【英語コーチング】自分に合ったスクールの種類やその選び方を解説


英語学習者のレベルや苦手分野などを専属コーチが分析した上で、学習カリキュラムを作成することで効率的な英語習得を支援してくれる英語コーチング。いま、外資系企業や海外駐在を目指すビジネスマンから注目を集めています。

英会話スクールのように授業を通した「体験」ではなく、キャリアアップや進学といった将来のビジョンを拡張するための「成果」を価値として提供していることから、より具体的な目標を持った人が受講しているのが特徴。

そんな英語コーチングですが、さまざまなスクールが独自のプランを提供しています。そこで今回は「通学型 vs オンライン」「期間固定 vs サブスクリプション」「大手企業 vs 個人経営」などの視点で徹底的にスクールとサービスを比較。

自分の英語学習のニーズに合ったスクールをみつけ、効果的な英語学習をしましょう。

英語コーチングスクールと英会話スクールは違う

英語コーチング スクール 英会話

違いがわかりにくい英語コーチングスクールと、英会話スクールの違いを説明します。

英会話スクールとは?

英会話スクールの特徴は、スピーキングを中心とした良質なアウトプット学習ができることです。「グループクラス」「マンツーマンクラス」「ネイティブ講師」「非ネイティブ講師」など、さまざまな選択肢の中から、予算と目的にあったクラスを選ぶことができます。

学習効果を最大化する場合は「マンツーマンクラス」×「ネイティブ講師」の組み合わせになりますが、この場合のレッスン費用は1コマ5,000円以上になることが難点です。

スクールアクティビティーなども定期的に開催されていることが多く、イベントに参加すれば講師との異文化交流などが楽しめ、英語学習のモチベーションにもつながるでしょう。

英語に強い苦手意識があるビギナー、または中級者以上でアウトプット学習を強化したい人におすすめです。

英語コーチングスクールとは?

英語コーチングとは、従来の語学学校や英会話スクールとは異なり、自習学習にフォーカスを当て、英語教材選びや英語学習法、目標達成までに必要な英語学習時間など、担当のカウンセラーがオーダーメイドでカリキュラムを作成し、日々のチャットで併走するサービス。

ひとりでは学習時間の管理やモチベーション維持が難しい人でも効率的な英語学習ができ、より結果を求められる若いビジネスマン(特に転職やキャリアアップがしたい人)から注目されています。

「英語力の向上」にフルコミットすることから、目に見えた結果が出やすく、自己投資として英語コーチングを利用する人にとって、英語コーチングは最も有効な選択肢の1つと言えるでしょう。

英語を基礎から学び直したい、英語をキャリアアップに活かしたい、TOEICなどのスコアを短期間で効率よく伸ばしたいといった目的を持っている人におすすめです。

英語コーチングは新たなステージへ! 利用者のニーズや問題に応えたコーチングを提供するENGLEAD(イングリード)
英語を習得するには合計3,000時間の学習時間が必要とされています。しかし、仮に半分の1,500時間を勉強しようと思った時に、毎日1時間の勉強をしても4年以上の歳月が必要になります。...

通学型の英語コーチングスクール

英語コーチング スクール 通学型

英語コーチングスクールと英会話スクールの違いを理解した上で、ここからは通学型とオンライン型の英語コーチングスクールの解説をしていきます。

メリット/通学型の英語コーチングスクール

通学型の英語コーチングスクールのメリットは、対面でコーチングを受講できます。対面の英語コーチングの場合、コミュニケーションエラーが少なく、信頼してなんでも相談をすることができます。

デメリット/通学型の英語コーチングスクール

通学型の英語コーチングスクールのデメリットは、通学が必要だということ。

仕事が忙しくてスクールに通うことができない、そもそも多くの英語コーチングが受けれるスクールは都内に集中しており、通学自体ができない人も多いでしょう。

また、営業時間が短いスクールもあるので、せっかく面談やクラスを予約していても、急な残業でスクールに行くことができないといった可能性もでてくるでしょう。

通学型の英語コーチングスクールで気をつけたいこと

英語コーチングスクールの立地の確認をしましょう。職場や学校から通うにあたり、負担にならない時間や交通費なのか調べておく必要があります。

もし負担になるのであれば、英語学習の妨げになる可能性もあるので、オンライン型の英語コーチングスクールを検討することもおすすめします。

こんな人に、通学型の英語コーチングスクールがおすすめ

  • 英語コーチングスクールの通学に負担がない人
  • コーチからの直接アドバイスを受けたい人

オフライン(通学型)の英語コーチングは、これまでに英語学習を何度も挫折してきた人や、英語初心者で英語学習法が全くわからない人にとっては良いかもしれません。

やはり対面でのコンサルテーション(面談)を定期的に受けれることは、学習モチベーションの向上にも繋がるうえ、ミスコミュニケーションも生まれにくいでしょう。

オンラインサービスに比べて、オフライン(通学型)サービスは、料金が高額になる傾向が強いので、予算や時間に余裕があり、その分しっかり管理して欲しいという人にはおすすめです。

