英語コーチング おすすめ

【英語コーチング】目的別!おすすめの英語コーチングスタイルまとめ


若いビジネスマンから注目されている英語学習支援サービスの「英語コーチング」。多くの企業がサービスを展開する中、さまざまなスタイルが生まれ、よりニーズにマッチしたサービスを受講できるようになりました。

しかし、それは裏を返せば、自分に合わないサービスを選んでしまうリスクを孕んでいることにもなります。

今回は、「ビジネスマン」「大学生」「テスト対策」「スピーキング対策」など、さまざまな視点から、おすすめのコーチングを紹介していきます。

英語コーチングがおすすめな理由

英語コーチング おすすめ 理由

英語コーチングは、どんな目的を持っている人にも、おすすめができるサービスと言えます。ここでは英語コーチングがおすすめな理由を4つ紹介します。

英語コーチングがおすすめの理由①/間違いなく英語力が向上する

英語コーチングのコーチが作成した学習カリキュラムを、きちんとこなせば確実に英語力は向上します。

第二言語習得理論を熟知したコーチは、成果を出すためにあらゆる最新の英語学習法を研究し、その中から最も受講者にあった学習法を提案します。

間違った努力をすることなく英語が上達するので、失敗を恐る必要がありません。むしろ、英語コーチングを利用して成果が出なかった時には、スパッと諦めることをおすすめします。

効果が高い英語コーチングとは? 英会話やオンライン英会話、留学との違いを徹底考察

英語コーチングがおすすめの理由②/短期間で成果につながる自分専用のカリキュラム

英語コーチングとは、英語講師とは違いレッスンの提供はしません。しかし、学習スケジュールやカリキュラムの作成、日々の学習進捗状況についてのアドバイスを専門的に担当してくれます。

コーチングがはじまる前には、キックオフカウンセリングとレベルチェックテストが実施され、その結果をもとに、現在の英語力と目標までの距離を算出し、1日に必要な英語学習時間や学習量をまとめたカリキュラムを作成してくれます。

効率化を徹底的に追求したフローで進行されるので、無駄がなく、短期間でも成果に期待ができます。もし、目標と想定される学習時間が合わない場合は、コーチングをはじめる前に、「それは無理です」とはっきりと言ってもらえます。

英語は学習スケジュールを立てるのが大切! 英語コーチングが推奨する日々のスケジュールとは?

英語コーチングがおすすめの理由③/自学自習の習慣が身に付く

英語学習は継続が大切です。しかし、その継続ができないからこそ途中で挫折してしまう人が多くいます。英語コーチングは英語学習に失敗してきた人でも、挫折することなく学習を継続できる仕組みがあるので、おすすめです。

サービスを利用するだけで、自然と学習習慣を身につけることができるので、コーチング期間が終了した後でも、自力で英語力を向上させていくことができるでしょう。

1ヶ月からでも申し込みが可能! 短期の英語コーチングに期待できること・できないこと

英語コーチングがおすすめの理由④/質問があればすぐに聞ける

英語を学習中に、なにか疑問があっても解決する前に忘れてしまう場合や、曖昧な理解のまま進んでしまうことがあります。

しかし、英語コーチングではLINEなどのチャットアプリケーションを使い、日々の学習進捗や疑問を報告する仕組みになっているので、わからないことはすぐに質問することができます。

もちろん、日々の課題に対してのフィードバックがもらえるので、間違いがあった場合は即座に軌道修正がされるので、特に英語初心者には英語コーチングがおすすめです

ビジネスマンにおすすめの英語コーチングスタイル

英語コーチング おすすめ 成功

外資系企業による買収、海外転勤、海外進出など、意図しなかったタイミングで、英語が必要になる可能性もあります。そのような時でも、短期間で成果を残せるのが英語コーチングです。具体的にビジネスマンの方がどのような場面で、英語を必要としているかを見ていきましょう。

キャリアアップや転職対策に英語コーチングはおすすめ

これまでは英語が話せる人は、「市場価値の高い人材」とされていましたが、近年の企業や市場のグローバル化に伴い、英語が話せない人は「市場価値の低い人材」となる時代が、すぐそこまで来ています。

転職や海外転勤などのキャリアアップを狙っている人もいれば、将来への危機感を抱いて英語学習をはじめる人もいます。具体的にはTOEIC 800点があれば安心、TOEIC 600点あれば急な環境変化にも対応できるといった感じでしょう。

