英語コーチング 1ヶ月

英語は学習スケジュールを立てるのが大切! 英語コーチングが推奨する日々のスケジュールとは?


英語を習得するには合計3,000時間の学習時間が必要とされています。しかし、仮に半分の1,500時間を勉強しようと思った時に、毎日1時間の勉強をしても4年以上の歳月が必要になります。

『TOEICスコアがあればもっと上の企業を狙えるのに』『会社が買収されて上司や同僚が外国人になり困ったぞ』など、社会人になってから差し迫って英語を話す必要性に駆られている人も多いはず。

本記事では、仕事が忙しい社会人で、英語力を向上させたいと思っている人に向けて、どのようにすれば英語を習得できるかについて解説をしていきます。

なぜ学習スケジュールを立てるのが大切なのか?

英語コーチング ステップ

英語学習をスタートする前に必ずやらなければいけないのが、学習スケジュールを立てることです。その理由とスケジュールの立て方について解説をしていきます。

なぜ学習スケジュールを立てるのが大切なのか

まず、学習スケジュールを立てる前に英語学習の目的を把握し、そこから必要な目標を決定する必要があります。

社会人になってからの英語学習は簡単にはいきません。学習時間の確保が難しいだけでなく、10代の頃のようなスポンジ脳はすでに失われています。

つまり、必要なこと、不必要なことを整理して、効率的に目標達成に向けてアプローチができる学習スケジュールが必要になります。

学習スケジュールを立てる方法

生活スタイルから考える学習スケジュール

現在の1週間のスケジュールを把握します。エクセルやカレンダーアプリに入力する、または紙に書き出してみても良いでしょう。

  1. 残業がどれくらいあるのか
  2. 通勤時間はどれくらいか
  3. 週に何回の飲み会に参加しているのか
  4. 週末はなにをしているのか
  5. 趣味に費やしている時間はどれくらいか
  6. テレビやYouTubeはどれくらい視聴しているか

これらの視点から「空いている時間」と「削れる時間」を算出し、最大公約数で週間の英語学習スケジュールを組みます。

この時に、週末にまとめて勉強する「詰め込み型」はできるだけ避けるようにしましょう。隙間時間でも良いので、毎日英語に向き合うことが大切です。

学習時間から割り出す学習スケジュール

目的が明確になっていれば、目標を設定するのは難しくありません。社会人の英語学習は大きく分けて2つで、①キャリアアップに繋がるTOEIC ②実践的なビジネス英語 となるでしょう。

TOEICの場合はとにかく公式でも模試でも良いので受験をしてみましょう。もしかするとテスト対策をせずに受験をすると、ショッキングなスコアが出るかもしれません。

しかし、自分の英語力を正しく把握することは絶対に必要なことです。自分のレベルがわかれば、自ずと必要な学習時間を算出することができます。

ビジネス英語を身に付けたい場合、個人で取り組むのは少し難しいかもしれません。しかし、「ビジネス英語ができないのではなく、英語の基礎ができていない」という問題を抱えている人は少なくありません。

どちらにせよ、現在の英語力を数値化し、客観的にレベルを把握することが大切になるでしょう。

目標期間から考える学習スケジュール

『この日までにスコアが必要』『この日に英語面接がある』といったように期間が決まっている場合、目標までの距離を算出し、英語学習に割けるスケジュールを最大限確保する必要があります。

その上で期間内の目標達成が厳しそうであれば、目標を下方修正するしかありません。

英語学習は『この日までに〜になってないといけない』からといって、急に向上させたりすることはできないのです。日々の積み重ねと期間、学習方法によって結果は決まります。

学習スケジュールを立てるには英語コーチング

英語学習は建築と同じように最初の設計が肝心です。きちんとした目標の設定と学習スケジュールが組めていないと、努力をしても英語学習の目的を叶えることができません。

しかし、目標設定と学習スケジュールを組むことは簡単ではありません。その場合、個人でできないのであれば英語のプロに任せれば良いのです。

ビジネスマンの間で話題になっている「英語コーチング」に任せれば、短期間でも英語力を向上させることが可能です。実際に多くの人が結果を出しているので、各社のサービス内容や料金などを確認してみると良いでしょう。

英語コーチングは新たなステージへ! 利用者のニーズや問題に応えたコーチングを提供するENGLEAD(イングリード)
英語を習得するには合計3,000時間の学習時間が必要とされています。しかし、仮に半分の1,500時間を勉強しようと思った時に、毎日1時間の勉強をしても4年以上の歳月が必要になります。...

