英語コーチング ビジネス

ビジネス英語なら英語コーチングが最適? これまで英会話で挫折した人にこそ挑戦して欲しい3つの理由


人口減少により日本国内の市場が急速に縮小していくなか、約6割の日本企業が今後の海外進出に拡大意欲を持っていることがジェトロ(日本貿易振興機構)の調査によって明らかになりました。

逆にIT企業や製造業では外国人の採用を積極的に取り入れており、日本国内の日系企業で働いていたとしても、ビジネス英語が必須スキルとなる日はそう遠くないと言えるでしょう。

実際にビジネス英語を話すことができる英語人材の市場価値は確実に高まっており、エンワールド・ジャパンの調査によると、英語力を有しているバイリンガル求職者の平均給与が20代で約1.5倍、30代で約1.7倍、40代以上では2倍以上の差が出たことが報告されています。

今回の記事では、これまで難しいとされていた日本国内でのビジネス英語の学習方法から、ビジネス英語の学習失敗パターン、ビジネス英語と合わせて習得したい知識やスキルなどを紹介していきます。

ビジネス英語を習得するには英語コーチングが最適?

英語コーチング ビジネス 最適

これまで、ビジネス英語を専門的に教えることができる英会話スクールは数少なく、ビジネス英語を習得するには高額な受講料を支払って、専門的なトレーニングを受けたネイティブ講師のマンツーマンクラスを受講するしかありませんでした。

しかし、英語コーチングの登場によって状況が変わりました。自学自習を中心としたオーダーメイドの学習カリキュラムをこなすことによって、仕事で忙しいビジネスマンであっても、効率的なビジネス英語の習得が可能になりました。

詳細は下記のページで解説していますので、こちらも合わせてご一読ください。

【英語コーチング】目的別!おすすめの英語コーチングスタイルまとめ

そもそもビジネス英語とは?

英語コーチング ビジネス とは

ビジネス英語とはビジネスシーンに最適化された英語のことです。具体的には以下のようなシチュエーションで使用されます。

  • メール対応
  • 電話対応
  • 来客・接客対応
  • 商品・サービス紹介
  • 会議・商談・プレゼンテーション
  • 海外出張
  • パーティーでの挨拶

基本的にビジネス英語は、中学・高校で習った英文法をベースにしつつ、シーンごとの頻出英語表現や専門用語の語弊をインプットすることで対応することができます。

つまり、ビジネス英語はアウトプット学習こそが効果的というイメージがありますが、同じくらいインプットも大切なのです。

ビジネス英語ができると広がる可能性

英語コーチング ビジネス 可能性

ビジネス英語が使えるようになると、さまざまなメリットがあります。

ビジネス英語のメリット①/ビジネスステージが上がる

ビジネス英語ができると、日本国内のマーケットではなく、海外のマーケットを視野に入れたビジネスを展開できるようになります。

今後、多くの日本企業は海外進出することが予想されますが、グローバル人材不足などの問題を抱えており、海外進出を検討していても踏み切れない企業があるのが事実です。

海外でビジネスを展開する場合、先行者有利になる傾向が強いので、今のうちにビジネス英語を習得しておけば、ビジネスステージを上げることができるでしょう。

ビジネス英語のメリット②/収入が上がる


参照:https://news.mynavi.jp/photo/article/20131112-a218/images/001l.jpg

エンワールド・ジャパンの調査によると、英語力を有しているバイリンガル求職者の平均給与が20代で約1.5倍、30代で約1.7倍、40代以上では2倍以上の差が出たことが報告されています。

ビジネス英語を話すことができる英語人材の市場価値は確実に高まっており、英語力が直接的に年収に繋がっていることがデータからわかります。

ビジネス英語のメリット③/チャンスが広がる

ビジネス英語ができることによって得られるメリットは年収アップだけではありません。仕事での自分の希望を叶えやすくなるでしょう。

例えば海外出張や駐在など、英語を使う重要な仕事を任される可能性は増え、仕事にやりがいを感じられるようになります。

ビジネス英語の習得によって、選択肢が増えていき、キャリアのチャンスは大きく広がっていきます。

ビジネス英語のメリット④/ライフステージが上がる

ビジネス英語を習得できれば、仕事でさまざまな経験を積むことができます。海外出張や駐在、外国人との仕事を通して、自分自身の人生観などにも大きな影響を及ぼすでしょう。

ビジネス英語ができる、ビジネス英語ができないによって、人生の経験値は大きく変わり、ビジネス英語ができれば仕事だけでなく私生活も充実していくかもしれません。

英語ができないと昇進は無理? 英語力の差が生涯年収を大きく左右する時代

ビジネス英語とは「4技能の基礎」×「クロスカルチャー・マネジメント」

クロスカルチャー・マネジメントとは?

