英語コーチング 社会人

社会人の英語学習には英語コーチングが最適?! 英語を克服すればキャリアはグッと広がる


近年、グローバル化はますます勢いを増しています。今まで、英語を使う機会がない人でも、突然会社の公用語が英語に変わったり、急な転勤を任命され、英語を話せないと昇進ができないだけではなく、仕事を継続することが難しいといったこともあるようです。

外国人労働者の受け入れ拡大が進むことによって、外資系企業や海外進出をする日系企業に属していない人でも、英語を話すことが必要になるでしょう。

その他にも、AI技術の進化により機械翻訳の精度が向上することによって、対英語を中心としたプログラムの開発が進み、結果的に英語中心主義が加速していくことが予想されます。

つまり、従来よりも英語でのコミュニケーションが必要になる未来はすぐそこまで来ています。20代・30代のビジネスマンで英語を話せない場合、危機感を持って今すぐ取り組むべき問題と言っても良いでしょう。

本記事では、社会人になってから英語学習をはじめる人に向けて、英語人材になることのメリットと、英語人材になるための方法について解説をしていきます。

Contents

社会人の英語学習者が求める3つのモノ

英語コーチング 社会人 英語学習者

社会人の英語学習者が目指す3つのタイプについて解説をしていきます。

①ビジネスの場で使える「ビジネス英語」

英語には「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」がないと言われていますが、実際には日本語と同じく、ビジネスやカジュアルなどのシチュエーションによって言い回しや単語を使い分ける必要があります。

ビジネスの場面では、適切なビジネス英語を話すことによって、顧客とのスムーズなコミュニケーションを促進し、成果に繋がっていくでしょう。一方でビジネス英語が話せないと、門前払いとなってしまうケースもあります。

ビジネス英語はプレゼンテーションや商談、電話、メール、パーティーでのスモールトーク(雑談)など、さまざまなシチュエーションで話されており、適切な英語を話すだけでなく、異文化理解も必要になります。

また、ビジネス英語とはビジネスで結果を出すための英語のことです。文法知識や単語知識だけを持っていても、使いこなせなければビジネス英語とは言えません。むしろ必要な知識がなくても、英語を使って結果を出せる人がビジネスマンとしては正しいのです。

ビジネス英語を伸ばすには、①現場でとにかく経験を積む、②専門家の指導を受ける、という2つのパターンに絞られるでしょう。しかし、多くの人はビジネス英語に取り組む前に、基礎的な英語力を構築する必要があるのも事実です。

ビジネス英語なら英語コーチングが最適? これまで英会話で挫折した人にこそ挑戦して欲しい3つの理由

②昇進や転職が有利になる「TOEICスコア」

IIBCの「上場企業における英語活用実態調査2013」によると、60%以上を超える企業がTOEICスコアにより移動や昇進などの要件としています。

企業内のTOEICのスコアの目安は下記の通りです。

  • TOEIC720点以上:外資企業へエントリーレベル
  • TOEIC800点以上:社内で英語人材ポジションレベル
  • TOEIC900点以上:駐在員、外資係役員、国際部レベル

現在はさらに企業やマーケットのグローバル化が進んでいます。新卒就活市場でもTOEIC600点は強みにならないと言われています。転職や昇進を狙う社会人はTOEIC800点を1つの目安にするのが良いでしょう。

英語ができないと昇進は無理? 英語力の差が生涯年収を大きく左右する時代

③既に英語人材として働く人の「更なるレベルアップ」

既に英語人材として海外出張や駐在員として活躍しているビジネスマンの中にもビジネス英語を勉強している人は少なくありません。

海外に住むだけで英語力が向上していくと思われていますが、実際には決まったフレーズを使うだけで現地生活を送ることができます。また、社会人になってからのインプットは学生時代とは違い時間がかかります。

英語をバリバリと使っている海外のビジネスマンこそ、ビジネス英語を使いこなせていない危機感を感じており、問題意識を持っています。必要になってからではなく、外資系企業や海外駐在を目指す人は前もって準備をしておいた方が良いでしょう。

海外駐在に必要な英語力とは? 駐在を目指す人、駐在が決まった人、駐在をしている人に必要な勉強法を解説

社会人がグローバル人材になるのは難しくない?

