TOEICは短期詰め込み型が良い! 英語初級〜中級者が英語コーチングでTOEICコースを選ぶべき理由


転職からのキャリアアップや昇進を狙うビジネスマンから新卒就活を控えた大学生など、日本人英語学習者の多くが英語力を計測するために利用している「TOEIC」。

TOEICの対策には「①テスト対策でスコアを上げる」「②英語力を上げてスコアも上げる」の2パターンが存在していますが、どちらも実は長期戦ではなく、短期詰め込み型でパッとやっつけてしまうのが効率的です。

TOEIC学習に関して、実は日本人に特化したメソッドが既に確立されています。最短で目標スコアに到達するための方法をこの記事では紹介していきます。

「TOEIC」と「英語コーチング」について

英語コーチング english

まずはTOEICと、TOEIC対策に最も効果的な英語学習支援サービスである「英語コーチング」について紹介していきます。

TOEICとは

TOEICとは国際コミュニケーション英語能力テスト(Test of English for International Communication)のことで、日常的な英語やビジネス英語の能力を測定することができます。

一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会(通称IIBC)によって、年10回・80都市で開催されており、TOEICの総受験者数は266万人を超える日本で最もスタンダードな英語資格として認知されています。

TOEICには「TOEIC® Listening & Reading Test」「TOEIC® Speaking & Writing Test」「TOEIC® Speaking Test」「TOEIC® Writing Test」の4種類のほか、初心者向けの「TOEIC® Bridge Test」を含めると合計5種類のテストが存在します。

現状の客観的な英語力を把握できるほか、昇進や転職に活かせる、英語の基礎構築ができる、ビジネス英語を身につけられるという理由から、英語学習者の多くが受験しています。

TOEIC配点の仕組みとTOEFL/IELTS/英検とのスコア換算について

英語コーチングとは

英語コーチングとは、英語の授業を提供するのではなく、英語学習支援をすることで、学習の効率化や学習時間の確保、学習モチベーションの維持をサポートします。

主な特徴は以下の通りです。

  1. 専任コーチが定期的なカウンセリングを実施
  2. 現在のレベルに合わせたカリキュラムの作成
  3. 目的に合わせたゴール設定と学習時間のシュミレーション
  4. 短期間での大幅な英語力向上やスコアアップを実現
  5. 英語学習を習慣化させることができる
英語コーチングは新たなステージへ! 利用者のニーズや問題に応えたコーチングを提供するENGLEAD(イングリード)
英語を習得するには合計3,000時間の学習時間が必要とされています。しかし、仮に半分の1,500時間を勉強しようと思った時に、毎日1時間の勉強をしても4年以上の歳月が必要になります。...

英語コーチングとTOEICの相性は抜群に良い

英語コーチング 相性

結論から言うと、英語コーチングとTOEICの相性は抜群に良いと言えます。なぜなら、TOEICは成果が数値化されるため、目標設定がしやすく、思ったような結果がでなかった時に、すぐに振り返りができるからです。

英語コーチングを利用すれば、第二言語学習理論に基づいた効率的な英語学習を実現できるため、伸び悩みによるモチベーション低下や、不要な悩みや不安による時間の無駄を省くことができます。

その他にも、英語コーチングとTOEICの相性が良い理由はあるので、順番に説明をしていきます。

TOEIC対策は3〜6ヶ月の短期集中型が良い

現在のレベルや目標スコアにもよりますが、TOEICの学習は3〜6ヶ月の短期詰め込み型がおすすめです。

特に初心者〜中級者で、受験英語を一度でもしっかりとインプットした人の場合、3ヶ月でもTOEIC300点以上の急激なスコアアップを狙うことができます。

中学・高校英語をきちんと勉強してこなかった人でも、3ヶ月あれば中級レベルを目指すことは可能で、TOEICスコアが上がるだけでなく、相対的に4技能が向上し、英語が話せる実感を得ることができるでしょう。

