英語コーチング 比較

人気の英語コーチングを徹底比較! 自分にマッチするサービスを検証すれば失敗しない


英語コーチングが良いと聞いた」、だけど他の英語学習支援サービスも気になる……。そういった悩みを持つ人はきっと少ないないでしょう。

欧米留学やワーホリ、フィリピン留学、英会話、オンライン英会話、または英語サークルや独学で英語を勉強する手段もあります。

それぞれにメリットとデメリットがありますが、自分にあったサービスや勉強法を見つけるのは至難の業。

そこで、今回の記事ではそれぞれの特徴を徹底的に比較し、レベル毎のおすすめを紹介していきます。

Contents

英語コーチングとその他の英語サービスを比較

英語コーチング その他

まずは英語コーチングとその他の英語サービスのメリットを比較をします。

①英語コーチング vs 欧米留学を比較

本場の英語を肌で感じることができる欧米留学と英語コーチングを比較します。

欧米留学の特徴

比較的、留学先として人気が高い国と言えばアメリカやカナダ、オーストラリア。

ヨーロッパやアジア、南米、中東などさまざまな国と地域から留学生が来るので、国際的な経験をすることができます。グローバルな環境で英語学習ができるのも特徴で、「地域を問わずに通じやすい英語」を身に着けることができます。

英語コーチングとの比較

英語環境に身をおけば英語が身に付くと思い、欧米留学を選択する人がいます。しかし実際は、日本人留学生同士で集まってしまい、英語を使う環境が少なくなります。

英語の基礎ができていないにも関わらず、英語で提供される大人数グループでのレッスンを受講すると、授業内容を20%も理解できないといった状況に陥る可能性もあります。

留学生しか身につけることができない専門知識やスキルに繋がる留学の場合はキャリアアップに繋がる可能性があります。しかし、費用や期間を考えると、英語が少し話せるようになったというレベルの成果では欧米留学を選択してよかったという結果にはなりません。

留学準備には英語コーチングがおすすめです。目的に合わせてカリキュラムを担当コーチが作成し、しっかりと準備をした状態で留学生活をスタートすることができます。また、現地の語学学校に通う期間を短縮することで、結果的に予算を抑えることができます。

その他にも、TOEFLやIELTSなどの入学要件として必要なスコアを日本で取得することもできます。

しかし、そもそもの目的が英語力向上の場合、英語コーチングを利用すれば効率的な英語学習が実現できるので、必ずしも欧米留学を選ぶ必要はないと言えるでしょう。

②英語コーチング vs フィリピン留学を比較

格安でマンツーマンレッスンが受けられるフィリピン留学と英語コーチングを比較します。

フィリピン留学の特徴

フィリピン留学の一番の魅力は低価格でマンツーマンの英語レッスンが受けられることです。

グループレッスンが中心の欧米留学に対し、スピーキングへの苦手意識が強い日本人にとって、比較的スピーキングチャンスの多いフィリピン留学は日本人に最適化された留学形態と言えるでしょう。

英語への苦手意識も少なくなり、短期間で英語力を向上させることも難しくありません。英語学習初心者や、スピーキング力を向上させたい人にフィリピン留学はおすすめです。

英語コーチングとの比較

フィリピン留学といえばスパルタ式のカリキュラムで、実際に多くの語学学校が厳しい校則を取り入れています。日々のテストで合格点を取らないと外出禁止や居残りレッスンを強要される場合があります。

この背景としては、フィリピン留学の主なターゲットが就職活動を控えた大学生だということがあります。学費を支払う親が子どもに英語の勉強をさせるため、フィリピンに子どもを送ることから、強制的に英語学習をさせる環境ができあがりました。

フィリピン留学と比較して、英語コーチングは仕事で忙しい社会人にターゲットを絞り開発させています。

第二言語学習理論に基づいた効率的な学習カリキュラムで強化する点を明確にし、限られた期間と予算の中で効果を最大化します。根性論ではなく、脳科学に基づいた英語学習を実現することができます。

②英語コーチング vs 英会話を比較

日本にいながらネイティブスピーカーのレッスンを受けられる英会話と英語コーチングを比較します。

英会話の特徴

英会話の特徴は日本にいながらネイティブスピーカーの英語レッスンが受けられることです。日本で生活をしてると、どうしてもネイティブスピーカーと接する機会が少ないため、ネイティブ英語を学べるのは非常に貴重な機会となります。