英語コーチング 社会人 グローバル人材

ビジネス英語というと「敷居が高い」と身構えてしまう人もいますが、実はポイントさえ抑えていれば問題ありません。

①受験英語が入ってればすぐに話せるようにはなる

ビジネスシーンで使用される英語の多くが、実は中学・高校で習う基礎英語です。基礎的な文法と単語(+専門用語)の組み合わせになるので、実は受験勉強で英語をしっかりと学習してきた人にとっては、時間をかけずに身につけることができます。

また、一度でも英語の基礎を学習しているなら、TOEICなどのスコアを2〜3ヶ月で急激に向上させることも可能なので、英語への苦手意識がある人でも、グローバル人材になれる可能性を秘めているかもしれません。

グローバル人材になるとは、ネイティブのような英語を話すことではないので、あまり難しく考える必要はないのです。

スピーキングにコンプレックス? 日本人の弱点である英語スピーキングの問題点を分析

②「職能」×「英語力」で勝負をすれば良い

グローバル人材の市場価値を導く公式は『職能×英語力』です。

つまり、英語力だけが高く、職能(専門知識や技術、経験など)がない場合、市場価値はゼロとなります。逆に英語力が低くても、職能が高い場合は市場価値が高まります。

転職や昇進の際に英語力の証明は必要になりますが、チャンスを掴んだ後はなるようになるものです。外国人の顧客や同僚は、間違った英語を話したからと言って評価を下げることはありません。

「自分はこれができる!」と胸を張って、価値をアピールしていくことで、英語力が低くても勝負できるかもしれないのです。

転職を有利に進めたいならTOEIC! 企業がTOEICを重視する理由と転職に必要なスコアとは?

③コーチングを使えばビジネス英語も習得可能

ビジネス英語は中学・高校で習った基礎英語の上に積み上げていくものです。

カジュアルな日常会話の場合は、”ノリ”を掴めばコミュニケーションをとることができますが、ビジネス英語の場合は契約などのミスが許されない状況で英語を使う必要があるので、より高いレベルが求められます。

しかし、ビジネス英語を独学で学んだり、ビジネス経験のない英会話やオンライン英会話講師が教えることはできません。そこで注目されているので、ビジネス英語に特化した英語学習支援サービスの「英語コーチング」です。

第二言語学習理論を基にして設計された自学自習中心のカリキュラムを利用するので、仕事が忙しい社会人でも短期間で基礎の構築ができます。またコーチはビジネス英語にも精通しているので、英語プレゼンや商談、メールなどで使えるフレーズをインプットすることもできます。

英語コーチングの登場により、社会人になってからでも、英語の学び直しは決して遅くなく、むしろビジネス英語の箍を外すことで、可能性と活動範囲を拡張していくことができる時代になりました。

英語コーチングは新たなステージへ! 利用者のニーズや問題に応えたコーチングを提供するENGLEAD(イングリード)
英語を習得するには合計3,000時間の学習時間が必要とされています。しかし、仮に半分の1,500時間を勉強しようと思った時に、毎日1時間の勉強をしても4年以上の歳月が必要になります。...

