英語コーチング 失敗

効果が高い英語コーチングとは? 英会話やオンライン英会話、留学との違いを徹底考察


ビジネスマンの間で話題になっている「英語コーチング」。英語コーチングとは、英語の学習に取り組む人の目的や目標、レベル、苦手分野を専属のコーチが把握した上で、個人にあった学習カリキュラムを作成する学習支援サービス。

英語コーチングはカリキュラムを作成するだけでなく、英語学習のスケジュールや進捗状況、受講者のモチベーションを管理することにより、自己管理が苦手な人でもコーチによるマネージメントで、学習時間を確保することができます。

とても魅力的な英語コーチングですが、従来の英会話やオンライン英会話、留学とはどのように違うのでしょう? 本記事では従来の英語学習支援サービスと英語コーチングの違いを徹底考察します。

英語コーチングは新たなステージへ! 利用者のニーズや問題に応えたコーチングを提供するENGLEAD(イングリード)
英語を習得するには合計3,000時間の学習時間が必要とされています。しかし、仮に半分の1,500時間を勉強しようと思った時に、毎日1時間の勉強をしても4年以上の歳月が必要になります。...

最も効果的な英語学習法とは?

英語コーチング 効果的

効果的な英語学習を知ることで、効率よく英語を習得できます。英語学習の基礎の大切さや、理論に基づいた効果的な英語学習方法も紹介していきます。

最低でも2,000時間の英語学習時間が必要

「1日に何時間英語の勉強をしたら上達するのか?」多くの英語学習者は思うことでしょう。米国国務省の機関FICの調査によると、日本人が英語を習得するには3,000時間が必要とされています。中学高校等で1,000時間の英語学習をしたとすれば、残り2,000時間の学習時間が必要ということです。

しかし、漠然と2,000時間と言われてもイメージできませんよね?

例えば、1時間の英会話レッスンを、毎日1日も休むことなく受けたとします。2,000時間を達成するには、約5年かかります。気が遠くなりますし、突然の海外出張や海外移動があった場合、対応できません。

こんな話を聞いてしまったら、これから英語学習を始めるあなたや、挫折してしまったあなたには、さらに英語学習に対する不安が出てくると思います。

しかし安心してください。ここでいう英語学習時間とは、英会話留学先での語学学校のクラスなど、レッスンの受講時間ではなく、自宅での学習時間も含みます。

むしろ英語上級者出ない限り、こういった基礎を構築が確実に英語力の向上へつながって行くのです。

日本人の課題は4技能のバランスの悪さ! 第二言語学習理論に基づいた効率的でバランスの良い4技能学習とは?

初心者こそ基礎を構築をすべき3つの理由

年齢を重ねてからの英語は基礎にはじまり基礎に終わる

文法知識、単語知識、発音知識は英語の三大基礎です。中学・高校で学んだ文法、発音、単語を使いこなせれば多くのシチュエーションでほとんど困ることはありません。実際ネイティブスピーカーが話す時でさえ、基礎的な3,000語が会話の9割を占めています。

英語の基礎がしっかりと定着していると、英会話力を伸ばすこともできます。しかし、間違ったままの英語が定着してしまうと、それを修正するには時間がかります。

特に年齢を重ねてからの英語学習は10代の頃のようなスピードでインプット学習をすることが難しくなっているので、効率的で実践的な学習方法を取り入れるべきで、それが基礎学習となります。

英語の基礎は筋トレと同じように、やれば必ず身に付く

英語の基礎は筋トレと同じです。筋トレ開始1日目。あなたは腕立て伏せ10回をこなすのも大変な状態でしょう。しかし、数週間後には腕立て伏せ10回を余裕でできるようになります。今度は回数を増やしたり、アレンジを加えはじめます。

こうして、筋トレ初日とは比べものにならないくらい、より多くのメニューをこなす事ができる身体になっていくのです。

英語の基礎も同じ。はじめは分からなかった表現でも、2回、3回と反復学習をしするうちに自然とわかるようになります。コツコツとやり続けていくことで、確実に英語の基礎力はあなたの頭に身につきます。

必要な基礎体力がつけば土壇場でも応用が利く

会議やパーティーで自分が理解できない難しい表現があったとします。ここで、英語の基礎が身についていれば、前後の単語や文法から意味を推測することで内容を理解することができます。