基礎構築は決して楽しい勉強ではありません。だからこそ、モチベーションが高い初期段階にまとまった時間を確保して、一気に片付けてしまうのが得策です。

また、英語コーチングサービスを利用することで、迷いなく英語学習に取り組むことができるほか、併走してフィードバックをしてくれるので、落ちこぼれることがありません。

英語コーチングは3ヶ月が最適? できることや効果的な学習方法を解説

TOEICを上げるにはレッスンよりも自習学習

TOEIC対策や英語の基礎構築は、地道な英語学習が必要になります。

英会話教室などでも英語力の向上は期待できますが、良質なインプットをするのは難しく、また学習時間も1クラス=1時間未満(マンツーマン の場合)なので、必要な英語学習時間を英会話教室だけで確保することは難しいでしょう。

目標スコア到達までに必要な英語学習時間は思っているよりも長く、机に向かって自習学習をすることこそが、最も近道だと言えます。

英語コーチングは自習学習の補助が主軸のサービスです。必要な学習時間の算出から、英語学習を無理なく取り入れるためのライフスタイルの提案までしてくれるので、仕事が忙しいビジネスマンでも効率的に英語学習に取り組むことができます。

社会人のTOEIC対策をレベル別で解説! 効率的に対策をして、今度こそ壁を越えよう

点数保証や英語コーチングの返金保証がある

英語コーチングのTOEICコースには、「○ヵ月で○○点アップ保証」「○点アップしなければ返金」などさまざまな魅力的な規約があります。

結果を出すために担当コーチも必死で指導をしてくれるため、意思が弱い人でも勉強せざるを得ません。

返金や保証にはいくつかの条件をクリアする必要がありますが、目標スコアと学習期間が一致するのであれば、「結果がでなかったらどうしよう?」と不安を感じることなく申し込みすることができます。

英語コーチングに高額課金をしたのに失敗した……を防ぐために知っておいて欲しいこと

初級者(TOEIC 600点未満)に英語コーチングのTOEICコースを勧める理由

toeic 600

ここからは英語コーチングを進める理由をTOEICのレベル別に紹介します。まずは初級者(TOEIC 600点未満)から説明していきます。

やれば確実に成果が出るので成功体験を積み重ねられる

英語初級者(TOEIC600点未満)は、英語を勉強する習慣がなく、モチベーションが下がったときや、仕事で疲れたときは勉強しない1日を過ごしてしまいます。

しかし英語(TOEIC)は勉強すれば確実に成果が出ます。そしてその成功体験が自信やモチベーションにつながります。

英語コーチングでTOEICコースを短期集中で受講することで、自分に合ったカリキュラムや続けやすい勉強方法を知り、英語学習を習慣化することが可能です。

習慣になれば「英語を勉強していない状態が異常」と思うようになり、自主的に学習ができます。

その結果、TOEICのスコアによって成果がわかり、「スコアが上がったと成功体験を積める」→「勉強の意欲がさらにあがる」というサイクルが完成します。

TOEIC600点で何ができる? 各パートの対策やおすすめの勉強方法を紹介

TOEIC対策は英語初心者の基礎構築につながる

TOEICは英語力測定テストのグローバルスタンダードとして世界約160ヶ国で実施・活用されている試験です。

知識や教養としての英語ではなく、ビジネスシーンや日常生活における実践的な英語コミュニケーション能力を測定することを目的に開発されています。

つまり、TOEIC対策をすれば日常会話とビジネス英語の基礎を構築することができるのです。

とは言え、でたらめに勉強をしてもTOEICのスコアは上がらないどころか、英語の基礎構築もできません。

自分の弱点を客観的に指摘してもらったうえで、問題解決方法を提示してくれる英語コーチングサービスを利用すれば、無駄のない効率的な英語学習が可能になります。

英語学習初心者の方が必ず躓く3つポイントと英語コーチングをオススメする理由

中級者(TOEIC 800点未満)に英語コーチングのTOEICコースを勧める理由

toeic 800

下記の表は一般社団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会(以下IIBC)が発表した2018年度の受験者数と平均スコアです。TOEIC545点以下までは人数が増えている傾向にありますが、それ以上の点数は人数が減っています。