これから仕事でビジネス英語が必要になる3つの可能性

英語コーチング 社会人 可能性

グローバル化が進み、今後ますます日本の企業も海外へ進出する同時に、海外の企業も日本に進出することになってくるでしょう。

そうなると、ますますビジネスにおいて英語を使うことが日常になり、社会人は英語を話すことが当たり前になってくるかもしれません。

ここでは、現在社会人の方で今後英語が必要になるかもしれないシチュエーションを3つ紹介します。

①仕事で急な海外転勤や出張が決まった

急な転勤や出張で海外に行くことが決まった場合でも、事前に英語を勉強していると、急な環境の変化にも慌てることなく対応することができます。

今は英語を使う機会が少なくても、これからますます英語を使う場所が増えたり、英語が必要なポジションに配属される場合もあるかもしれません。

②会社が買収され、上司が外国人になった

近年では世界の経済が大きく変化しているので、もしかしたら、会社が外国の企業に買収されることもあるかもしれません。

そうなると、必然的に上司が外国人になり、英語でコミュニケーションを取らないといけない場合もあるででしょう。

③海外の取引先とメールやビデオ会議が必要に

近年、日本の人口減少や少子高齢化という社会背景から、ビジネスの市場を国外に求める「グローバル企業」が増加しています。

そういった背景から日本国内で日系企業に勤めていても、海外の取引先や担当者とのメールやビデオ会議が必要になるケースが増えています。

これからの時代は、「英語が話せる」ことが強みではなく、「英語が話せない」ことが弱みとして捉えられる可能性もあります。

英語コーチングは3ヶ月が最適? できることや効果的な学習方法を解説

社会人の英語学習は取捨選択をしなければいけない

英語コーチング 社会人 取捨選択

社会人にとっての英語学習は、仕事との両立が避けられないので、時間との戦いになります。また、学生時代のようにインプット学習をすることは難しくなっているので、不要な要素は最初から捨てることで効率的に目標へとアプローチすることができます。

ここでは、社会人の英語学習で捨てるべきことを紹介します。

目標設定は捨てるところから始める

社会人が話すべき英語とは「ビジネスで結果を出す英語」です。もちろんネイティブのようにお洒落で洗練された言い回しができた方が格好良いのですが、多くを求めることはできません。

年齢を重ねてからのインプット学習は、学生時代のようにはいきません。また、仕事をしていると学習時間を確保できないので、必然的に目的に直接結びつかないものは捨てる必要があります。

なにが必要になり、なにを捨てて良いのかを最初に決め、そこから学習計画をつくることが大切です。

また、グローバル人材としての市場価値は『英語力×職能』で決まるので、どのレベルの英語が必要になるかも理解しておきましょう。

質の高い教材を選び何周か回してみる

日本人の英語失敗例で最も多いのが、インプットが不足しているのに、アウトプットからはじめてしまうことです。

事実として日本人はスピーキングが苦手です。しかし、闇雲にスピーキング量を増やしたからといって、急に話せるようになるわけではありません。

まずは、自分のレベルに合った英語教材を探すところからはじめましょう。「少し簡単だな」と思うくらいのレベルの教材を何周か回して、完璧にできるようになってから次の教材へ移るのが良いでしょう。

良質なインプット学習のうえに、アウトプット学習が活きます。遠回りに感じるかもしれませんが、むしろこちらの方が効率的に英語の4技能(話す・聞く、書く・読む)を伸ばすことができるのです。

効果的な勉強法を徹底的に繰り返す

YouTubeやブログなどでさまざまな英語学習法が紹介されていますが、洋画をみたり、洋楽を聞いても英語力は伸びません。

中学・高校の英文法をやり直し、語弊を構築し、発音知識を論理的に理解することが大切で、学習初期にそれらを怠ると必ず後になって伸び悩みます。

聞こえの良い言葉に惑わされず、まずは良質なインプットを心がけるようにしましょう。また、英語学習を続けていくうちに、効果的で自分にあった学習方法を見つけたら、それを徹底的に反復しましょう。

コツコツと積み重ねることが、社会人になってからの唯一のグローバル人材へ繋がる道です。

英語は学習スケジュールを立てるのが大切! 英語コーチングが推奨する日々のスケジュールとは?

お金はあるが時間がない社会人には「英語コーチング」

英語コーチング 社会人 時間がない

毎日忙しい社会人の方たちはできるだけ無駄を省いて効率よく英語学習をするべきです。英語コーチングなら、毎日無駄なく効率的にかつモチベーションを維持しながら英語を習得することができます。

詳しく社会人だからこそ英語コーチングを利用するメリットを紹介します。

英語コーチングなら「無駄な勉強をしなくて良い」

自分にあった勉強方法がわからないまま英語学習をすると、非効率だったり、英語を勉強する事が目的となってしまう場合もあります。

しかし、英語コーチングは第二言語習得論を基に効率よく英語を習得できるカリキュラムが設計されているので、貴重な時間を無駄にすることなく英語学習に打ち込むことができます。