英語は世界語として世界中で話されている言語ですが、やはり第二言語として英語を話す人の英語と、ネイティブスピーカーが話す英語を比較すると差があります。

ネイティブスピーカーのような発音を習得したい、将来的にネイティブスピーカーと仕事をしたいという人にとっては、質の高い英語に触れることができる良い環境でしょう。

英語コーチングとの比較

一般的に英会話は週1回、多くても2回のペースでレッスンを受講することが多いでしょう。仮にこのペースでクラスを受講しても、その他に英語学習をしていなければ、圧倒的に学習時間が不足しています。

しかし、多くの英会話に通う人が自主学習をしていないのが現実であり、英会話スクールに通うことで英語学習をしているという暗示にかかってしまいます。また最近は定額制の格安英会話も台頭してきましたが、講師がネイティブスピーカーではないことがあるので気をつけましょう。

英語コーチングでは専属のコーチがライフスタイルに合わせた英語学習プランを提案します。これにより、仕事をしながらでも必要な英語学習時間を確保することができ、毎日の進捗確認で英語学習へのモチベーションを保つことができます。

④英語コーチング vs オンライン英会話を比較

毎日気軽にマンツーマンレッスンを受講できるオンライン英会話と英語コーチングを比較します。

オンライン英会話の特徴

オンライン英会話の一番の特徴は低価格でレッスンを受講できることです。自宅や職場でも受講できるのでスクールに通う必要もなければ、単価が安いので毎日受講することもできます。

グループレッスンでは積極的に発言できない人でも、マンツーマンレッスンのオンライン英会話の場合は発言のハードルが低く、英語を話すことへの抵抗も少なくなります。

日本にいながら英語のスピーキング量を増やしたい人におすすめの学習方法です。

英語コーチングとの比較

オンライン英会話の特徴でもある、いつでも好きな時間にレッスンを受けれることはメリットでもありますが、強制力はないため継続する事が難しい傾向があります。

スピーキングチャンスの創出という意味では、オンライン英会話は非常に有効的な手段ですが、もし英語の基礎がない場合(TOEIC 800点未満)は、文法・単語・発音の勉強をする必要があります。

英語の基礎を習得するにはアウトプットではなくインプットが必要になります。効率的に英語の基礎を習得するには、自学自習を中心としたカリキュラムを設計してくれる英語コーチングが有効です。

⑤英語コーチング vs ミートアップや英語サークルを比較

英語学習のモチベーションが高い仲間と出会えるミートアップや英語サークルと、英語コーチングを比較します。

ミートアップや英語サークルの特徴

日本に住む外国人や英語学習のモチベーションが高い仲間と出会えるミートアップや英語サークルに参加することで英語学習の意欲が高まります。テストや宿題がないので気軽に参加できるのも特徴です。

スクールでは習わないネイティブならではの言い回しや、海外のマナーなどを学べる絶好の機会です。比較的日本ファンの参加者が多く、中には日本語をかなり流暢に話せる人もいるので、英語初心者でも安心して参加することができるでしょう。

英語コーチングとの比較

ミートアップや英語サークルへの参加は英語のモチベーションに繋がり、英語や異文化への興味が強まります。それらは第二言語習得に必要な要素ですが、直接的に英語力向上に繋がっている訳ではありません。

英語の基礎構築は最初にまとまった時間をとって、一気に片付けるほうが効率的です。しかし、基礎構築は楽しいものではありません。

そのため、英語コーチングなどのサービスを利用して、一気に中級レベルまで駆け抜けることで、挫折することなく英語学習を継続していくことができます。

⑥英語コーチング vs 英語の独学を比較

教材費以外のコストがかからない英語の独学と英語コーチングを比較します。

英語の独学の特徴

英語の独学の一番の特徴は教材費以外のコストがかからないことです。場所や時間にも囚われずに英語学習をする事ができます。

英語学習の方法は英語学習系インフルエンサーなどによって、ブログやYouTubeなどのメディアで多く発信がされており、無料で調べながらさまざまな学習方法を試すことができます。