英語コーチングでは英語が初心者の人でも、英語コーチが自分にあったカリキュラムやスケジュールを組んでくれるので、自分のペースで学習できるのでおすすめです。

英語ができないと昇進は無理? 英語力の差が生涯年収を大きく左右する時代

仕事で使えるビジネス英語に英語コーチングはおすすめ

英語でのプレゼンやメール対応、電話対応など、ビジネスシーンで使われる英語を習得するのは大変です。特に、日本では英語中級者向けの教材や学習方法は確率されていますが、ビジネス英語に関する情報は少ないと言えるでしょう。

独学で習得するのが難しいのなら、英語のプロに任せるのがおすすめ。英語コーチングでは、オーダーメイドでカリキュラムを作成してくれるので、想定されるシーンに合わせたビジネス英語に絞った学習も可能です。

ビジネス英語の習得と言うと、やはりアウトプットを中心とした学習をイメージする人は多いと思いますが、本当に大切なのはインプット学習で、良質なインプットの上にアウトプットがあることを忘れはいけません。

ビジネス英語なら英語コーチングが最適? これまで英会話で挫折した人にこそ挑戦して欲しい3つの理由

大学生におすすめの英語コーチングスタイル

英語コーチング おすすめ 大学生

多くの英語コーチングはビジネスマンの英語学習に最適化されています。年齢を重ねてからのインプット学習の負担は重く、特に仕事を掛け持ちの場合は十分な学習時間を確保できないので、学習効率を極端にあげる必要があるからです。

では、比較的に時間に余裕があって、柔軟にインプット学習ができる学生の場合はどうでしょうか? もちろん、学習効率を徹底的に追求した英語コーチングを利用すれば、ビジネスマン以上に英語力を急上昇させるポテンシャルを持っているで、おすすめすることができます。

就職活動に英語コーチングはおすすめ

企業の多くは英語力の高い求職者を高く評価しており、社内公用語が英語というところもあります。新卒の就職活動の場合、特に文系などの専門スキルがない人の場合は、英語力くらいはないと勝負することができないでしょう。

しかし、心配する必要はありません。英語コーチングを利用すれば、留学などに比べると低価格で効率的な英語学習を実現することができるので、半年ほど期間があればゼロ英語からでも履歴書に書けるレベル以上のTOEICスコアを目指すことができます。

これからの時代、英語を習得しておいて損することは絶対にないので、大学1年生〜2年生の間に、はやめに取り組んでおくことをおすすめします。

就職戦争に勝つならTOEICを上げろ! なぜ企業はTOEICハイスコア保持者に熱い視線を送るのか?

効率よく学習を進めたい大学生に英語コーチングがおすすめ

大学生活は論文や課題に追われる日々かもしれません。それにアルバイトをして生計を立てている人もいるでしょう。しかし、大学生活の後は、大半の人が企業に勤め始めることになります。就職活動を円滑に進めいていくには、早い段階からの準備がおすすめです。

英語コーチングはコーチと二人三脚で進めていくものですが、学習の中心は自宅での自学自習になります。受験勉強を経験している大学生にとって、1日3時間の英語学習はそこまで大きな負担にはならないでしょう。

きちんとコーチが作成したスケジュールとカリキュラムに沿って学習を進めれば、3ヶ月でTOEICを200点以上アップさせることも夢ではありません。

英語コーチングは3ヶ月が最適? できることや効果的な学習方法を解説

テスト対策におすすめの英語コーチングスタイル

英語コーチング おすすめ 手パーソルプレゼンス テスト

TOEICや英検、TOEFL、IELTSなどのテストと英語コーチングの相性は抜群に良いと言えるでしょう。英語コーチングなら、短期間でも定量的なスコアアップが狙えるうえに、キャリア相談などにも乗ってもらえる場合があります。

ここでは、テスト対策におすすめの英語コーチングを解説します。

昇進・昇給でスコアが必要になるケース

参考:IIBC「上場企業における英語活用実態調査」

結論から言うと、英語コーチングとTOEICの相性は抜群に良いと言えます。なぜなら、TOEICは成果が数値化されるため、目標設定がしやすく、思ったような結果がでなかった時に、すぐに振り返りができるからです。