基礎が身についていない状態だと、勘に頼った回答や返答になってしまい、より深く理解することは困難でしょう。

【第二言語学習理論】英語学習には正しい順序と手順がある

英語学習している人であれば、誰もが「1日でも早く学習効果を実感したい」と思うことでしょう。

第二言語学習理論とは、外国語を学習するための理論です。効率よく学習することで闇雲に英語学習をするよりも成果が現れ、比較的短期間で英語を習得することができます。

英語学習の正しい手順は以下の通りです。

  1. 目標を設定する
  2. 学習計画を立てる
  3. 継続して自学自習をする

この手順を飛ばしていきなり英語学習に取りかかっても、成果に期待はできません。ここからは、正しい英語学習の手順を愚弟的に解説していきます。

①効果的な英語学習:目標設定

英語学習のモチベーション維持のためにも目標設定は重要です。大切なことは「何年何月何日までにTOEIC900点をとる!」といった、明確な期間や数値を決めて目標を立てることです。

こうすることで、挫折しそうになった時も目標を見直すことで、モチベーションの維持に繋がります。

②効果的な英語学習:計画をたてる

目標設定の次は計画を立てましょう。どの時間帯に英語学習をして、どれだけの学習量をこなすかなど、具体的に細かく決めることが大切です。無理な計画をつくると継続して英語学習に取り組むことは難しいので、まずは生活リズムを見直すところからはじめましょう。

また1日の計画をスケジュール帳などに記入をし、成果を”見える化”すると良いでしょう。

③効果的な英語学習:PDCAを回す

目標と計画を立てたのなら後は実行するのみ。P(プラン)・D(ドゥー)・C(チェック)・A(アクト)の流れで、実践しながら改善点がないか見直しをしていきましょう。

もしかすると生活リズムに無駄があったり、学習負荷が強すぎて仕事に支障が出てくるかもしれません。大切なのはPDCAサイクルを回して、自分に合った学習方法やスケジュールを理解することです。

そうすることで、より効果のある英語学習ができるようになります。

英語は学習スケジュールを立てるのが大切! 英語コーチングが推奨する日々のスケジュールとは?

効果的ではない英語学習【失敗パターン】

効果的な英語学習方法をお伝えしましたが、よくある英語学習の失敗パターンをここではご紹介します。

効果的じゃない英語学習①/闇雲に書店で教材を買い、闇雲に勉強をはじめた

「英語学習をするぞ!」と意気込み、書店やネットで教材を買おうとするものの、あまりの選択肢の多さにどれを選べば良いわからない。書店員のおすすめを聞いたり、レビューを見て選んだものの、思っていたような効果が得られない……。

初心者が一番陥りがちな英語学習の失敗パターンです。自分のレベルにあった教材や、正しい勉強法がわからず下調べに時間をかけすぎてしまい、気づいた時にはモチベーションは既になくなっています。

効果的じゃない英語学習②/格安英会話や格安留学で英語を趣味にしてしまう

格安英会話や留学で「勉強した気分」に陥ってしまう場合ががあります。英語力をあげることが目的だったはずが、いつの間にか英会話教室へ通うこと、留学へ行くこと自体が目的化してしまう状態です。

はじめた頃は一生懸命に英語学習をしていたものの、次第に学習量が減り、せっかくお金と時間をつぎ込んだが、目的を忘れてしまい期間が終了。外国人への恐怖心がなくなっただけで、英語力は向上しません。

効果的じゃない英語学習/少し話せるようになったけどキャリアに繋がらない

お金をかけて海外留学や英会話学校に通ってみたものの、海外旅行での会話は困らないレベル止まり。必要な文法知識・単語知識・発音知識が構築されておらず、仕事で使えるほどの英語レベルに達しないケースです。

転職や昇進などのキャリアに繋がらないので、自己投資としての英語学習は失敗です。

英語コーチングに高額課金をしたのに失敗した……を防ぐために知っておいて欲しいこと

効果的な英語サービスを徹底比較

英語コーチング 比較

英語初心者で効果的な学習方法がわからない場合は、英語学習支援サービスを利用するのが一番の近道です。ここでは今話題の英語コーチングから格安オンライン英会話まで比較をしていきます。