toeic データ

この結果から、TOEIC545点までは比較的点数が取りやすいものの、それ以上のスコア帯は人数が減っているため難しくなることがわかります。

そこで利用したいのが英語コーチングです。英語中級者(TOEIC800点未満)に英語コーチングのTOEICを勧める理由は以下の通りです。

TOEIC 600点以上は自力で英語学習をしても伸びにくい

TOEIC600点までは「なんとなくこうかな」という、TOEICのクセを掴んでおけば取れる問題で正解数を稼ぐこともできますが、中級以上になると通用しません。また大学受験などで勉強する習慣が身についている場合、独学でもTOEIC600点までは点数を上げることが可能です。

しかし、点数が伸びなくなってくるにつれてモチベーションが低下したり「このままの勉強で大丈夫なのか」と不安に陥ることもあります。

英語中級者が英語コーチングでTOEICコースを受けることで、専属コーチがTOEICの点数が停滞している原因を見つけ「自分に足りなかったもの」を教えてくれます。その結果、躓くことなく目標達成まで一気に駆け抜けることができます。

TOEIC800点でグローバル人材に! 一流のビジネスパーソンになるなら英語はもっとも有効な自己投資

TOEIC 800点を取得すればキャリアの選択肢が一気に広がる

IIBCが発表した「上場企業における英語活用実態調査 2013」では、「TOEICスコアを要件にしている」と回答した会社と「TOEICスコアを要件にはしていないが、将来はそうする可能性がある」と回答した会社の合計が、60%を超える結果になりました。

toeic 参考

参考:IIBC「上場企業における英語活用実態調査」

上記の右側にある「昇進・昇給要件スコア」では平均のスコアが500点台となっています。現在は更に外資系企業の日本進出、日系企業の海外進出が盛んなため、平均のスコアが上がっていることでしょう。

上記の結果からTOEIC800点を取得することで、同僚や同じポジションを狙うライバルと差を付けることができ、キャリアの選択肢を一気に広げることが可能なことがわかります。

しかしライバルと差をつけるためにプライベートの時間を全てTOEICの勉強に使うわけにはいきません。英語コーチングのTOEICコースを受けることで、効率よくスコアアップできるため、目標点数に早く到達することができます。

そのため目標点数到達後にしたかったことに、早く取り掛かることができるなど、時間を有効活用することが可能です。

転職を有利に進めたいならTOEIC! 企業がTOEICを重視する理由と転職に必要なスコアとは?

TOEIC 900点以上の場合は英語コーチングでなにを受講すべきか?

toeic 受講

TOEIC900点以上の英語上級者は英語コーチングでTOEICコースを受ける必要はありません。

しかし、TOEICでハイスコアを取得後の次の目標や勉強法を見失っている人や、自分自身の英語に問題があるのはわかるが、どうしていいかわからない人にも英語コーチングはおすすめです。

上級者だからこその悩みを英語コーチングで解決しましょう。

TOEIC900点でグローバルキャリアを築く! ビジネスで成功するなら英語力で差をつけろ

TOEIC S&WやIELTS、TOEFLでスピーキングやライティングも伸ばす

一般的にTOEICと呼ばれる試験は「TOEIC® Listening & Reading Test」のことを指し、リスニング力とリーディング力を測ります。

TOEIC L&Rでハイスコアを取得したら、TOEIC Speaking & WritingやTOEFL(正式名称:Test of English as a Foreign Language)、IELTS(正式名称:International English Language Testing System)の試験でスピーキングやライティングを伸ばすことをおすすめします。

TOEIC L&Rでもスピーキングやライティングの基礎を構築することは可能ですが、ビジネスの場で使用する場合、TOEIC S&Wがより実用的な内容となっているため、勉強することでその知識が即戦力となるでしょう。

