「イタリアに行ったらこう話そう」。アパレル業界で国際的に活躍する女性起業家が、コロナ禍を利用して英語コーチングをはじめたワケとは? | イングリード
法人のお客様はこちらchevron_right
Experience
体験談
 

「イタリアに行ったらこう話そう」。アパレル業界で国際的に活躍する女性起業家が、コロナ禍を利用して英語コーチングをはじめたワケとは?

荒川久美子さん
30代 女性 / アパレル企業 代表取締役
職種
営業/販売/企画
受講の目的
ビジネス英語
開始時の英語力
初心者
受講期間
1ヶ月〜2ヶ月
受講コース
オンライン英語コーチングコース
担当コーチ
KAORI
Introduction
「世界情勢は変わっていくが、ビジネスもそれに対応をしないといけない。そう考えた時に英語を話せれば視野や選択肢も広がると思った」と語るのは、オーダースーツの仕立てや販売業務をおこなう女性起業家の荒川久美子さん。

ピンチをチャンスに変えるために、ENGLEADのコーチングに申し込みをし、仕事で忙しいスケジュールをなんとか工面しながらも、1日に2時間以上の英語学習を実現させた。

Q:まずは自己紹介をお願いします。

東京都品川区在住の荒川です。自営業をしています。仕事はアパレル関係で、海外から仕入れをしているので、仕事で英語を使う機会も多いですね。

現在は新型コロナの影響で、なかなか海外出張に行けない日々が続いていますが、これまでにはヨーロッパをはじめ、ベトナムやミャンマーなどの新興国にも行きました。

世界語として世界中で話されている英語を習得すれば、もっと仕事の可能性が広がるなと思い、ENGLEADさんの英語コーチングに申し込みをさせていただきました。

Q:海外出張の時などは、通訳やコーディネーターをつけられるのですか?

多い時には年に4〜5回は海外出張に行くのですが、全て自分でなんとかしています。わからないことはスマホで調べながらですが、交通やホテルの手配、レストランの予約、打ち合わせのアポなどもやってきました。

実はきちんと英語を勉強したのは受験勉強の時が最後で。ルー大柴さんの話し方のように、カタカナ英語を混えながらではありますが、なんとかパッションでコミュニケーションを取っているのが現状です(笑)。

今後も新型コロナの影響で、世界情勢は変わっていくと思うのですが、自分のビジネスもそれに対応をしていかないといけない。そう考えた時に、英語を手段として持てていれば、視野や選択肢も広がると思っています。

Q:新型コロナの影響でお仕事が止まってるなか、自己投資として英語学習をはじめるのは良いきっかけですね。

新型コロナはピンチではなく、チャンスとして捉えるしかないですよね。

これまでは、仕事をするなかで、必要に応じて英語で調べたりといったことはありましたが、今回のようにきちんと英語学習に向き合ったのははじめてで。

在宅勤務などで時間の融通が効きやすくなったことから、ENGLEADのコーチングを受講したのは、ベストなタイミングだと思います。

Q:実際にENGLEADのコーチングを受講してみていかがでしたか?

担当コーチとの実際のLINEのやりとり

結論から言うと最高でした。学習方法の提案もコーチが併走してくれるのも、全てが理にかなっていて良かったと思います。

頭では理解していてもできないことってありますよね?

例えば、ダイエットをしている人。食べなければ痩せるとわかっていても、我慢できなくなって食べてしまう。英語も同じで、勉強しないといけないのは理解してるけど、なかなか時間が取れない。

でも、コーチングを利用すれば、コーチが学習モチベーションをキープするところまで面倒を見てくれるので、1人ではできなかったことも、継続してできるようになると思います。

また、他社に比べて費用も約半額なので、コストパフォーマンスも高いと感じました。「数十万円のローンを組まされた」なんて話を聞いたこともありますし、それに比べてENGLEADさんであれば、知り合いにも自信を持って勧めることができます。

Q:担当したコーチ(KAORI)の印象をお聞かせください。

コーチのKAORIさんとは、「まず、自分がどうなりたいのか」というところから、お話を聞いていただきました。「TOEICの目標スコアがある」「今の会社で昇進したい」「海外進出をしたい」など、英語学習には目的が必要だと。

わたしの場合は、ビジネスにおける手段としての英語を身につけることが目的だったので、そこにターゲットを絞った学習プランや、日々の学習スケジュール管理をしてくれたので、すごくよかったですね。

Q:日々の学習はカリキュラムの設計通りにこなせましたか?

当初の目標としては1日に3時間の勉強をすることになっていたのですが、やっぱり仕事の急な対応なども入ってきて、毎日3時間勉強するのは大変でした。

それでも、平均すると2時間くらいは勉強できたと思います。1人で取り組んでいたら、そもそも英語学習を毎日やるってことさえできなかったと思うので、コーチの力をすごく感じました。

Q:学習カリキュラムの中で実際に取り組んでみて印象的だったのは?

