Experience
体験談
 

英語スピーチを自分の力で聞き取りたい! スピーチライターである千葉さんがリスニング力向上のためにENGLEADを利用した理由とは?

千葉佳織さん
20代 女性 / 株式会社カエカ 代表取締役
職種
イベント/レジャー/娯楽/観光
受講の目的
ビジネス英語
開始時の英語力
中級
受講期間
1ヶ月〜2ヶ月
受講コース
オンライン英語コーチングコース
担当コーチ
AYA
Introduction
15歳の時に弁論の世界に入ったことから話す力や伝える力の大きさを感じるようになった千葉佳織さん。

新卒で入社した大手ITベンチャー企業を退職し、スピーチの原稿執筆サポートやスピーチトレーニングを提供する「株式会社カエカ」を立ち上げた。

「スピーチの本場とも言えるアメリカのスピーチにご自身で触れ、自分の仕事の幅を広げていきたい」という思いからENGLEADの英語コーチングのサービスを受講することにした。

Q:まずは自己紹介をお願いします。

千葉佳織と申します。慶應義塾大学卒業後、新卒で大手ITベンチャー企業で約2年半働き、2019年に「株式会社カエカ」を設立しました。

「すべての人が話し手となりチャンスを掴む社会」の実現に向け、「goodspeak」というブランドのもと、スピーチライティング・スピーチトレーニング・スクール事業を展開しています。

Q:どのような経緯で今のお仕事をはじめられたのですか?

15歳の頃から日本語のスピーチ競技・論大会に出場していまして、これまでに3度の優勝経験があります。内角総理大臣賞と文部科学大臣賞を高校3年生の時に受賞させていただきました。

この時に「話すことの大切さ」を実感したことが人生の転機になり、今の仕事につながっています。

Q:英語学習の目的を教えてください。

海外のスピーチにもっと詳しくなりたいと思ったからです。

スピーチライターはアメリカで発展した職業なので、やはりアメリカには素晴らしいスピーチの事例がたくさんあります。それらを翻訳を通さずに、リアルタイルで自分の肌で感じることができれば仕事に役立つと思い、英語学習をはじめることにしました。

英語学習遍歴としては、高校2年生の時に「AIU高校生国際交流プログラム」に参加し、1ヶ月間かけてワシントンDCやニューヨーク、バージニアへ訪問し、現地でホームステイなどを経験しました。それ以外に、留学や英会話などの経験はありませんでした。

Q:コーチングの感想と満足度を教えてください。

実際にコーチングを受講して感じたのは、必要に迫られてもなかなか自分で努力ができない部分に対して、指針を示していただくことの重要性を実現しているサービスだということです。

日々の学習進捗についてご連絡いただけたのでモチベーションを保つことができましたし、ウィークリーカウンセリングでは、うまくできなかった点について、原因の分析をしていただけたことがよかったです。

例えば、「こういう単語が間違いやすい傾向にある」「こういった言葉が聞こえずらい傾向にある」ということを指摘してもらい、解決するためのアドバイスをいただけました。

Q:どれくらいの学習時間を確保することができましたか?

目標は毎日3時間だったのですが、正直に話すと毎日達成できた訳ではありません。

スマホアプリを利用して学習時間や進捗を管理していただいたのですが、それらを可視化できるのは、後で振り返りいもできるので、すごく良いなと感じました。

Q:具体的にどういった勉強をされていましたか?

コーチの方から3つ提示していただきました。1つ目は単語の学習、2つ目は瞬間英作文、3つ目はディクトレとマーフィーの英文法です。

その中でもディクテーションは自分の身になったと思います。元々、スピーチを聞く力をつけたかったこともあり、ディクトレを通してリスニングの課題を見つけて、ダイレクトに学習できたことがよかったです。

また週に1度のウィークリーテストもモチベーション維持につながりました。

Q:英語コーチング受講後に変化を感じられましたか?

聞き取れる単語数が増えたと感じています。また、心理的なハードルとして、英語に触れることへの抵抗感が減り、全体的に良い影響をいただけたと思っています。

Q:ENGLEADのサービスをどのような人におすすめしたいですか?

