米国勤務を見据えながら英語学習に取り組む! 医薬品開発の最前線で治験に携わる池田さんがENGLEADを選んだ理由とは? | イングリード
法人のお客様はこちらchevron_right
Experience
体験談
 

米国勤務を見据えながら英語学習に取り組む! 医薬品開発の最前線で治験に携わる池田さんがENGLEADを選んだ理由とは?

池田奈緒子さん
30代 女性 / 製薬会社勤務
職種
医療/介護/福祉
受講の目的
ビジネス英語
開始時の英語力
中上級
受講期間
1ヶ月〜2ヶ月
受講コース
オンライン英語コーチングコース
担当コーチ
HIROKO
VERSANT®
スコア 37
>>>
46
9 UP
Introduction
文献を読む、資料をつくるといった業務で英語を使っていたものの、部署移動から米国スタッフとの密なやりとりが増えたことから、英語学習と向き合うことになった池田さん。

大人数での会議でも積極的に発言ができるようにと、10ヶ月間のビジネス英会話を受講した後、更なるステップアップのために選んだのはENGLEADの英語コーチングだった。
VERSANTが9点アップ!
37点から46点になりました。

Q:まずは自己紹介をお願いします。

池田奈緒子です。製薬会社に勤務しています。

大学院の博士課程で細胞が癌になるメカニズムを関する研究に携わり、卒業後は実際に患者さんの治療に関する分野に進みたいと思い、研究職に就きました。

2019年4月からは治験を担当する開発部署に異動となり、そこから仕事でアメリカのブランチとコミュニケーションを取りながら、グローバルな治験を進めることが必要になりました。

英語を使う機会が増えたことをきっかけに、昨年から英語学習に力を入れています。

Q:これまではどのようにして英語を勉強してきましたか?

研究者の時に英語の文献を読む、プレゼン資料をつくるといった機会はありましたが、英語学習にきちんと向き合うようになったのは部署を移動してからですね。

昨年はベルリッツさんのビジネス英会話を約10ヶ月間利用しました。

ENGLEADのコーチングを受けるまでは、オンライン英会話を受講しながら英語力を維持するようにもしていました。

Q:仕事では主にどのような英語のスキルを使うことが多いですか?

メールの読み書き、論文を読む、プレゼン資料を作るといった機会が多いです。また、週に一度の少人数ミーティング、月に1〜2度の大人数ミーティングをする機会があります。

大人数のミーティングでは、英語を使って自分の意見をしっかり言うことが難しいと感じることが多く、それが課題でした。

Q:今後のキャリア目標はありますか?

現在働いている会社の開発部門はアメリカにブランチがあり、日本とアメリカで社員が行き来しています。

アメリカ出向の候補者リストの中に入ることができたので、3〜5年後にはアメリカに渡り、現地の開発に関わっていきたいと思っています。

Q:なぜ、ENGLEADに申し込んでいただけたのですか?

今年の4月にベルリッツのレッスンが終わり、そこから他にもなにか英語の勉強をサポートしてくれるサービスはないかと探した結果、ENGLEADを見つけました。

実際に受講してみた感想としては、レベルチェックテストとキックオフミーティングの内容を基に、自分のレベルに合った教材を用意していただけたのが良かったです。

また、仕事の中でどういう風に英語を使うのかを確認していただき、その場面で使えるように、トレーニングの仕方にアドバイスをいただきました。

英語の言い回しについても教えていただいたのは非常に有り難かったですね。

Q:取り組まれたカリキュラムの内容を教えてください。

英単語・英文法・シャドーイング・瞬間英作文の4つに取り組みました。その中でも、瞬間英作文は初めて取り組んだ勉強法だったので印象に残っています。

私は英語で会話をしていても、まず日本語が先に頭に浮かんで、その後に英語で何て言うのかを考え言葉にすることが多かったので、このトレーニングは効果的だと思いました。

Q:担当コーチ(HIROKO)の印象はいかがでしたか?

HIROKOさんには、細かな質問にも丁寧に答えていただけました。

ウィークリングカウンセリングで、TEDを使ったシャドーイングの勉強法について感じた疑問を相談したのですが、親身に話を聞いてくれて、カリキュラム変更の対応もしていただけたのでよかったです。

Q:その他にコーチングの受講を通して感じたことはありますか?

1日に3時間の学習時間の確保が厳しいかな?と思い参加していたのですが、実際に仕事をしながらの3時間学習は難しかったです。

特に後半は1日に10〜12時間の仕事をこなしながらになったので、1時間半〜2時間しか学習時間を取ることができませんでした。

もう少し自己研磨に時間を割ける時期に受講できていたら、集中して取り組めたかなと思います。

Q:どういった人にENGLEADのコーチングはおすすめだと思いますか?