瞬間英作文はすごく勉強になりました。「ここにキャップがあります。このキャップは何色ですか?」といった、とても簡単な中学生で習うような構文で英作文をする。でも、それがなかなか出てこないんですよ。

日本語を英語にするという作業をとにかく反復しました。

Q:英語脳をつくる、瞬発力をあげるという意味で大切ですよね。

そうですね。特に反復学習の大切さを感じました。

「継続」と「基礎」、この2つは英語だけでなくて、ビジネスであっても、ファッションであっても大事だということを、英語コーチングを通して改めて気が付きました。

「難しいことに取り組むよりも、基礎を継続して取り組むことが一番力になる」と普段から人に言っていたのに、自分ができていなかったと反省しましたね(笑)。

Q:ENGLEADではオンライン英語レッスンも提供していますが、クラスの感想をお聞かせください。

英語コーチング おすすめ

インプット学習だけでなく、アウトプット学習もあることで、バランスが取れていたと思います。やはり、わたしの場合はビジネスシーンでの実践的な英語が目的なので、習ったことを試せる機会があるのはよかったです。

ただ1週間毎日英語学習をするだけで、達成感に浸っていてはダメだなと実感しました。話せないことが悔しくて、それが次の学習モチベーションにつながるので、良いサイクルができていたなと思います。

オンライン英語レッスンで反省点や問題点を見つけることができました。

Q:コーチングの受講を振り返って感じたことはありますか?

コーチングのことはもちろん知っていたのですが、百聞は一見に如かずでした。わたしの場合は、新型コロナの影響もありましたが、最初の1歩を踏み出すことで、いろいろと気づけたこともあったので。

コーチング期間は終了しましたが、今も継続して英語学習をしています。新型コロナが収束したら時に、「イタリアに行ったらこう話そう」とイメージしながら準備していますね。

今後は、もっと海外との取引を増やしたいし、将来的には海外に法人も設立したいので、これからも頑張っていきたいと思います。

他の体験談を見る

 
SHUNさん
30代 男性 / YouTuber/個人事業主
EU圏で永住権を目指す! 海外在住者だからこそ日本人に最適化された英語学習が必要だった
現在はオランダを拠点とし、個人事業主としてさまざまな仕事を請け負いながら、YouTuberとしてヨーロッパ移住に関する情報発信をしているSHUNさん。

実はオーストラリアでのワーキングホリデーや留学、日本帰国後にしばらくしてからのフィリピン短期語学留学を経験するも、思ったように英語が伸びなかった過去がある。

現在進行形で3ヵ国に及ぶ長い海外生活を送っているにも関わらず、「なかなか英語が話せない」というコンプレックスを抱え、現地での活動に限界も感じ始めていた矢先、イングリードのサービスを見つけた。
 
平井幸奈さん
20代 女性 / 株式会社フォルスタイル 代表取締役
TEDを使ったシャドーイングがお気に入り! 都内に3店舗を構えるカフェ「forucafe」の経営者である平井さんが英語コーチングで得た成果とは?
「世界一の朝食」としてメディアに取り上げられて、一躍日本でも大ブームとなった、オーストラリア・シドニー発のレストラン「bills」本店で働いたことをきっかけに、早稲田大学在学中にカフェを起業した平井幸奈さん。

現在は都内に3店舗を構え、その中には米国資本のコミュニティ型シェアオフィス内にも出店をしている。契約書やメールなどのやりとりで英語が必要になった平井さんがENGLEADの英語コーチングを選んだ理由とは?
 
Genki Nishidaさん
30代 男性 / 資産運用(FIRE)
FIREで海外移住!イギリス留学経験者のNishidaさんがイングリードのコーチングを選んだ理由
セミリタイヤをし、現在は資産運用やFIREについてYouTubeで発信しているNishidaさん。

イギリスでの大学院留学経験があり、簡単な日常会話レベルの英語なら問題ないが、移住に向けて英会話力を伸ばしたいという目標があった。

明確な目標がなく忙しい日々の中でどのようにして英語学習のモチベーションを維持できるのか課題を感じていた中でイングリードを知り、1ヶ月のコーチングを受けたという体験について話を伺った。
 
藤保修一さん
50歳以上 男性 / 合同会社クロステリア代表取締役
英語基礎力の再構築が英語力向上のコツ!Versant 17点アップに成功した藤保さんが語るイングリードの魅力
コロナ禍で仕事以外の活動に割ける時間が増えたことがきっかけで、英語学習に真剣に取り組むことを決意した藤保さん。

「学生時代は英語力に自信があった」と語る藤保さんは、初回のカウンセリングで自身の英語力が大幅に低下している現実に大きなショックを受けた。

8ヶ月間イングリードでコーチと二人三脚で英語学習に取り組み、英語の基礎力を再構築した結果、Versantを17点もアップさせることに成功した藤保さんに、イングリードの魅力を伺った。
 
松岡さん
30代 男性 / ウェブマーケティング
英語学習のプロは英語学習のモチベーションを上げるプロ?習慣化の大切さを学んだ1ヶ月!
過去に英語圏に留学経験があり英語は問題なく使えていたが、数年前に英語を使う機会が少ないインドネシアに移住し、自身の英語力の低下に焦りを感じていた松岡さん。

専属のコーチが学習目標に向かい並走してくれるという点が自身の性格に合っていると感じ、イングリードの受講を決意。

「コーチをがっかりさせたくない」「コーチを喜ばせたい」という思いから常に高いモチベーションで1日2時間という学習を継続し、脳科学に基づいた正しい学習法と効率的な時間の使い方を1ヶ月で習得した。