効果:英語力向上を求めるなら【英語コーチング】

専任のコーチが生徒の英語学習をサポートしてくれるサービスです。個人に合わせた学習カリキュラムを作成し、課題のチェックや進捗確認、学習相談まで手厚くサポート。

コーチはもちろん英語のプロ。「勉強しているのにTOEICスコアが上がらない」「ビジネス英語を短期間で身につける方法を知りたい」といった相談にも真剣に応えて、最短ルートで成果がでるよう適切な学習スタイルを指導してくれます。

英語コーチングサービスは、通学タイプの「オフライン型」とLINEやZoomなどで完結する「オンライン型」の2種類があります。オフラインは対面でトレーナーと話ができ、オフラインはインターネット環境さえあればどこからでもコーチングを受けることができます。

効果:外国人とスピーキングしたいなら【英会話】

スピーキングを中心とした良質なアウトプット学習をしたい場合は英会話がおすすめです。「グループクラス」「マンツーマンクラス」「ネイティブ講師」「非ネイティブ講師」など、さまざまな選択肢の中から、予算と目的にあったクラスを選ぶことができます。

学習効果を最大化する場合は「マンツーマンクラス」×「ネイティブ講師」の組み合わせになりますが、この場合のレッスン費用は1コマ5,000円以上になることが難点です。

クラスを受講するだけでは必要な学習時間を確保できないので、宿題を出してもらうようにするなどのアレンジをお願いすると良いでしょう。

効果:海外でしかできない経験をしたいなら【留学】

留学をするメリットは日本で生活するのに比べて、比較的簡単に英語環境に飛び込むことができる点です。英語を話す必要に駆られるので、嫌でも英語を離さないといけないシチュエーションになります。

また、海外生活ならではの文化に触れることで、価値観が広がり、新たな刺激を得ることができます。しかし学位などが取れる正規留学以外は、キャリアの評価対象にならない可能性があります。

数週間から1ヶ月程度の短期留学なら、連休と有給を組み合わせれば会社に所属しながらの龍岳が実現できますが、今後は中途半端な期間になってしまい成果に期待ができません。

転職などのタイミングを利用して、半年以上の期間が取れる場合は留学も選択肢に入るでしょう。

効果:とにかく予算を抑えたいなら【オンライン英会話】

とにかく費用が安いオンライン英会話は初心者のアウトプット学習に最適です。

多くのオンライン英会話は、「マンツーマン」×「非ネイティブ講師」の組み合わせが多くなりますが、中級以下の場合はネイティブ講師にこだわる必要がありません。

オンライン英会話を受講するだけで英語力が向上する訳ではありませんが、自学自習や上記の学習支援サービスと組み合わせることで、効果的な英語学習が実現できます。

アフター・コロナをどう生きる? 在宅時間が多いイマだからこそ自己投資をして将来に備えよう!

まとめ:効果とコスパを追求すると【英語コーチング】がベスト?

英語コーチング 比較

ここまで「効果的な勉強法」「効果的ではない勉強法」「効果的な学習支援サービス」「効果的ではない学習支援サービス」を紹介していきました。

結論としては、英語初心者〜中級者(TOEIC 600以下)の人には、強く英語コーチングをおすすめします。その理由は以下の通りです。

  1. 第二言語学習理論に沿ったカリキュラムで無駄がない
  2. 自学自習の併走サービスで、モチベーションが下がらない
  3. コーチが目標達成までの予算と学習時間を知らせてくれる
  4. 通学の必要がないので時間がない社会人でも挑戦できる(オンラインの場合)
  5. 英語力アップ=自己投資。転職や昇進に繋がる可能性も

英語学習初期に英語コーチングを利用することで、効果的な自学自習の方法を習慣化できることが最大のメリットでしょう。

また、ある程度のレベルに達したら、オンライン英会話などを組み合わせることで、インプット学習とアウトプット学習を効果的に取り入れることができます。

学習スケジュールや進捗を管理してくれる英語コーチングを利用すれば、英語に挫折する可能性は限りなく低くなります。まずは無料体験やカウンセリングを受けるところからはじめてみましょう。

英語コーチングの料金は高すぎる? 相場や費用の内訳について解説

迷った方はまずは無料のオンラインカウンセリングへ
イングリードでは英語コーチングについて理解を深めたり、
英語力診断を受けられる無料のオンラインカウンセリングを実施しています。

\プロカウンセラーによる無料英語力診断テスト付き/