英語コーチングを期間別の学習スケジュールで比較

英語学習 スケジュール

英語コーチングは大きく2つに分けることができます。短期集中型とサブスクリプション型を比較します。

短期集中型の英語コーチング

大手企業の英語コーチングに多い短期集中型は、学習スケジュールをギュッと詰め込み、短期間で定量の成果を出すことから人気を呼んでいます。

短期集中型の英語コーチングを選ぶメリット

短期集中型の英語コーチングを選ぶメリットは再現性の高さでしょう。

限られた期間の中でスコアや英語力を向上させるためのノウハウが蓄積されているので、コーチが設計した学習スケジュールに沿った英語学習を実践すれば成果がでます。

余計な心配をすることなく英語学習に没頭することができるので、時間のロスがありません。また大手企業の英語コーチングの場合は、実績があるので比較的安心して申し込むことができるのもメリットです。

短期集中型の英語コーチングを選ぶデメリット

短期集中型の英語コーチングを選ぶデメリットはいくつかあります。

期間が固定になっている場合が多く、予定よりも早く目標達成しても解約ができません。

また、学習進捗が遅れた場合には、コーチからプレッシャーを受けてしまいます。もちろんこれも魅力的なサービスの一部ですが、仕事と英語学習のバランスが崩れやすいといった問題があります。

1ヶ月からでも申し込みが可能! 短期の英語コーチングに期待できること・できないこと

サブスクリプション型の英語コーチング

月額定額制であるサブスクリプション型の英語コーチングは、短期でも長期でも申し込みができるため、はじめて英語コーチングを試す人におすすめです。

サブスクリプション型の英語コーチングを選ぶメリット

サブスクリプション型の英語コーチングを選ぶメリットは、学習スケジュールやカリキュラムの柔軟性です。

期間が固定されていないので、コーチは自由度の高い英語学習スタイルを提案することができます。つまり、利用者の負担が少なく、ストレスのない英語コーチングを受けることができます。

また短期集中型は英語中級者(TOEIC 500〜700点)をターゲットに設計されていますが、サブスクリプション型の場合は初級者から上級者までカバーしています。

初心者でスタートしても、期間の選択によっては上級者レベルまで目指すことができます。初心者には初心者の学習スケジュールとカリキュラムが必要になります。

サブスクリプション型の英語コーチングを選ぶデメリット

やはり短期集中型に比べると目標の達成率は低いのかもしれません。

また、英語の基礎は短期間に詰め込んだ方が良いので、しっかりと逃げ道を切って全速力で走り抜くといった学習方法が理にかなっているのは事実です。

サブスクリプション型の英語コーチングにデメリットはありませんが、短期集中型の英語コーチングの方がアプローチ方法が明確なので、いくつかの条件では目標達成の角度は上がるかもしれません。

人気の英語コーチングを徹底比較! 自分にマッチするサービスを検証すれば失敗しない

忙しい人でも取り組める英語学習スケジュールとは?

英語学習 忙しい

ここからは英語コーチングが、なぜ忙しいビジネスマンでも短期間に英語力向上に導けるかを解説しています。

学習効率を徹底的に追求したカリキュラムの導入

英語コーチングでは、第二言語学習理論に基づいたカリキュラム設計がされています。つまり根性論や経験則に基づいた指導ではなく、脳科学に基づいた効率的な学習方法を提案しているのです。

また多くの英語コーチングはグループでの英会話などは推奨していません。英会話は中級者以上のスピーキング力を伸ばすためには効果的ですが、学習密度が低いにも関わらず「勉強した気」になってしまいます。