英語力を高めたいという強い意欲がある人、または英語力を高めなければいけないという環境にいる人にはおすすめできます。

やはり1日3時間の学習時間の確保が大切だと思うので、うまく仕事や家庭との折り合いをつけ、カリキュラムを100%こなせるようにした方が良いと思います。

Q:コーチングの受講を通して気づいたこと、これからも継続して取り組んでいきたいことはありますか?

これまでは基本的に英会話に絞って勉強をしており、単語や文法などの基礎を振り返って勉強することがありませんでした。

しかし、コーチングを通して単語や文法のインプット学習と、英会話のアウトプット学習のバランスの重要性に気がつきました。

この学習サイクルを続けることで、飛躍的に英語力を伸ばすことができると思うので、これからも続けていきたいと思います。

他の体験談を見る

 
M.Kさん
40代 男性 / 経営者
120%満足! 来店した外国人のお客様と英語で会話できました!一生楽しめるおもちゃを得たような気持ちです。
「ENGLEADを受講しても英語が上達しなかったら、もう英語は諦めようと思っていました」と語るM.Kさん。

もともと英語が大嫌いだったと語るM.Kさんは、7ヶ月間の受講期間を経て、英語力の向上を実感し、英語学習に前向きに取り組めるようになったという。

今回は、M.KさんにENGLEADの魅力や学習方法、受講を通して感じた成長などについて語ってもらった。
 
柳沼星羅さん
20代 女性 / 国際協力業界職員
「継続は力なり」を実感した9ヶ月間でした。長年の夢であった国際関係の仕事に就くことができ、毎日充実した日々を送っています。
長年の夢であった国際協力業界への転職を叶えるために、イングリードの受講を決意した柳沼さん。

仕事に加え私生活でも多忙な日々を送る中、隙間時間をうまく活用し9ヶ月間英語学習を進めてきた。

「ベランダ学習」などユニークな勉強法を取り入れながら、毎日継続し英語学習に取り組んだ柳沼さんに「多忙な人にこそイングリードをおすすめしたい」と思う理由を伺った。
 
TATSUさん
30代 男性 / CNCマシニスト
英語圏で6年生活し永住権取得を目座すTATSUさんが、1ヶ月の英語コーチング受講を決めた理由
ニュージーランド在住のエンジニアとして、ネイティブの英語環境に長年身を置き、実践的な会話で英語をこれまで習得してきたTATSUさん。

永住権取得のため、まずは申請条件であるIELTS 6.5のスコアが必要に。しかし、高校を卒業して以来、なにか真剣に机にむかって勉強をしたことがなかった。

そんな中、短期集中で学習習慣を定着させるためにイングリードの受講を決意。4週間というミニマルな期間の中とはいえ、1日2時間半という学習を継続。

「意外とできてしまった」という感想を持つに至った経緯について話を伺った。
 
SAKIさん
30代 女性 / IT系企業勤務
TOEIC IPテストで310点アップ!当初は空欄を「勘」で埋めていたのが「明確な根拠のある答え」を埋めていくことに変わっていきました。
元々少し英語に対して苦手意識があり「転職に活かすためにTOEIC点数を上げたい」と思いイングリードでの学習を決意したSAKIさん。

担当コーチがカスタマイズした学習法により、英語学習が苦にならず、クイズ感覚でできる楽しいものに変化。

「310点のスコアアップで英語へのコンプレックスを払拭することが出来ただけでなく、もともと諦めていた夢に挑戦する意欲が湧いてきた」と語るSAKIさんに3ヶ月間の受講期間について話を伺った。
 
ナツさん
20代 女性 / 大学生
TOEIC210点アップ! 留学の1/4の予算で留学以上の成果を出す秘訣とは?
近年、「新卒の就職活動は売り手市場」とされ、未曽有の人手不足と表現されることがあるほど、求職者に有利な状況が続いていた。しかし、新型コロナが巻き起こしたパンデミックによって状況は一変。

多くの企業が採用活動をストップし、就活を控える大学生は先行きの見えない不安に駆られている。そんな状況の中でも「夢を諦めたくない」と、今できることに目を向け、歩みを止めない若者たちもいる。

パンデミックの影響をもろに受け、新卒採用の枠が限りなく少ないインバウンド業界への就職を目指すナツさんは、TOEIC点数保証コースを利用し、3ヶ月で210点ものスコアアップを達成した。