英語コーチングなら「わからないことをすぐ聞ける」

英語コーチングは自学自習を中心としたカリキュラム設計がされていますが、コーチが目標達成まで併走してくれるので、わからないことをすぐ聞くことができます。

毎日の学習進捗を確認するサービスもあるので、もし学習方法が間違っていたり、進捗が思わしくない場合は、コーチの方から指摘をしてくれます。

最近ではオンライン完結型の英語コーチングも増えてきました。オンライン完結型の場合、インターネット環境があればどこでもサービスを利用することができます。

また、オンライン完結型の特徴として、オンラインに特化している分、質問に対するレスポンスが早かったり、面談の回数が多いのもメリットです。

英語コーチングなら「勉強せざるを得ない環境に」

英語学習をはじめたころはモチベーションを高く保つことができますが、決算前などで仕事が忙しくなったり、プライベートの誘いが続くと、英語学習が後回しになっていくこともあります。

しかし、英語コーチングなら毎日の英語学習進捗状況をコーチに連絡する必要があり、学習内容や学習ペースに合わせてフィードバックをしてくれます。

週単位で大幅な遅れが出た場合には、少し厳しく指導が入ることもあるので、本気で英語を習得したい人には学習管理をしてくれる英語コーチングのサービスが良いでしょう。

効果が高い英語コーチングとは? 英会話やオンライン英会話、留学との違いを徹底考察

数ある英語コーチングの中からベストを見つけるには?

英語コーチング 社会人 ベスト

現在、さまざまな企業が英語コーチングのサービスを開始しました。自学自習を中心としてカリキュラムで英語学習支援をするという設計はどこも同じですが、細かなサービスや料金に違いがあります。

自分に合った英語コーチングを見つけるために、5つの視点で各社のサービスを比較していきましょう。

大手企業 vs 個人経営/英語コーチングを比較

大手英語コーチングの特徴

大手企業の英語コーチングは、多くの生徒を受け入れてきた実績とノウハウが蓄積されているので、失敗をすることが少ないでしょう。英会話やTOEIC、ビジネス英語などカリキュラムも豊富で、一人ひとりの目的に合わせた指導を受けることができます。

個人経営の英語コーチングの特徴

個人経営の英語コーチングの最大の特徴は、アットホームな環境でコーチとともに英語学習ができることです。また、受講者のニーズに沿った柔軟な対応が可能です。

通学型 vs オンライン完結/英語コーチングを比較

通学型英語コーチングの特徴

コーチと対面で学習進捗や英語学習の悩みを話せることが通学型英語コーチングのメリットです。

オンライン化が進む一方、実際に会って話ができることの安心感に価値を感じる人は少なくないでしょう。

コミュニケーションエラーが少なく、受講者のちょっとした変化にもコーチは気づくことができます。

オンライン型の英語コーチングの特徴

オンライン型の英語コーチングは、対面での面談がないので、移動時間や交通費を節約することができます。また、地方在住者や、海外在受者でも受講することができます。

無駄な時間や費用を抑えて英語学習をしたい方は、オンライン完結型の英語コーチングの方が仕事と英語学習を両立しやすいでしょう。

期間固定型 vs サブスクリプション型/英語コーチングを比較

期間固定型の英語コーチングの特徴

期間固定型の英語コーチングでは、2〜3ヶ月や半年、1年といった期間内で集中的に英語学習を進めていきます。期間を決めている分、1日の学習スケジュールがハードになる傾向があります。

しかし、短期間で目に見えた成果をあげたい人にとっては、少し無理をしてでも学習時間の確保が命題なため、必要なサービスと言えるでしょう。

期間内で成果を出すという部分に特化しているため、カリキュラム通りに英語学習をしていけば結果に期待ができます。

サブスクリプション型の英語コーチングの特徴

サブスクリプション型の英語コーチングは、期間固定型とは違い、毎月更新型で英語を学習を進める事ができる契約なので、自分の好きなタイミングで退会や再開ができます。

英語の基礎がある人と、ゼロ英語の人では成長速度は違います。また、現在のレベルから目標達成までの距離も違えば、1日に確保できる学習時間や学習負荷も違うでしょう。

その中で期間限定のコースに申し込んだとしても、納得のできる結果が得られるかどうかは疑問です。

英語習得はある程度時間がかかるものですが、習得するためには継続することが大切です。

多少時間がかかっても自分が継続できるカリキュラムや自分のライフスタイルに合う英語コーチングを受講したい人にへサブスクリプション制がおすすめです。

月々10万円以上 vs 月々10万円以下/英語コーチングを比較

多くの英語コーチングは月々15万円くらいの予算で利用することができます。また、格安の英語コーチングを利用すれば、月々5万円とコストを3分の1に抑えることもできます。

