Experience
体験談
 

【TOEIC 315点アップ】会社からのノルマを達成! 接客業で外国人のお客様にひとつ上のおもてなしを提供するサチコさん

サチコさん
40代 女性 / ホスピタリティー
職種
イベント/レジャー/娯楽/観光
受講の目的
ビジネス英語
開始時の英語力
初級
受講期間
3ヶ月〜5ヶ月
受講コース
TOEICコース
担当コーチ
Yumika
Introduction
『イングリードに申し込もう』、パリでの添乗の待ち時間にスマホをブラウンジングしながら決意をしたサチコさん。

接客のプロとして長年の課題だったTOEICに真剣に向き合い、結果として3ヶ月という短い期間の中で、315点もスコアを向上させ、目標を達成した。

「やらないといけないという強迫観念よりも、やればやるだけ伸びるという高揚感みたいなものを感じていた」と語るサチコさんの笑みからは、完全燃焼をしたという達成感を感じることができた。
TOEICが315点アップ!
440点から755点になりました。

自己紹介をお願いいたします。

サチコです。これまでホスピタリティー業界で働いてきたこともあり、仕事で英語を使う機会がありました。

英語を使った意思疎通や、簡単な使い回しのフレーズで外国人のお客様の対応をすることはできるのですが、プロとして満足な接客ができていないことが悩みでした。

また、会社から課せられているTOEIC730点のスコアを取得できず、学生時代は好きだった英語に対して、苦手意識を感じるようにもなっていました。

新型コロナによる影響で仕事が落ち着いている今、英語という長年の課題にしっかりと向き合おうと、イングリードの受講を決めました。

TOEICの学習にはさまざまなサービスがある中、なぜイングリードを選ばれたのですか?

会社がTOEICをノルマとして課しているので、多くの社員が利用している口コミのよいスクールもあったのですが、どれも通学型の短期集中講座でした。

郊外で生活をしていることもあり、通学型は精神的にも体力的にも辛いだろうなと思ったのと、コロナの影響で一方的にオンラインに授業が切り替わったと聞きました。

途中で受講体系が変わってしまうと戸惑うだろうし、そもそもオンラインで受講することに抵抗がなかったので、イングリードに申し込みをさせていただきました。

従来の英会話スクールと比較して、コーチングは新しい概念だと思いますが、そこへの抵抗はなかったのですか?

特になかったですね。きちんとサービス内容を調べた上で、これなら成果が出るんじゃないかと思って申し込みをし、結果的にわたしの性格にも合っていたと思います。

課題をドサっと渡されて、1つ終わる毎にチェックを入れていくことに達成感を感じて。コーチもわたしの英語力を細かく把握されているので、「これだけやればいい」というカリキュラムをつくってもらえたのも嬉しかったです。

正直、これまで自己流で勉強をしていたのですが、TOEIC学習では各パートの攻略方法を理解しないまま、首を突っ込んでは違うかなーと次のパートに手をつけたりと、無駄ばかりでした。

「これだけやればいい」という方針があるだけで、努力の方向性を疑うことなく取り組めたのがすごく楽だったし、TOEICの勉強の仕方がよくわかりました。

開始前のTOEICスコアが440点でしたが、目標スコアは?

TOEIC440点はショックでしたね。これまでも定期的に受験をしていたのですが、500点前後をうろうろしていて、600点の壁を一度も超えることはありませんでした。

目標は会社から課せられたノルマである730点でしたが、正直3ヶ月で達成できるかはわからないという感じでしたが、コーチと一緒にやれるだけのことはやってみようと初回のカウンセリングで話をしました。

ただ、コーチングがはじまった初月にいきなり655点(215点アップ)、2ヶ月目に695点(255点アップ)、3ヶ月目に755点(315点アップ)と、嘘のようにスコアが伸びて、念願の730点を超えることができました。

コーチからは続ければまだ伸びると言われましたが、まずは目標を達成できたことに万々歳です。

英語力の伸びを実感した瞬間はありますか?

テレビでニュースを見ていた時に、アメリカの報道官の英語を聞き取れたことがありました。Significant(シグニフィカント/重要な)やSufficient(サフィシェント/十分な)など、政治やビジネスで使われる言葉もすっと入ってきて、成長を実感しました。

それにはシャドーイングの効果が大きいと思います。最初は難しくて苦手だったのですが、粘り強く続けたおかげで、リスニングのスコアも一気に飛躍をしました。

シャドーイングのどういったところが難しかったですか?