専属コーチによる英語学習者一人ひとりに合った学習スケジュールとカリキュラムを導入することにより、能力を最大化させることができるのです。

隙間時間を利用した英語学習法で積み上げる

現在はさまざまな英語学習方法が考案されており、その中には10〜15分程度の隙間時間でもできる効果的な学習法があります。

起床直後の時間、通勤時間、ランチタイム、就寝前など、思ってもいない隙間時間を英語学習の時間としてスケジュールすることで、驚くほど学習時間を積み上げていくことができます。

PDCAを回して必勝パターンを見つけ出す

無駄をなくして徹底的に勉強効率を上げるために、ビジネスでも取り入れられるPDCAサイクルを用いて最適な学習へ導きます。

  1. PLAN/計画:学習スケジュールとカリキュラムを作成
  2. DO/実行:個別カリキュラムに則った自学自習
  3. CHECK/評価:毎日の学習報告や定期カウンセリングで進捗確認
  4. ACT/改善:成長度合いに合わせてカリキュラムを更新

最終的には気合と根性も必要

いくら効率的な学習方法があるとは言え、英語学習が甘くないのは事実です。多くの人が挑戦し、そのほとんどが目的を達成する前に挫折してしまいます。

英語コーチングはあくまでも英語学習者の支援サービスであり、やるかやらないかは自分次第です。もちろん、コーチは目標達成まで並走しながら励ましてくれますが、最後には気合と根性も必要になります。

社会人の英語学習には英語コーチングが最適?! 英語を克服すればキャリアはグッと広がる

英語学習者の1日のスケジュール

英語コーチング 忙しい

英語コーチングでは、専属コーチが受講生のそれぞれの生活リズムや、日々のスケジュールをしっかりとヒアリングした上で、学習を習慣化できるようにオーダーメイドのスケジュールを作成します。

仕事で忙しいビジネスマンの学習スケジュールのサンプルを見てみましょう。

とあるビジネスマンの英語学習スケジュール(平日Ver.)

06:00 – 起床・準備

今日の英語学習スケジュールを確認。寝起きで頭がまだ働いていない時間帯は、前日のリスニング教材でシャドーイングをして英語脳を起こす。

シャドーイング 30分 / 英語の法則学習 30分

08:00 – 通勤

通勤中の電車やバスの時間も無駄にしない。スマホを使って英単語を聞きながら新しい英単語をインプット。

語彙学習 15分

12:00 – ランチタイム

昼食後の少し余裕のある時間で再びスマホを使った語彙学習。

語彙学習 15分

19:00 – 退勤

帰宅途中の時間も無駄にせず、アプリを使ってリスニングを強化。

リスニングディクテーション 30分

20:00 – 帰宅

夕食後は自宅で瞬間英作文。その後はオンライン英会話でアウトプット強化。

瞬間英作文 30分 / オンライン英会話 30分

23:00 – 就寝

合計:3時間の英語学習

このように学習スケジュールを組めば、平日でも1日に3時間の英語学習が可能になります。もちろん、まとまった時間が取れる週末は学習負荷を強めることもできます。

まとめ:1日1時間の学習スケジュールでは足りない

英語コーチング まとめ

英語学習で最も大切なのは、学習スケジュールを立てることです。中学・高校の英語授業や受験勉強にしっかりと取り組んできた人はこの限りではありませんが、英語を習得するには合計3,000時間の学習時間が必要とされています。

1日1時間など、無理のない形で英語学習をはじめてみるのも悪くありませんが、成果を出すためには必要な学習時間を捻出しなければいけません。

忙しい社会人が個人で学習スケジュールを管理するのは大変です。これから英語学習をはじめる人は、1ヶ月から申し込めるサブスクリプション制の英語コーチングで、英語学習を習慣化させるのが一番の近道となるでしょう。

効果が高い英語コーチングとは? 英会話やオンライン英会話、留学との違いを徹底考察


関連記事

迷った方はまずは無料のオンラインカウンセリングへ
イングリードでは英語コーチングについて理解を深めたり、
英語力診断を受けられる無料のオンラインカウンセリングを実施しています。

\プロカウンセラーによる無料英語力診断テスト付き/