英語学習に限らず、最近はオンラインで学習することのハードルが下がってきていると思います。その中で、ENGLEADのサービスは、年齢層やレベルに関係なく、多くの人がすぐに慣れ親しんでいけるものだと感じました。

Q:今後の英語学習や仕事の目標を教えてください。

参照:TED

英語学習に関しては、まずはリスニング力を伸ばしていきたいです。その後は、自分で英語のスピーチを書けるようになったり提案できるようになったりする力を数年スパンでつけていきたいと思っています。

私の中に、良いものを聴けるようになってから自分でスピーチを書きたいというストーリーがあるため、まずはリスニング力をつけることが大事だと感じています。

最近はTEDや11月にあるアメリカ大統領選のスピーチなど良い教材なるものが溢れていて、まずはこれらの教材に慣れ親しんでいくことが自分にとって第一ステップになると思っています。

他の体験談を見る

 
荒川久美子さん
30代 女性 / アパレル企業 代表取締役
「イタリアに行ったらこう話そう」。アパレル業界で国際的に活躍する女性起業家が、コロナ禍を利用して英語コーチングをはじめたワケとは?
「世界情勢は変わっていくが、ビジネスもそれに対応をしないといけない。そう考えた時に英語を話せれば視野や選択肢も広がると思った」と語るのは、オーダースーツの仕立てや販売業務をおこなう女性起業家の荒川久美子さん。

ピンチをチャンスに変えるために、ENGLEADのコーチングに申し込みをし、仕事で忙しいスケジュールをなんとか工面しながらも、1日に2時間以上の英語学習を実現させた。
 
川崎真奈さん
20代 女性 /
勝負は最初の1ヶ月! 英語学習の習慣化を身につければ無敵になれる?
海外旅行が趣味で、これまでにさまざまな国を訪れるも意思疎通以上のコミュニケーションが思うようにとれなかった川崎さん。

英語学習からは長期間遠ざかっていたため、なにをどこから勉強をはじめればいいかわからなかった中、イングリードへの申し込みを決めた。

自分にフィットした勉強法とスタイルが確立され、たったの1ヶ月間で英語学習の習慣化に成功。退会した今でも、なんの苦もなく英語学習を続けることができるようになった。
 
平井幸奈さん
20代 女性 / 株式会社フォルスタイル 代表取締役
TEDを使ったシャドーイングがお気に入り! 都内に3店舗を構えるカフェ「forucafe」の経営者である平井さんが英語コーチングで得た成果とは?
「世界一の朝食」としてメディアに取り上げられて、一躍日本でも大ブームとなった、オーストラリア・シドニー発のレストラン「bills」本店で働いたことをきっかけに、早稲田大学在学中にカフェを起業した平井幸奈さん。

現在は都内に3店舗を構え、その中には米国資本のコミュニティ型シェアオフィス内にも出店をしている。契約書やメールなどのやりとりで英語が必要になった平井さんがENGLEADの英語コーチングを選んだ理由とは?
 
安井龍太さん
30代 男性 / プロラグビー選手
英語力の向上を通じてチームの絆を深めたい。ラグビー選手として活躍する安井さんが、英語コーチングによって感じた自身の変化とは?
中学生の時にラグビーを始め、現在はプロのラグビー選手として活躍する安井龍太さん。

多国籍なスポーツであるラグビーを続ける中で、英語でコミュニケーションを取れるようになれば、外国人選手との絆を深めることができると考え受講を決意。

「ENGLEADのコーチングはラグビーに似ている」。そう考えるに至った経緯について、詳しく話を訊いてみた。
 
SHUNさん
30代 男性 / YouTuber/個人事業主
EU圏で永住権を目指す! 海外在住者だからこそ日本人に最適化された英語学習が必要だった
現在はオランダを拠点とし、個人事業主としてさまざまな仕事を請け負いながら、YouTuberとしてヨーロッパ移住に関する情報発信をしているSHUNさん。

実はオーストラリアでのワーキングホリデーや留学、日本帰国後にしばらくしてからのフィリピン短期語学留学を経験するも、思ったように英語が伸びなかった過去がある。

現在進行形で3ヵ国に及ぶ長い海外生活を送っているにも関わらず、「なかなか英語が話せない」というコンプレックスを抱え、現地での活動に限界も感じ始めていた矢先、イングリードのサービスを見つけた。
迷った方はまずは無料のオンラインカウンセリングへ
イングリードでは英語コーチングについて理解を深めたり、
英語力診断を受けられる無料のオンラインカウンセリングを実施しています。

\プロカウンセラーによる無料英語力診断テスト付き/