Experience
体験談
 

TEDを使ったシャドーイングがお気に入り! 都内に3店舗を構えるカフェ「forucafe」の経営者である平井さんが英語コーチングで得た成果とは?

平井幸奈さん
20代 女性 / 株式会社フォルスタイル 代表取締役
職種
飲食/食品
受講の目的
ビジネス英語
開始時の英語力
上級
受講期間
1ヶ月〜2ヶ月
受講コース
オンライン英語コーチングコース
担当コーチ
HIROKO
Introduction
「世界一の朝食」としてメディアに取り上げられて、一躍日本でも大ブームとなった、オーストラリア・シドニー発のレストラン「bills」本店で働いたことをきっかけに、早稲田大学在学中にカフェを起業した平井幸奈さん。

現在は都内に3店舗を構え、その中には米国資本のコミュニティ型シェアオフィス内にも出店をしている。契約書やメールなどのやりとりで英語が必要になった平井さんがENGLEADの英語コーチングを選んだ理由とは?

Q:まずは自己紹介をお願いします。

平井幸奈と申します。早稲田大学の在学中にブリュレフレンチトーストの専門店「forucafe」を立ち上げました。卒業した今は3店舗の経営をしています。

学生時代にワーキングホリデー利用して、オーストラリアにいく機会がありました。その時には、シドニーの「bills」で働いた経験がきっかけになり、料理の世界に魅了されるようになったのが、起業したきっかけです。

Q:「forucafe」についてもう少し詳しく教えてください。

元々、「forucafe」はフレンチトーストの専門店でした。今の名物もブリュレフレンチトーストなので、フレンチトーストが人気なことには変わりないのですが、カレーライスやローストビーフ丼なども提供しています。

早稲田に本店があり、その他には原宿店、渋谷店の3店舗を展開しています。

取引先との仕事の中で、契約書を読んだり、メールで連絡したりと、英語を使ったやりとりもあります。

Q:これまで、どのようにして英語学習に取り組まれてきましたか?

英語は、大学まで普通に学校で勉強をしていたのと、英語という科目が結構好きだったので、普通の勉強はしていたんですけど……。

ただ、受験勉強や英検のための英語だったので、あまり実用的な英語というのを習った経験はなくて。

なんとなく日常会話くらいはできるかな?という感じだったのですが、英語でメールを打ったり、コミュニケーションをしたり、契約書を作ったりしないといけない機会が増えてきたので、もう少し実用的な英語を習得したいと思っていました。

Q:英語コーチングには以前から興味を持たれていたのですか?

実はENGLEADに申し込みをするまでは英語コーチングのことをよく知りませんでした。

ただ、英語をきちんと勉強したい気持ちはずっと持っていたので、オンライン英会話を受講したりと、いろいろとやってみたのですが、なかなか成果が出なくて。

ENGLEADのホームページを見つけて、集中的に英語学習ができるならやってみようと思い、申し込みをさせていただきました。

Q:実際に受講されてみて、全体的な感想としてはいかがでしょうか。

これまでの私の英語学習の概念を覆すというか。

先生に教えてもらうというスタイルではなくて、スケジュールを管理してもらう、導いてもらうみたいな感じのスタイルだったので、私にはすごく合っていました。

久々にしっかり勉強したなという感じで、身になったなという印象もあります。

Q:印象的だった学習法などはございますか?

参照:TED

TEDを使ったシャドーイングですね。勉強というよりも、やっていて楽しかったという印象です。

その他にも、家で家事をしながらや、仕事の隙間時間を利用してできる勉強法もあって、生活の中に取り入れやすかったです。

後は、専用のアプリで学習履歴を残すのもすごく良いと思いました。そこからコーチの方にフィードバックをいただけるのも、効率的ですし、学習のモチベーションにもつながります。

Q:今回のENGLEADの受講で伸ばしたいポイントはどこだったのですか?

実践的な英語を学んで、スムーズに英語でやりとりができるようになるのが目標でした。

これまでは、ネイティブスピーカーのスタッフにメールチェックなどをお願いしていたのですが、最初から最後まで自分一人でできるようになりたいなと。

契約書に関しても、難しい英文を時間をかけずに読めるようになりたかったというのもあります。

後は、外国人の方と他愛のないお話を、さらっとできるようになったらいいなと思っていました。

Q:今回は、短期間での申し込みでしたが、効果を感じることはありましたか?

英語でメールを書く時に感じました。ENGLEADのコーチングでは、すごく基礎的な文法から学び直しをしたのですが、意外とできていないことも多くって。

基礎を復習することで細かなミスが減り、ネイティブスピーカーのスタッフからチェックされる頻度が下がったという実感があります。

Q:コーチとのやり取りの部分はいかがでしたでしょうか?

すごい優しいコーチの方ででした。むしろ、優しすぎるくらいです。

質問にもすごく丁寧に答えていただけましたし、仕事などの影響で学習意欲が下がってしまった時にも、スケジュールを調整してくださって。「なるほど、コーチングとはこういうものか」と感じました。

ただ、ちょっとその優しさに甘え過ぎたなという、自分の反省点もあります。1日3時間というところに対して、本来はもう少しできたのにという気持ちがありました……。

新型コロナによる自粛期間中は、リモートワークの時間も増えていたので、英語学習のチャンスだと思っていたのですが、コーチングを開始したタイミングで、お店の営業を開始できるようになりまして。

言い訳にはなってしまうのですが、仕事がバタバタする時期と重なったのは想定外でした。

Q:総合的にENGLEADのサービスには満足いただけましたか?

