことについてコーチに相談してみたところ、シャドーイングは時間を区切って取り組み、できなかったとしても、そこで一旦やめるようアドバイスいただきました。そうすれば、アプリの英語学習にも取り組む時間が作れるということでした。

元々やめようと思っていた学習だったので、最初は渋々取り組んでいたものの、2ヶ月目には、アプリ学習の効果も実感し始めたので、諦めずに続けてよかったなと思いましたね。

自分だけでやっていたら、確実に諦めていたので、コーチがいたからこそ新たな発見があった部分で、印象的でした。

ENGLEADの学習方法はどうでしたか。

ENGLEADを受講し、初めて4コマ漫画のストーリーテリングという学習法に取り組み、面白さを感じました。これまでさまざまな英語学習法に取り組んできましたが、ストーリーテリングはノータッチだったんです。

最初は、使うフレーズが決まっていてやりにくさを感じていました。正直に、コーチにもやりにくさを伝えたところ、コーチから「上質なインプットをすることに意味があるから、やりにくさを感じていて大丈夫」と伝えていただき、安心して取り組めましたね。

最初の頃は、嫌いだったストーリーテリング学習ですが、今は慣れてきて、楽しく取り組めています!

2ヶ月間で最初の頃に比べ成長の実感はありましたか?

1ヶ月目の前半は、シャドーイングについていけなかったり、瞬間英作文も全然出てこなかったりと、できないことばかりが目立ち、成長している実感はありませんでした。

ただ、1日数時間英語学習に取り組むことに慣れてきた頃、1回目のVERSANTテストを受けたんです。そこで、ちゃんと英語が聞けている、理解できていることが実感できました。

英語学習の中で一番「効いた」と思うものは何でしたか?

アプリのメモ機能を活用することです。

毎回、学習するごとに、気づいたことを、とにかくメモ欄に書いていたんです。

それが習慣づくと、学習する際に、気づきを持って取り組もうという姿勢ができました。また、メモしたことに対して、Saoriコーチからフィードバックを受けられたので、それが成長につながりました。

学習の振り返りをすることで、結果的に学習全体の効率がぐっと上がると感じましたね。独学中は、教材をこなすことにフォーカスしていたので、それよりも中身や気づきを大切にしたいと思えるようになったのが、自分の中では大きな変化でした。

ENGLEADの1番の価値はなんだと思われますか。

自分のレベルにあった英語学習法が知れることです。

自分自身、英語学習に取り組んできて1番悩んでたところが、自分の現在置を知ることと、それに対する正しい学習法を知ることでした。おそらく英語学習をしている多くの方も、同じように難しく感じているのではないかなと思います。

効果的な学習法は世の中にたくさんあるけれど、その中からどれを選択するかがポイントですよね。自分にあった学習方法を、経験豊富なコーチに選んでもらえるという点がENGLEADの大きな価値かなと思いました。

今後のMarinaさんの英語に関する目標を教えてください。

ENGLEADで設定されている学習レベルで、私は現在A2プラスなので、自立した学習者レベルであるB1レベルに上げられるように頑張りたいです。

2023年9月からニュージーランドに出発しますが、最初の2ヶ月間は学校に通う予定なので、その期間を活かして、レベルアップしていきます。

学校の期間を終えると、実際に家や仕事を決めていきます。そこでは、さらに英語をレベルアップさせ、リスニングで聞き返すことがほとんどなくなる、自分の言いたいことは大体伝えられるといったレベルまで持っていきたいですね。

受講を検討している方に向けて一言メッセージをお願いします!

私が受講した大きな理由は、自身の英語レベルの現状把握とそれにあった適切な学習方法を知ることでした。

費用の点で一歩踏み出せない方もいらっしゃると思いますが、同じような理由で英語コーチング受講を検討している方であれば、それに見合った結果はもらえると私は思っています!

他の体験談を見る

 
M.Aさん
40代 女性 / 医療従事者
海外の患者さんが英語で話していることが分かるようになり、英語学習の楽しさを実感できるようになりました。
「いつからか英語と距離をとるようになっていました」と語るM.Aさん。

M.Aさんは、仕事に育児に忙しい日々を過ごす中、仕事で海外の人の対応をする機会があり、英語の必要性を感じ、英語と向き合うことを決意。さまざまな英語学習方法を試したもののうまくいかず、ENGLEADの受講に踏み出した。

今回は、英語に苦手意識を感じていたM.Aさんが、ENGLEADの受講を通して感じた心境の変化や成長したポイントなどについて語ってもらった。
 
ナナさん
20代 女性 / 英語教師
学習をした経験を活かし、私の教え子にも英語学習方法やテキストの効果的な使い方に関する具体的なアドバイスができるようになり、仕事にも良い影響が出ています。
TOEIC800点以上の英語力があるにもかかわらず、英語力が自分の強みであるという自信を持つことができなかったナナさん。

教師という職業柄多忙な時期が多いなか、隙間時間を有効活用し、英語学習の時間を確保することに成功。

「英語学習に対する意識の変化が、学習継続の成功要因です」と語るナナさんに、コーチと二人三脚で歩んだイングリードでの5ヶ月間の道のりを語っていただいた。
 
TATSUさん
30代 男性 / CNCマシニスト
英語圏で6年生活し永住権取得を目座すTATSUさんが、1ヶ月の英語コーチング受講を決めた理由
ニュージーランド在住のエンジニアとして、ネイティブの英語環境に長年身を置き、実践的な会話で英語をこれまで習得してきたTATSUさん。

永住権取得のため、まずは申請条件であるIELTS 6.5のスコアが必要に。しかし、高校を卒業して以来、なにか真剣に机にむかって勉強をしたことがなかった。

そんな中、短期集中で学習習慣を定着させるためにイングリードの受講を決意。4週間というミニマルな期間の中とはいえ、1日2時間半という学習を継続。

「意外とできてしまった」という感想を持つに至った経緯について話を伺った。
 
KENさん
40代 男性 / 外資系IT企業勤務
英語の表現の幅が広がり、「実際に使う事のできる英語」を習得しているという実感がありました。会議中に自分から自信を持って伝えることができています。
TOEIC900点というハイスコアを所持しているにも関わらず「実際に使うことのできる」英語力が身についていないと感じていたKENさん。

コーチの的確なアドバイスに導かれ「反復学習」の重要さを再認識したKENさんは、コツコツと1日2時間の英語学習を続け、VERSANTを12点も向上させることに成功。

「コーチの存在が私のモチベーターでした」と語るKENさんは、更なる高みを目指しイングリードを退会した今でも英語学習に取り組んでいる。
 
N.Nさん
40代 女性 / 外資系メーカー勤務
さまざまな英語サービスを利用したからこそ分かる!ENGLEADで日本人コーチから学ぶ効果
「日本人が英語を学習する上で、どこに疑問をもつのか理解している日本人のコーチから学べたのがよかったです」と語るN.Nさん。

N.Nさんは、外資系メーカー勤務。これまでのキャリアや経験から、「ただ英語で話すこと」はできるが、その一歩先にいくため、英語力強化の必要性を感じていた。

今回は、さまざまな英語学習サービスを受けてきたN.Nさんが感じるENGLEADの魅力や受講後に感じた効果などについて語ってもらった。