ある程度、正しい勉強法できちんと英語学習を継続できれば、TOEICのハイスコアを取得するのも夢ではありません。

英語コーチングとの比較

独学で英語学習をする場合のリスクは間違った勉強法をしてしまうことです。

教材費以外のコストがかからないのは大きな魅力ですが、忙しい社会人にとって「時間も重要なコスト」なので、慎重に考える必要があります。

自分に合った教材が分からないまま、 闇雲に教材を買ってしまい英語学習をはじめても、成果が見えるまでに時間がかかるので、精神的なコストも多きくなってしまいます。

コストパフォーマンスを考えるのであれば、現在のレベルを正しく把握し、自分にあった勉強法を習慣化させるまでは、英語コーチングを利用するのも良い選択です。

2〜3ヶ月の期間固定型だけでなく、月額払いの英語コーチングもあるので、最短1ヶ月からの申し込みができます。

英語は学習スケジュールを立てるのが大切! 英語コーチングが推奨する日々のスケジュールとは?

英語コーチングサービス各社をカテゴリ別に比較

英語コーチング 各社

英語コーチングと言っても、さまざまなタイプのサービスがあります。目的に合わせた英語コーチングサービスを見つけるため、カテゴリー別で比較していきます。

①大手企業 vs 個人経営/英語コーチングを比較

英語コーチングスクールには、大手企業の英語コーチングと個人経営の英語コーチングがあります。それぞれのメリットを比較していきます。

大手企業の英語コーチングのメリット

大手企業の英語コーチングスクールは、コーチングのノウハウが蓄積されているので安心して申し込むことができます。

英語コーチングはコーチとの相性も重要なファクターです。大手の英語コーチングサービスの場合、コーチとの相性が悪ければコーチの変更をお願いすることもできます。

比較的失敗する要素が少ないのも大手企業のコーチングを選ぶメリットです。

個人経営の英語コーチングのメリット

公告費や人材育成費、施設、設備への投資を極限までおさえた個人経営の英語コーチングサービスは、大手と比較すると金額が安くなるのが一般的です。

また、良い意味でマニュアル化がされていないため、柔軟に目的や課題にあったカリキュラムの提案をしてもらえる可能性があります。

個人経営の英語コーチの中には、多くの実績や英語教育の学位を持っている場合もあるので、大手企業よりも質の高いコーチングを期待できることもあります。

しかし、サービス内容や返金システムなどが不明確だったり、不満があってもコーチに言い出しにくかったりするので、うまくマッチングしなかった場合は気まずい思いをしてしまいます。

英語コーチングを徹底比較/信頼の大手企業 vs 手厚いサービスの個人経営

②通学型 vs オンライン完結/英語コーチングを比較

自宅から気軽に受講できるオンライン完結型と対面でのコーチングを受けられるスクール通学型のメリットを比較しました。

通学型の英語コーチングのメリット

通学型の英語コーチングのメリットは、対面でコーチングを受講できることです。

対面のコーチングの場合、コミュニケーションエラーが少なく信頼してなんでも相談をすることができます。

オンライン完結の英語コーチングのメリット

英語コーチングスクールは、比較的東京や大阪などの都市部に集中しています。そのため地方在住者は英語コーチングの選択肢が多くありません。

しかしオンライン完結型の英語コーチングスクールは、場所にとらわれることなく、気軽にはじめることができます。

【英語コーチング】オンライン vs オフライン / アナタに最適な英語学習法は?