オンライン(通学不要)の英語コーチングスクール

英語コーチング スクール オンライン

オンライン型の英語コーチングスクールのメリットやデメリットを紹介します。

メリット/オンライン(通学不要)の英語コーチングスクール

オンライン(通学不要)の英語コーチングのメリットは、なんといっても通学が必要ないこと。

地方在住者だけでなく駐在員や海外永住者など、オンライン環境さえあれば、誰でも英語コーチングを受けることができます。

オンラインであれば通学が必要がなくなり、その時間を英語学習時間に割くことができるので、目標に向けて一直線に進むことができます。

オンラインサービスは、オフラインに特化している分、チャットサービスが手厚く、わからないことへの質問を先延ばしにする必要もありません。

デメリット/オンライン(通学不要)の英語コーチングスクール

オンライン(通学不要)の英語コーチングスクールは、対面でのコンサルティング(面談)がないので、仕事やプライベートでビデオチャットを利用しない人にとっては、負担になる可能性があります。

自宅にインターネット環境がない場合、「オンライン環境 + 落ち着いて話せる場所」を自分で手配しないといけません。

また、対面でのコンサルテーションや通学といった特別なイベントがないぶん、コーチングを受講しているという意識が芽生えにくい可能性があります。

オンライン(通学不要)の英語コーチングスクールで気をつけたいこと

ネット環境が整っているのか確認する必要があります。貴重なコーチとのレッスンもネット回線が切れてしまい、その復旧に時間を割いていては時間の無駄になります。

また時間や場所が自由なため、コーチが英語学習管理を徹底しているとはいえ、自己管理もある程度必要になります。

こんな人に、オンライン(通学不要)の英語コーチングスクールがおすすめ

  • 地方や海外在住で通学が困難
  • 時間や場所に囚われたくない
  • 通学時間や通学費をかけたくない

オンライン(通学不要)でも抵抗がない人は、料金が比較的安いオンラインの英語コーチングを利用し、同じ予算感でより長くサービスを利用するのがおすすめです。

また、オンラインは時間の拘束が少ないので、仕事が忙しいビジネスマンにも、もちろんおすすめです。

【英語コーチング】オンライン vs オフライン / アナタに最適な英語学習法は?

あなたに最適な英語コーチングスクールとは?/コーチングスクール vs 英会話スクール

英語コーチング スクール 最適

ここからは、英語コーチングスクールと英会話スクールを目的別で比較していきます

①目的別で英語スクールを選ぶ/コーチング vs 英会話スクール

英語コーチングをおすすめしたい人

  • 自己投資としての英語学習をはじめたい人
  • 受験勉強などで本気でなにかを学んだ経験がある人
  • 過去に英語学習で失敗したことがある人

目的が定まっている人にとっては英語コーチングを受講することはベストな選択になるでしょう。英語コーチングは成果を出すのに特化しているので、余計なことを考える必要はありません。とにかく、コーチが作成したカリキュラムをこなすことが大切で、必要な英語学習だけに集中することができます。

英会話スクールをおすすめしたい人

  • 英語を話す楽しさを体験することができる
  • 語学学習 + 異文化交流ができるチャンス
  • スピーキング力の向上に期待できる

日本人の多くが英語、特にスピーキングへの強い苦手意識を持っています。これを一番手軽に解消できるのが英会話スクールでしょう。全国各地にスクールがあり、価格やサービス内容もさまざまなので、自分の目的にあったスクールを見つけることができれば、素晴らしい英語体験ができます。「英語が好き」という気持ちが、英語力の成長を助けれてくれるでしょう。

効果が高い英語コーチングとは? 英会話やオンライン英会話、留学との違いを徹底考察

②期間別でスクールを選ぶ/コーチング vs 英会話スクール

英語コーチングのポイント

  • 多くのコーチングは2〜3ヶ月の期間固定型
  • サブスクリプション(月額固定)の出てきた
  • 期間の長さではなく、期間の学習濃度が重要

多くの英語コーチングは2〜3ヶ月の期間固定型で、短期間で集中して英語学習を実施して、目標達成まで一気に走りきるという設計がされています。

サブスクリプション(月額固定)型の場合は、もう少し柔軟に受講者の学習ニーズに対応をしていますが、基本的な考え方は一緒で、こちらも短期集中で仕上げることが多いようです。