クロスカルチャーマネジメントとは、国籍や民族、宗教など、チーム内の文化の違いをイノベーションに変え、ビジネスをマネジメントすることです。

グローバル化により多国籍なスタッフが同じ環境下で仕事をすることが増えてきました。異文化を持つ者同士がそれぞれのバックグラウンドに向き合い理解することで、プロジェクトに適応したプロジェクト・カルチャーを創造し、組織全体のパフォーマンスの最大化をはかることができるようになります。

これからの時代、クロスカルチャー・マネジメントの考えは、ビジネス英語と同じくらい、またはそれ以上に必要になっていくでしょう。

海外駐在に必要な英語力とは? 駐在を目指す人、駐在が決まった人、駐在をしている人に必要な勉強法を解説

なぜ英語の基礎が重要になるのか?

ビジネス英語と聞くと、英語ネイティブの外国人と対等にやりとりする姿を想像する人が多いでしょう。

しかし、ビジネスにおける英語とは世界語として利用されている英語のことを指します。つまり、第二言語として英語を話す人とビジネスをすることが必要になるのです。

ネイティブのような言い回しのクールな英語表現を覚えることで信頼を獲得できることもありますが、それよりも誰にでも意思を伝えることができる基礎を徹底することの方が遥かに大切です。

伝わる英語こそが、価値のあるビジネス英語です。

日本人の課題は4技能のバランスの悪さ! 第二言語学習理論に基づいた効率的でバランスの良い4技能学習とは?

ビジネスで必要とされる英語の4技能とは?

ビジネスで必要とされる英語の4技能について解説します。

ビジネスで必要になる英語の4技能とは?

ビジネス英語のリスニング(聞く力)

実はビジネス英語で最も大切なのはリスニング能力です。

会議やプレゼンテーションに出席して聞き取れない、参加者からの質問の意図が理解できないといった場合、パニックに陥ってしまうこともあります。

また、間違った理解をしてしまうと取り返しのつかないことになるかもしれません。

聞き取りの力、意味取りの力を身に付けておく必要があります。

リスニングが上達しない? リスニングの要素と効果的な学習について解説

ビジネス英語のリーディング(読む力)

ビジネス英語の4技能の中では、最もハードルが低いのがリーディングです。英語の基礎が構築されている前提にはなりますが、時間をかければ英語の資料や文献、メールなどの内容をざっくりと理解することはできます。

また、機械翻訳の精度も急激に向上しているので、ゼロ英語の人でも英文が理解できる世の中はそう遠くないかもしれません。

しかし、機械翻訳の登場で英語中心主義が加速するとも考えられています。特にITの分野ではその傾向が強く、一部の作業が英語に置き換わるのではなく、多くの作業が英語に置き換わっていく可能性があります。

そうなった場合、英語を使いこなせる人材の価値はますます高まっていくでしょう。

英語リーディングを早く・正確にしてライバルを圧倒しよう! 社会人が隙間時間を活かして取り組める勉強法を紹介

ビジネス英語のスピーキング(話す力)

プレゼンテーションや商談など、ビジネスでは必ずスピーキングが必要になります。また、海外のビジネスではパーティーや会食などでの立ち振る舞いも重要で、TPOに合わせた英語表現を覚えなくてはいけません。

多くの日本人が苦手意識を持っている技能で、スピーキングにコンプレックスを抱えている人は少なくないでしょう。しかし、ビジネスの分野の専門的知見があれば、カジュアルな日常会話よりもビジネス英語の方が難易度は低かったりもします。

スピーキングにコンプレックス? 日本人の弱点である英語スピーキングの問題点を分析

ビジネス英語のライティング(書く力)

ビジネス英語のライティングは主に英文での書類作成やメールの返信などで必要となるスキルです。

社内伝達に関しては、伝わる、伝わらない、といったレベルでも問題はありませんが、外国人顧客とのコミュニケーションや提案資料はネイティブレベルのビジネス英語が必要になります。

最も習得に時間がかかる技能と言えます。

ビジネスにおける英語ライティングの重要性! ライティングの基礎的なルールと伸ばすための勉強法を解説

ビジネス英語が必要になるシーン

英語をつかってプレゼンと質疑応答

プレゼンテーションは事前に文章を作成し何度も繰り返し練習をすれば、なんとか形にはなりますが、プレゼンテーションの最後に質疑応答の時間があります。

あらかじめ想定される質問内容を考え、答えを用意しておくことも大切ですが、想定外の質問に回答できるようになるためには、応用力も身につけておく必要があります。

英語で進行されるビデオ会議

最近はオンラインのビデオ会議の機会も増えてきました。対面コミュニケーションよりも情報量が減るので、一度置いていかれてしまうと、なかなか内容をキャッチアップすることができません。

特に複数人が参加するビデオ会議の場合は、正確に理解したり、意思を伝えるための高い英語力が必要になります。

就職活動をする場合は英語面接も必要?