TOEIC配点の仕組みとTOEFL/IELTS/英検とのスコア換算について

ビジネス英語など、英語上級者の目的に合わせたカリキュラムを組んでもらう

英語コーチングで目的に応じたカリキュラムを作成してもらうことで、マンネリ化してきた英語の勉強法に新しい風が入り、より新鮮味をもって英語を勉強することができます。

また、英語コーチングで作成するカリキュラムは、英語勉強のプロが作成するため、独学で勉強を進めるよりも、効率的にかつ的確に目的を達成するための勉強カリキュラムを教えてくれます。

「TOEICでハイスコアを取ったから、もう英語の勉強はいい」と思わず、英語コーチングを利用しビジネスの場で通用する英語力を身につけましょう。

ビジネス英語なら英語コーチングが最適? これまで英会話で挫折した人にこそ挑戦して欲しい3つの理由

TOEIC点数保証がある英語コーチングの落とし穴

toeic 落とし穴

英語コーチングのTOEICコースを勧めてきましたが、「TOEIC点数保証」「未達成の場合返金」と書かれた英語コーチングには注意が必要です。

もちろん英語コーチングに申し込むだけではTOEICの点数は上がりません。英語コーチングで作成されたカリキュラムの通りに、時間を使って英語を勉強しなければなりません。

しかし、「英語を真剣に勉強したい」 と考えて申し込む受講者がはまりやすい落とし穴もあるので、申し込む前に下記の3点は把握しておきましょう。

そもそも保証されている点数の水準が低い

TOEICはマークシート形式のため、低スコア帯の場合は100点ほどのブレがあってもおかしくありません。「3ヵ月で200点UP保証」などを謳っている場合、それは何点から何点の100点UPなのかを知っておく必要があります。

また、英語コーチングをはじめる前のレベルチェックテストが、異常に難しく設計されており、そのスコアが初期スコアとして計算されてしまう可能性もあります。

公式TOEICスコア、または市販のTOEIC模試教材を利用した方法で、スコア算出している英語コーチングサービスは信頼することができるでしょう。

返金ではなく数週間の無料延長のケース

設定期間内に目標が達成できなかった場合の保証が返金ではなく、無料延長の場合があります。その場合、なにが延長の対象に入っているのかを確認する必要があります。

コーチングサービスは無料で延長されるけれど、チャットサポートやオプションの英語クラスなどは別途料金が必要などのケースもあります。

英語コーチングの解約規約/契約書をよく読んで事前にトラブルを回避しよう

まとめ:英語コーチングでTOEICコースはおすすめ

toeic ビジネスマン

英語コーチングでTOEICコースを受講するメリットは、英語の基礎を構築しながらTOEICのスコアを上げるだけではありません。TOEICの勉強をすることで英語の基礎構築ができるほか、ビジネスに必要な語彙を増やしていくことも可能です。

英語コーチングのコーチは、さまざまな方法で英語学習のサポートをするので、自分1人だけで英語を勉強しているのではないと実感させてくれます。

TOEIC対策だけでは英語4技能の向上につながらないと言われますが、良質なインプット学習をしなければ、アウトプットはできません。自分の知識にないものは、聞いても理解できず、会話も成り立たないでしょう。

英語コーチングのTOEICコースで、必要な英語の基礎とTOEICスコアを短期間で習得し、グローバル人材として、ビジネスの場で使える英語を身につけましょう。

英語コーチングは新たなステージへ! 利用者のニーズや問題に応えたコーチングを提供するENGLEAD(イングリード)
英語を習得するには合計3,000時間の学習時間が必要とされています。しかし、仮に半分の1,500時間を勉強しようと思った時に、毎日1時間の勉強をしても4年以上の歳月が必要になります。...

関連記事

迷った方はまずは無料のオンラインカウンセリングへ
イングリードでは英語コーチングについて理解を深めたり、
英語力診断を受けられる無料のオンラインカウンセリングを実施しています。

\プロカウンセラーによる無料英語力診断テスト付き/