しかし、コーチングの質が大きく下がる場合や、必要なレッスンや教材などを他社サービスで追加しないといけない場合があり、結果的に支払う金額がわからないこともあります。

また、キャンセル料が安くても、入会金や教材費が高額である、カウンセリングの回数が少ない、キャンセルができないといった問題がある可能性もあります。

まずは自分にとって必要なものがなにかを棚卸しして、それらを実現できるサービスを利用するのが良いでしょう。

人気の英語コーチングを徹底比較! 自分にマッチするサービスを検証すれば失敗しない

社会人になってからの英語学習はつらい?

英語コーチング 社会人 つらい

仕事をしながら英語学習を両立させるのは簡単ではありません。そこで、学習モチベーションが落ちた時の対処方法を紹介していきます。

突然やってくる停滞期をどう乗り越えるか

英語学習をはじめてすぐの頃は学習意欲を高く保てますが、数週間が経過したり、急な予定が重なり2〜3日の英語学習ができない日が続いてしまうと、一気にモチベーションが落ちてしまいがちです。

また、努力しているのにスコアがあがらない、英語が全然話せるようにならないなど、成果が目に見えない停滞期にはいってしまうと、意思が強い人であっても英語学習を継続していくのは苦しくなります。

これを1人で乗り越えるのは大変なので、同じように英語を学習している仲間を見つけ、切磋琢磨しながら成長できる関係性を築くことで、突然やってくる停滞期を乗り越えることができるでしょう。

同僚や家族の理解やサポートをどうやって得るか

社会人で英語学習をしている人の中には、家庭を持っている人も少なくありません。また、20代や30代の社会人の場合、仕事の飲み会も大切な情報収集の場になることもあるので、誘われると断れないこともあります。

第二言語として英語を話す人の英語学習は、生涯をかけて勉強していくものですが、文法や単語の基礎学習は2〜3ヶ月にまとめて終わらせることで、家庭やプライベートの時間を最大限確保することができるようになるでしょう。

その期間中は、家族や同僚にきちんと説明をして、理解やサポートを得られるように、きちんと根回しをしておきましょう。

TOEICが昇進や転職で与えるインパクトを改めて考える

英語力を測るのに最も利用されているテストがTOEICです。

TOEIC 600点なら学力が高い人、TOEIC700点なら英語を話せる人、TOEIC800点なら外資系企業でも働ける人、TOEIC900点なら英語はペラペラ……

自分から説明をしなくても、スコアを伝えるだけで、相手はこのような想像をします。

TOEICのスコアは、転職や昇進に大きく影響し、可能性を広げてくれます。スコアが持つインパクトを考えることで、学習モチベーションが生まれるでしょう。

TOEIC800点でグローバル人材に! 一流のビジネスパーソンになるなら英語はもっとも有効な自己投資

社会人の英語学習は自己投資!

英語コーチング 社会人 自己投資

仕事と英語学習を両立することは簡単なことではありません。しかし、決して諦める必要はありません。

英語を身につければ、昇進に繋がる可能性も大きく、日本語と英語に対応できるグローバルな人材になることができます。

英語コーチングでは、英語学習で必要なことだけを教えてくれるので、忙しい中でも結果にコミットした学習をすることができます。

英語コーチングの種類は様々で今回いろいろ紹介させていただきましたが、大手英語コーチングや個人経営の英語コーチングには、メリットとデメリットが存在します。

なので、英語コーチングを選ぶ際は、それぞれのメリットとデメリットを考慮して、自分にあったスタイルのコーチングのもと英語学習を進めることが、グローバルな人材になる一番近い方法です。

アフター・コロナをどう生きる? 在宅時間が多いイマだからこそ自己投資をして将来に備えよう!


関連記事

迷った方はまずは無料のオンラインカウンセリングへ
イングリードでは英語コーチングについて理解を深めたり、
英語力診断を受けられる無料のオンラインカウンセリングを実施しています。

\プロカウンセラーによる無料英語力診断テスト付き/