はい、勉強をするとてもいい機会になりました。大学を卒業してからまとまった時間勉強する機会はほとんどなかったので、久々に集中して勉強をして達成感がありました。

今は新型コロナの影響で仕事が大変なので、落ち着いたら今回学んだことをしっかりと活かして英語学習に取り組んでいきたいと思います。

英会話スクールや留学に行けない状況の中で、オンラインで英語学習のプロからコーチングを受けられるのはすごくありがたいことですよね。

仕事などの状況に合わせて、コーチが学習スケジュールやカリキュラムを作成してくれるのも良いですし、何よりも励ましながら併走してくれるのが大きい。

これまで英会話スクールなどを試して、続かなかった、成果が出なかったという私のような人には、ENGLEADの英語コーチングを試してみる価値があるのではないかと思います。

Q:最後に、今後の目標について教えてください!

英語に関しては、今回教えていただいたように、しっかりと目標設定をして、それをクリアできるように取り組んでいきたいと思います。

ゆくゆくはネイティブスピーカーのスタッフの手を借りずに、メールを書け、契約書をさらっと読め、他愛もない会話ができるようになれば良いなと思います。

他の体験談を見る

 
山下楽平さん
20代 男性 / ラグビー選手
3ヶ月の受講でTOEIC900点以上の実力に!! ラグビー選手の山下さんが英語コーチングで得た成果とは?
1チーム15人というチーム競技でプレーをするラグビーは、コミュニケーションが命。いくら優れた選手でも、メンバーとのコミュニケーション不足がプレーの質に影響する。

大学時代にニュージーランドに留学をし、身を持って「コミュニケーションの重要性」を感じた山下さんは、ENGLEADのコーチングを利用して英語力の向上を目指した。

3ヶ月の受講を通して、英語学習の習慣化に成功し、英語スコアを中級者レベルから、「TOEIC945点」と同等のCEFR C1まで向上させることに成功した。
 
千葉佳織さん
20代 女性 / 株式会社カエカ 代表取締役
英語スピーチを自分の力で聞き取りたい! スピーチライターである千葉さんがリスニング力向上のためにENGLEADを利用した理由とは?
15歳の時に弁論の世界に入ったことから話す力や伝える力の大きさを感じるようになった千葉佳織さん。

新卒で入社した大手ITベンチャー企業を退職し、スピーチの原稿執筆サポートやスピーチトレーニングを提供する「株式会社カエカ」を立ち上げた。

「スピーチの本場とも言えるアメリカのスピーチにご自身で触れ、自分の仕事の幅を広げていきたい」という思いからENGLEADの英語コーチングのサービスを受講することにした。
 
林 明日香さん
30代 女性 / 個人事業主
英語コーチングを通して気づいたのは「勉強が好き」という気持ち。世界一周旅行中に最も印象が強かったアフリカで事業がしたい!
大学院在籍時代に英語で論文を読んだり、国際学会に出席していた経験を持ちながらも、「日常会話が苦手」と話す林さん。

英語を克服するために世界1周旅行に行くが、大事な場面では英語ができるパートーナーに頼ってしまったことから、帰国後に大手コーチングスクールの入会を検討。

そこからなぜENGLEADを選んだのか、また数ヶ月のコーチング受講からなにを得たのかについて語ってもらった。
 
荒川久美子さん
30代 女性 / アパレル企業 代表取締役
「イタリアに行ったらこう話そう」。アパレル業界で国際的に活躍する女性起業家が、コロナ禍を利用して英語コーチングをはじめたワケとは?
「世界情勢は変わっていくが、ビジネスもそれに対応をしないといけない。そう考えた時に英語を話せれば視野や選択肢も広がると思った」と語るのは、オーダースーツの仕立てや販売業務をおこなう女性起業家の荒川久美子さん。

ピンチをチャンスに変えるために、ENGLEADのコーチングに申し込みをし、仕事で忙しいスケジュールをなんとか工面しながらも、1日に2時間以上の英語学習を実現させた。
 
尾川茂さん
30代 男性 / IT企業 エンジニア
短期留学が新型コロナによって中止に! セカンドオプションを探る中、弱点克服に必要なのは留学ではなく英語コーチングだと気がついた
ITエンジニアとして海外の文献を読んだり、カンファレンス動画を視聴するために英語が必要だった尾川さん。

もともと短期留学を検討していたが、新型コロナの影響で中止せざるを得ない状況に。そこから、代わりになにができるだろう?と考えていた時に見つけたのがENGLEADの英語コーチングだった。

英語コーチングの受講を通して、キャリアへの考え方が変わったという理由について話を訊いてみた。
迷った方はまずは無料のオンラインカウンセリングへ
イングリードでは英語コーチングについて理解を深めたり、
英語力診断を受けられる無料のオンラインカウンセリングを実施しています。

\プロカウンセラーによる無料英語力診断テスト付き/