英語を使う仕事の求人に応募する場合、英語面接が実施されることは少なくありません。英語面接は日本語面接とはかなり違い、日本語面接の対策で用意した回答を英訳して使うのは効果的ではありません。

英語面接がある場合は、英語面接の対策を別でする必要があります。

就職戦争に勝つならTOEICを上げろ! なぜ企業はTOEICハイスコア保持者に熱い視線を送るのか?

ビジネス英語の学習失敗パターンとは?

英語コーチング ビジネス 失敗

ビジネス英語が話せれば大きなチャンスを掴める可能性は広がるものの、ビジネス英語の習得は簡単ではありません。実際に多くの人がビジネス英語の習得に失敗しています。ここでは、間違ったビジネス英語の学習パターンについて紹介します。

能力や目標を数値化しなかったため、途中経過が見えない

ビジネスと英語学習は同じです。KPIを設定してPDCAサイクルを回していくことにより、自分に合った効率的な英語学習が可能になります。そのためには、自分の英語力を数値化し、目標までの距離を可視化することが大切です。

闇雲にビジネス英語の勉強をしても、成果が見えないと学習モチベーションを保つことは難しいでしょう。

インプットしたビジネス英語を実践で使える環境が少ない

ビジネス英語を学習している人の中には「必要に差し迫られて勉強している人」と「将来を見越して自己投資として勉強している人」の2パターンが存在します。

必要に差し迫られてビジネス英語を勉強している場合、アウトプットの機会があるうえに、目的の解像度が高いので、正しい英語学習を実践すれば、ビジネス英語がどんどん身についていくでしょう。

しかし、将来を見越して自己投資としてのビジネス英語を勉強している場合、アウトプットの機会に恵まれずに苦労してしまうケースがあるようです。

基礎を飛ばしてビジネス英語だけに集中することはできない

ビジネス英語とはビジネスシーンに最適化された英語のことですが、ベースは中学・高校で習った英文法になります。

英文法を正しく使うことがなによりも大切なため、考え方によっては日常会話よりも簡単と言えるでしょう。

逆に、基礎英語力がない場合はビジネス英語を習得することができません。できればTOEIC800点クラスの基礎を構築してから、ビジネス英語の学習をはじめる方が効率的です。

普通の英会話スクールや語学学校ではビジネス英語の習得が厳しい

日本国内での英会話スクールや留学先の語学学校で英語学習をする場合、英語を話せるようになっても、ビジネス英語が話せるようになるかは定かではありません。

ビジネス英語を教えることができるのは、ビジネス経験が豊富な講師です。しかし、本当にビジネス経験が豊富な人が英語講師としてクラスを持つことは稀で、もし受講できたとしても料金は高額になるでしょう。

また、英会話スクールや語学学校のクラスを受講するだけでは、圧倒的に学習時間が足りないことも問題です。

英語コーチングに高額課金をしたのに失敗した……を防ぐために知っておいて欲しいこと

まとめ:ビジネス英語の習得には英語コーチングがおすすめ!

英語コーチング ビジネス おすすめ

ビジネス英語の習得を目指す多くの人は30代〜40代のビジネスマンでしょう。しかし、年齢を重ねてからの英語学習はそう簡単にはいきません。

それには、①インプットに限界がある、②学習時間を確保できない、 という2つの理由がありますが、英語コーチングならそれらの問題を乗り越えることができます。

英語コーチングは仕事に忙しいビジネスマン向けに設計された英語学習支援サービスで、第二言語学習理論に基づいた効率的な英語学習法を提案しています。

学習カリキュラムはオーダーメイドで作成されるので、「TOEIC」「スピーキング」「ビジネス英語」「英会話」など、利用者が持つさまざまな目的に対応することが可能です。

また、オンライン英会話などと組み合わせることで、バランスよくインプット学習とアウトプット学習を両立することができます。

英語コーチングは新たなステージへ! 利用者のニーズや問題に応えたコーチングを提供するENGLEAD(イングリード)
英語を習得するには合計3,000時間の学習時間が必要とされています。しかし、仮に半分の1,500時間を勉強しようと思った時に、毎日1時間の勉強をしても4年以上の歳月が必要になります。...

関連記事

迷った方はまずは無料のオンラインカウンセリングへ
イングリードでは英語コーチングについて理解を深めたり、
英語力診断を受けられる無料のオンラインカウンセリングを実施しています。

\プロカウンセラーによる無料英語力診断テスト付き/