③期間固定型 vs サブスクリプション型/英語コーチングを比較

集中的に英語学習ができる期間固定型の英語コーチングと、利用する期間を自分で決められるサブスクリプション型の英語コーチングを比較します。

期間固定型の英語コーチングのメリット

期間固定型の英語コーチングは、決まった期間で集中的に英語学習ができます。

決められた期間の中で英語力を伸ばすためのノウハウが蓄積されているので、目的に合っている場合は最短で英語力を向上できる可能性があります。

サブスクリプション型の英語コーチングのメリット

気軽に入会・退会ができるサブスクリプション型の英語コーチングは、受講者の目的やニーズに合わせた柔軟なカリキュラムを作成できます。

目標達成のために必要な期間を受講前のカウンセリングで設定することで、必要な期間だけ受講することにより、お金と時間の無駄も省くことができます。

【英語コーチング】自分に合ったスクールの種類やその選び方を解説

④自社開発教材を利用 vs 市販教材を利用/英語コーチングを比較

市販教材を利用する英語コーチングスクールと、自社開発教材を利用する英語コーチングスクールを比較します。

自社開発教材を利用する英語コーチングのメリット

大手企業や期間固定型に多い自社開発教材を使用する英語コーチングは、短期間で英語力を向上させるためのノウハウが蓄積されています。

自社開発教材はカリキュラムとの親和性がよく、過去の成功例に倣った再現性の高い英語学習を提案してくれます。

市販教材を利用する英語コーチングのメリット

日本語の英語教材は世界的に見てもかなりレベルが高く、さまざまな目的やレベルに合わせた教材が販売されています。

その中から個人で自分に合った教材を探すのは大変ですが、英語コーチは英語教材の情報にも精通しているので、最もフィットする教材と勉強方法を提案することができます。

英語コーチングを解約した後も教材を使用することができるのもメリットのひとつです。

⑤月々10万円以上 vs 月々10万円以下/英語コーチングを比較

英語コーチングの料金は驚くほど幅があります。しかし、一概に高額な英語コーチングが良いわけではなく、逆に低額が悪いわけでもありません。

どこに課金されているか、どういった価値があるのかを知ることによって、自分にとって必要な英語コーチングが比較的絞り込まれていきます。

月々10万円以上の英語コーチングのメリット

高価格の英語コーチングが良いとは言い切れませんが、選ばれるだけの理由はあります。

まずは結果が出ているということ。利用者は比較的ビジネスマンが多く、英語力をあげることで転職や昇進に繋がるので、そのリターンを考えると決して10万円以上/月という金額は高くはありません。

その他にも快適に英語学習やコーチングのサービスを受けれるような工夫が随所にされていて、ストレスを感じることがありません。

また、10万円以上/月の料金を支払う能力がある人が集まるので、スクールでの出会いから、ビジネスの関係を築いたり、受講者の話を聞くことで刺激をもらえるかもしれません。

月々10万円以下の英語コーチングのメリット

不要なコストを削減したり、必要なサービスを絞って提供している場合、月々10万円以下でも十分な英語コーチングを受けられる可能性もあります。

軸となるサービスは基本的には同じです。また、スクールの代表がコーチングを担当する場合もあり、大手企業のサービスよりもレベルの高いコーチングが受けられる可能性もあります。

コーチングの費用を落として、オンライン英会話などのサービスを併用することで、インプットとアウトプットをバランスよく取り入れることもできるでしょう。

英語コーチングの料金は高すぎる? 相場や費用の内訳について解説

月々約10万円の英語コーチングもある!

高価格帯の英語コーチングと低価格帯の英語コーチングを比較してきましたが、もちろんミドルクラスの英語コーチングも存在します。

両方の良い部分をバランスよく取り入れているので、失敗は少ないのに、満足のできるサービスを受けることができるでしょう。

英語コーチングは比較的新しいゆえ英語学習支援サービスなので、まだ料金の相場が定着しておらず、今後はバランスが取れた月々10万円が新しい基準になる可能性もあります。

英語コーチングは新たなステージへ! 利用者のニーズや問題に応えたコーチングを提供するENGLEAD(イングリード)
英語を習得するには合計3,000時間の学習時間が必要とされています。しかし、仮に半分の1,500時間を勉強しようと思った時に、毎日1時間の勉強をしても4年以上の歳月が必要になります。...

目的や英語レベルを比較することによって有効なサービスがわかる!

英語コーチング 目的

あなたにあった英語学習サービスを比較・検討することにより、効果的で効率の良い英語学習ができます。

①社会人におすすめなのは英語コーチング

社会人におすすめは英語コーチング。おすすめな理由としては、短期間で確実に英語力が身に付けることができるからです。キャリアアップのために英語学習を始める人が多い中、なかなか効果が実感できないと焦りも出てくるでしょう。

しかし英語コーチングは、あなたの英語学習の目的や目標にむかって確実に英語力が身につきます。仕事と英語学習の両立は簡単ではありませんが、英語コーチングのコーチの併走サポートにより、挫折せずに両立する事ができます。