基礎の構築やスコア取得などの明確な目標がある場合は、決められた期間で一気に片付けてしまう方が、目標達成の角度は上がるでしょう。

英会話スクールのポイント

  • 英語に触れる期間を長くすることで英会話を習慣化
  • そもそも英語を定着させるには1年以上の期間が必要?
  • 無理せずに楽しく続けることが英語上達には不可欠

英会話スクールは長期間の受講がおすすめです。「英語が必要だから勉強をする」という固い考えでは、なかなか実践的に使える英語力を習得することはできません。

英語は学問ではなく、言語であり、文化なので、ネイティブスピーカーや非日本語話者とのコミュニケーションを通してしか習得できないスキルもあります。

これらは一朝一夕で習得できるものではないので、週1回以上の英会話スクールのレッスンを1年以上受講するのが良いでしょう。もちろん、レッスンとは別に、予習と復習を自宅でするのは不可欠です。

英語は学習スケジュールを立てるのが大切! 英語コーチングが推奨する日々のスケジュールとは?

③予算別でスクールを選ぶ/コーチング vs 英会話スクール

予算別で英語コーチングスクールと英会話スクールを比較します。

英語コーチングの予算について

  • 月額費用は5万円〜17万円と大きな幅がある
  • 「体験」ではなく「成果」に対する価値という考え方
  • 結果が出れば収入があがり、自己投資のリターンを得られる

月額費用が5万円〜17万円と幅がありますが、実際におすすめできるのは10万円〜17万円のレンジです。

成果がでることによって、受講者の市場価値があがり、年収があがれば、費用のリターンを得られるというようなロジカルな考え方ができる人におすすめです。

スクールによっては成果が出なかった場合の保証があるコースも提供されています。

英会話スクールの予算について

  • レッスンや講師の選択によって価格が変動
  • 「成果」よりも「体験」を重視した考え方
  • 低価格なオンライン英会話も一緒に検討したい

オンライン英会話の登場によって、通学型の英会話スクールの料金も近年は大幅に下がってきました。なかには受け放題プランなどもあり、とにかくスピーキングをしたい人にはおすすめができます。

しかし、依然として英語力アップを期待できる良質な英会話スクールは、施設や設備、ネイティブ講師の給料などの経費がかさむため、受講料や入学金が高額です。

留学をせずに対面でネイティブの授業を受けることができる英会話スクールは魅力的ですが、目的をきちんと見据えたうえでの受講をおすすめします。

英語コーチングの料金は高すぎる? 相場や費用の内訳について解説

まとめ:結局、英語は学習時間がモノをいいます!

英語コーチング スクール 学習時間

米国国務省の機関FICの調査によると、日本人が英語を習得するには3,000時間が必要とされています。中学高校等で1,000時間の英語学習をした程で、残りの2,000時間の学習時間が必要ということです。

では英語コーチングスクールと、英会話スクールの1ヶ月あたりの合計学習時間 を比較してみましょう。

英語コーチングスクール : 90時間(1日3時間毎日行った場合)
通学型英会話スクール : 8時間(週2日1時間行った場合)

もちろん、英会話スクールの中でも宿題を出してくれるところがあったり、英会話スクールに通いながら自学自習で必要な学習時間を捻出している人もいます。しかし、多くの英会話のカリキュラムはそのように設計されていないのが事実のため、厳しく自己管理をする必要があります。

今回の記事の中では、英語コーチングと英会話スクールの比較をしてきましたが、その他にもさまざまな方法があります。しかし、どのような英語学習支援サービスを利用しても、残りの2,000時間の学習時間とどのように向き合うかが英語学習の成功の鍵となります。

逆に、コツコツと努力を積み重ねていくことで、確実に英語力は上達していきます。努力は裏切らないですし、英語が話せるとキャリアもプライベートも充実することが期待できるので、間違いなく英語は良い自己投資になるでしょう。

日本人の課題は4技能のバランスの悪さ! 第二言語学習理論に基づいた効率的でバランスの良い4技能学習とは?

迷った方はまずは無料のオンラインカウンセリングへ
イングリードでは英語コーチングについて理解を深めたり、
英語力診断を受けられる無料のオンラインカウンセリングを実施しています。

\プロカウンセラーによる無料英語力診断テスト付き/