IIBCが発表した「上場企業における英語活用実態調査 2013」では、「TOEICスコアを要件にしている」と回答した会社と「TOEICスコアを要件にはしていないが、将来はそうする可能性がある」と回答した会社の合計が、60%を超える結果になりました。

上記の結果からTOEIC800点を取得することで、同僚や同じポジションを狙うライバルと差を付けることができ、キャリアの選択肢を一気に広げることが可能なことがわかります。

履歴書に書けるのはTOEIC600点は真っ赤な嘘? 就職・転職活動で評価されるスコアについて解説

スピーキングを強化したい人におすすめの英語コーチングスタイル

英語コーチング おすすめ スピーキング

英会話スクールにいけばスピーキング力が伸びると思われがちですが、おすすめなのがまずはインプット学習。良質なインプットで築いた基礎のうえに、スピーキングは成り立っています。

ビジネスで通用するスピーキング力

多くの人が英語学習を始める際に、英会話スクールに通って、とにかくネイティブと話そうと考えます。英会話教室では英語を第一言語とするネイティブ講師も在籍していますが、クラスを受講するだけでは英語力を伸ばすことはできないので、おすすめできません。

特に格安英会話の講師は料金が高額にも関わらず、ネイティブスピーカーではなかったり、日本の大学で留学をしているアルバイト講師の場合があります。このような講師からビジネスで通用する英語を学ぶのは難しいでしょう。

「ビジネスシーンで使える英語を学びたい」と言っても、業界によって使う言葉が違ったり、必要なシチュエーションもそれぞれです。つまり、まずは目的を定めて、そこから必要な英語学習方法やスケジュールを割り出していく必要があります。

また、ビジネス英語は日常会話の上のレイヤーにあるものと思われていますが、実は中学・高校で並ぶ英文法をベースとしたものに専門的が語弊を足したものがビジネス英語です。もちろん場慣れも必要ですが、基礎を固めることで応用力が上がります。その基礎を固めるには反復学習がおすすめです。

スピーキングにコンプレックス? 日本人の弱点である英語スピーキングの問題点を分析

英語学習に失敗してきた人へのおすすめ英語コーチングスタイル

英語コーチング おすすめ 挫折プレゼンス

今まで幾度となく英語学習を失敗してきた人の最後の砦となるのが英語コーチングです。英語学習に失敗する1番の理由は継続して英語学習に取り組むことができないことでしょう。

おそらく毎日英語学習をすれば確実に英語力を伸ばすことができるポテンシャルを持っている人が大勢いるにもかかわらず、英語学習方法が間違っていたり、モチベーションの維持ができない場合がほとんどです。

これが最後の英語学習にしたい人には英語コーチングが極めて効率的かつモチベーションを維持しながら英語学習に取り組むのにおすすめの英語学習方法と言えます。

英語コーチングに高額課金をしたのに失敗した……を防ぐために知っておいて欲しいこと

英語コーチングの解約規約/契約書をよく読んで事前にトラブルを回避しよう

まとめ:本気で英語をマスターしたいなら英語コーチングがおすすめ

英語コーチング おすすめ 人生

これから英語学習を始めようとしている社会人や、もう英語学習に失敗したくない人には英語コーチングがおすすめです。英語コーチングのなかでも、短期集中型やサブスクリプション型などさまざまなタイプに分かれているので自分のライフスタイルに合う英語コーチングを選ぶのがいいでしょう。

英語コーチングの費用は決して安くはありませんが、カリキュラムに沿ってきちんと学習をすれば、必ず成果に繋がります。

現在はさまざまなスタイル、価格帯の英語コーチングがあるので、下調べをしたうえでいくつか無料体験をしてみて、自分に最もフィットした英語コーチングを見つけることをおすすめします。

英語コーチングは新たなステージへ! 利用者のニーズや問題に応えたコーチングを提供するENGLEAD(イングリード)
英語を習得するには合計3,000時間の学習時間が必要とされています。しかし、仮に半分の1,500時間を勉強しようと思った時に、毎日1時間の勉強をしても4年以上の歳月が必要になります。...

関連記事

迷った方はまずは無料のオンラインカウンセリングへ
イングリードでは英語コーチングについて理解を深めたり、
英語力診断を受けられる無料のオンラインカウンセリングを実施しています。

\プロカウンセラーによる無料英語力診断テスト付き/