社会人の英語学習には英語コーチングが最適?! 英語を克服すればキャリアはグッと広がる

②時間と予算に余裕がある学生は欧米留学

欧米留学は語学習得だけでなく、異文化交流を通して、グローバルな感覚を磨くこともできます。しかし、これらをきちんと身につけるには数週間の留学では短く、少なくとも1年間は必要になります。

もちろん現地の物価は日本と同等かそれ以上する上に、学生ビザだけだと就労ができない国もあるので、資金も必要になってきます。海外留学生のための奨学金などもありますが、申請する場合は留学準備に時間と手間がかかります。

国内で英語学習をするだけでは得られない特別な経験を積むことができますが、時間とお金のコストは決して安くありません。英語学習+αの目的を持っている人に欧米留学は比較的おすすめです。

③とにかくスピーキングをしたい人はフィリピン留学

日本人の多くは英語を話すことに抵抗感があります。実際には中学・高校で英語の基礎は学習しているので、外国人とコミュニケーションを取れるだけの能力は既に備わっているにも関わらず、苦手意識が先行し、なかなか積極的にスピーキングができません。

英語への苦手意識が強い人にとってフィリピン留学は最適でしょう。1日に複数のマンツーマンレッスンを受講できるほか、講師のフィリピン人が明るくリードしてくれるので、英語を話す抵抗感をなくすことができます。

しかし、英語の基礎がないまま渡航してしまうと、クラスは全て英語で提供されるので、逆に英語への苦手意識が強まってしまう可能性もあります。

④どこから勉強したらよいかわからない人は英語コーチング

英語初心者が英語学習をはじめる時に最初にぶつかる壁は「なにから勉強すればよいかわからない」ということです。

ブログやYouTubeなどでコストをかけずに英語学習に関する知識を得ることはできますが、根拠のない情報に振り回されてしまうこともあります。

英語初心者や中級者で伸び悩んでいる人は、英語学習理論に基づいた指導をしてくれる英語コーチングを利用するのが良いでしょう。目的や目標、現在のレベル、弱点に合わせたオーダーメイドのカリキュラムで、必要なことだけに集中して取り組むことができます。

毎日の進捗確認でフィードバックがもらえるので、間違った勉強法をしている場合は、すぐに起動修正をしてくれます。

英語学習初心者の方が必ず躓く3つポイントと英語コーチングをオススメする理由

⑤英語上級者はコーチングと英会話の組み合わせ

TOEIC 900点以上のスコアを持つ英語上級者でも、年齢を重ねてから英語学習をはじめた人は、生涯を通して英語を勉強していく必要があります。

また、スコアが取れたからと言って、実践的な英語が話せるというわけではありません。プレゼンや営業、メール、社内外でのコミュニケーションなど、より具体的なシチュエーションでの英語の使い分けが求められます。

英語環境で仕事をしていても、自然とこれらが身に付く訳ではありません。自分の弱点を把握したうえで、伸ばしていく方向性をコンサルティングで決め、PDCAを回していくことが大切です。

英語コーチングと英会話を組み合わせることで、よりレベルの高い英語力を身に付けることができるでしょう。

【英語コーチング】海外で生活をする駐在員や帰国子女も利用する? 英語上級者が日本人コーチを求める理由

まとめ:英語習得へのルートは1つではない! 数ある選択肢を組み合わせて最強の英語学習を実現しよう!

英語コーチング 比較

ひと昔前までは、海外留学以外に現実的な英語習得の方法がありませんでした。しかし、第二言語学習理論の研究によって、日本国内でも、仕事をしながらでも、英語力を伸ばすことは夢ではなくなりました。

ここまでさまざな英語学習支援サービスの比較や、料金の比較をしてきました。どのサービスにも一長一短な特徴があり、良い・悪いと言い切ることはできません。

英語レベルや予算、期間などによってベストな方法は変わってくるので、まずは闇雲に英語学習をスタートするのではなく、英語学習の目的と状況を整理し、さまざまなサービスを比較・検討するところからはじめてみましょう。


関連記事

迷った方はまずは無料のオンラインカウンセリングへ
イングリードでは英語コーチングについて理解を深めたり、
英語力診断を受けられる無料のオンラインカウンセリングを実施しています。

\プロカウンセラーによる無料英語力診断テスト付き/