リンキングを見つけるところですね。コーチからの添削があるのとないのとでは、聞こえる音が倍くらい違っていて。

これは自分の解釈で独学で進めてしまうと、とんでもなく失敗をしてしまう勉強法だなと思いました。

大変ですが英文の意味を理解して、発音に気をつけながらやることで、とある地点から一気にできるようになりますし、そうなったらシャドーイングも楽しくなってきました。

3ヶ月のTOEICコースを総括してください。

このインタビューの前に学習のログを見返したら、トータルで500時間も勉強をしていました。1日に3時間のカリキュラムだったのですが、途中からエンジンがかかって長い日には5時間も勉強をしていた日もあって。

ただ、それは「やらないといけない」という強迫観念よりも、やればやるだけ伸びるという高揚感みたいなものを感じていたので、楽しみながらできたのだと思います。

最初、3ヶ月分の教材が自宅に送られてきた時には、量が多過ぎて「絶対にできない」と愕然としましたが……、できたんですよ。

なぜか? それはコーチがいたからですよね。

見張られているわけではないですが、毎日の学習進捗報告やフィードバックがあるので、一人で勉強をしている感じはなかったです。

決して安い金額ではないので、お金を払うことで覚悟は決まっていますし、コーチとしても点数補償があるので絶対にスコアを上げないといけないので必死。だから、同じ目標を持つ同志のように感じていました(笑)

それにしても、今振り返ってよくやったなと。楽しかったんですけど、もう一回やれって言われても、絶対にやりたくないです。それくらい大変ではありましたが、本当にやってよかったし、達成感に満ち溢れています。

これからの目標は?

5年連続でTOEIC730点を取れれば、もうTOEICの受験をしなくてよくなるんですよ。なので、まずは5年連続で取れるようになりたいですね。

後はやっぱり、外国人のお客様によりよいサービスを提供していきたい。接客のプロとして、日本人として、最上級のおもてなしができるように、これからも英語学習を継続していきたいと思います。

他の体験談を見る

 
山下楽平さん
20代 男性 / ラグビー選手
3ヶ月の受講でTOEIC900点以上の実力に!! ラグビー選手の山下さんが英語コーチングで得た成果とは?
1チーム15人というチーム競技でプレーをするラグビーは、コミュニケーションが命。いくら優れた選手でも、メンバーとのコミュニケーション不足がプレーの質に影響する。

大学時代にニュージーランドに留学をし、身を持って「コミュニケーションの重要性」を感じた山下さんは、ENGLEADのコーチングを利用して英語力の向上を目指した。

3ヶ月の受講を通して、英語学習の習慣化に成功し、英語スコアを中級者レベルから、「TOEIC945点」と同等のCEFR C1まで向上させることに成功した。
 
平井幸奈さん
20代 女性 / 株式会社フォルスタイル 代表取締役
TEDを使ったシャドーイングがお気に入り! 都内に3店舗を構えるカフェ「forucafe」の経営者である平井さんが英語コーチングで得た成果とは?
「世界一の朝食」としてメディアに取り上げられて、一躍日本でも大ブームとなった、オーストラリア・シドニー発のレストラン「bills」本店で働いたことをきっかけに、早稲田大学在学中にカフェを起業した平井幸奈さん。

現在は都内に3店舗を構え、その中には米国資本のコミュニティ型シェアオフィス内にも出店をしている。契約書やメールなどのやりとりで英語が必要になった平井さんがENGLEADの英語コーチングを選んだ理由とは?
 
Genki Nishidaさん
30代 男性 / 資産運用(FIRE)
FIREで海外移住!イギリス留学経験者のNishidaさんがイングリードのコーチングを選んだ理由
セミリタイヤをし、現在は資産運用やFIREについてYouTubeで発信しているNishidaさん。

イギリスでの大学院留学経験があり、簡単な日常会話レベルの英語なら問題ないが、移住に向けて英会話力を伸ばしたいという目標があった。

明確な目標がなく忙しい日々の中でどのようにして英語学習のモチベーションを維持できるのか課題を感じていた中でイングリードを知り、1ヶ月のコーチングを受けたという体験について話を伺った。
 
TATSUさん
30代 男性 / CNCマシニスト
英語圏で6年生活し永住権取得を目座すTATSUさんが、1ヶ月の英語コーチング受講を決めた理由
ニュージーランド在住のエンジニアとして、ネイティブの英語環境に長年身を置き、実践的な会話で英語をこれまで習得してきたTATSUさん。

永住権取得のため、まずは申請条件であるIELTS 6.5のスコアが必要に。しかし、高校を卒業して以来、なにか真剣に机にむかって勉強をしたことがなかった。

そんな中、短期集中で学習習慣を定着させるためにイングリードの受講を決意。4週間というミニマルな期間の中とはいえ、1日2時間半という学習を継続。

「意外とできてしまった」という感想を持つに至った経緯について話を伺った。
 
尾川茂さん
30代 男性 / IT企業 エンジニア
短期留学が新型コロナによって中止に! セカンドオプションを探る中、弱点克服に必要なのは留学ではなく英語コーチングだと気がついた
ITエンジニアとして海外の文献を読んだり、カンファレンス動画を視聴するために英語が必要だった尾川さん。

もともと短期留学を検討していたが、新型コロナの影響で中止せざるを得ない状況に。そこから、代わりになにができるだろう?と考えていた時に見つけたのがENGLEADの英語コーチングだった。

英語コーチングの受講を通して、キャリアへの考え方が変わったという理由について話を訊いてみた。
迷った方はまずは無料のオンラインカウンセリングへ
イングリードでは英語コーチングについて理解を深めたり、
英語力診断を受けられる無料のオンラインカウンセリングを実施しています。

\プロカウンセラーによる無料英語力診断テスト付き/