英語コーチング 初心者

英語学習初心者の方が必ず躓く3つポイントと英語コーチングをオススメする理由


「さぁ、今日から英語をはじめるぞ!」と意気込んだものの、これまで英語学習に取り組んだ経験がない人にとっては、どこから手をつけて良いか分からないもの。

教材は? 学習時間は? 英会話に通う? いっそ留学が一番早い?……、このように自分にとってなにが必要なのかを調べているうちにモチベーションが下がってしまうことがあります。

逆に、とにかくいろいろなものに手をだしてみても、予想していたような成果が出ずに、初心者レベルを脱する前に挫折してしまう人もいるでしょう。

しかし、正しい努力と効率よく勉強をすれば、英語初心者の方でも、最短で英語を話せるようになります。それを叶えることができるのが英語コーチング

英語コーチングでは、普段忙しくてなかなか勉強時間を確保できない、英語を最短で伸ばしたい英語初心者に最適かされた学習カリキュラムとスケジュールを提案してくれます。

本記事では、英語初心者が必ず英語学習で躓く問題点と、結果にコミットした効率の良い勉強法、そしてなぜ英語コーチングがオススメなのかを解説していきます。

初心者が”必ず躓く”3つの問題

英語 初心者

英語初心者が英語学習を始めて、必ず躓く3つの問題をみていきましょう。

初心者の失敗①:自分の本当の英語力を受け入れることができない

英語初心者の人は、TOEIC満点とりたい、英字新聞を読めるようになりたい、洋画を字幕なしで見れるようになりたいなど、最初から目標を高く設定しまう傾向があります。意識を高く持つことは大切ですが、高すぎるから目標を設定すると、失敗につながりがち。

例えば、「洋画を字幕なしでみる」ことは、実はかなりハイレベルなリスニング能力が必要で、仮にTOEIC900点を保持していたとしても、子供向けの映画以外は理解できないでしょう。

逆に海外で働く、外国人と恋愛するなどの対面を主体とするコミュニケーションの方が、状況にもよりますが比較的ハードルは低いとされています。

自分の英語レベルを正しく理解する、そして短期・中期・長期で目標を決めて、小さな最高体験を積み重ねることが必要です。

初心者の失敗②:闇雲に教材を買い、闇雲に勉強をはじめてしまう

英語初心者でよくあるのは、とりあえず英語の教材を揃えて勉強を始めてしまうことです。しかし、英語の教材を購入することに満足をしてしまい、気がついたら、英語力は全く上達していないのに、英語の参考書だけ山積みなんてことも……。

日本の英語教材は世界的にみても、かなりレベルが高いとされていますが、その分種類も多く、自分の英語力にあった教材を選ぶのは簡単ではありません。

教材の選び方、効率的な英語学習方法はある程度確立されています。特に英語初心者の場合は、闇雲に教材を使って、効果的ではない方法で英語学習をはじめてしまう傾向があります。

偏った勉強法、間違った努力は目標達成まで遠回りになるだけでなく、時にはマイナスになる可能性もあります。

初心者の失敗③:目に見えた成果がなかなか出ず、途中でやめてしまう

「英語が話せて損はないだろう」「TOEICスコアがあると転職に有利と聞いた」「なんとなく海外の文化に興味がある」など、英語学習をはじめるきっかけはさまざまです。

しかし、英語初心者の多くは途中で挫折をしてしまいます。それは目標の解像度が低く、いくら英語学習をしても成果がボヤけてしまうからです。

社会人になってからの英語学習には「費用」と「時間」のコストを大きく割かなければいけません。それに見合った成果がないと、根性論だけでは英語学習を継続していくのは難しいでしょう。

初心者(TOEIC600未満)に最も適した勉強法とは?

英語 toeic 600

英語初心者が確実に英語を上達させるために必要な勉強方法とは一体なんでしょう。

英語初心者はまず中学英文法のやり直しから

英語初心者の定義ですが、ここではTOEIC600未満、または同等の英語力を保持する方と設定します。

英語初心者がまず取り組むべきなのは中学英文方です。高学歴で受験英語などをしっかりやってきた人であっても、ほとんどの場合、中学英文方の基礎を忘れています。

社会人になってから、中学英文法の基礎をやり直すのは屈辱的に感じるかもしれませんが、最初に基礎を徹底する方が、後に英語力は大きく伸びるでしょう。

10代に適した英語学習と、社会人に適した英語学習は違います。残念ながら、社会人になってからの英語のやり直しは、基礎の徹底に相当な時間を費やす必要があります。

発音知識は最初にまとめて勉強するのが正解

ここでの「発音知識」とは、「ただしいマウスポジションで正確に発音する」ということだけではありません。

発音知識がないと聞いた英語を書き起こすことができなければ、英文を読み起こすこともありません。一定の法則に従って音が変化したり消えたりすることもあるので、文法知識と単語だけでは英語を理解することができないのです。

英語の4技能(スピーキング、リスニング、ライティング、リーディング)の全てに発音知識は密度に関わっているのです。

ただし、発音知識を完全独学で学ぶことは非常に難しいとされています。発音の指導ができる英会話や英語コーチングなどを利用する方が良いかもしれません。

基礎ができればスピーキング力はついてくる

「英語の習得なんて外国人の友達をつくるのが一番早い」「机に齧りついて勉強するよりもとにかく話すべき」といった意見を耳にすることがあるかもしれません。

あえて断言しますが、英語の基礎が構築できていなければ真のスピーキング力はつきません。

基礎を疎かにしたハッタリ英語は、一見流暢に話しているように見えても、会話の内容は浅く、本当に必要なコミュニケーションが取れていないことがほとんどです。

また、どれだけ英語を話しても、雪ダルマ式に英語力っが上がっていくことはなく、どこかで必ず停滞します。

逆に英文法や発音知識、必要な英単語などの基礎を最初にしっかりと学んだ場合は、応用が聞くので外国人と英会話をしたり、洋画をみるだけでも英語力は半永久的にあがっていきます。

英語初心者こそ、ただしい英語学習方法で基礎を徹底することが大切です。

TOEIC600点で何ができる? 各パートの対策やおすすめの勉強方法を紹介

英語初心者にとって独学は難しい?なら英語コーチングがおすすめ!

英語コーチング 勉強法

英語初心者は独学で習得することは難しいのか? ここで、なぜ英語初心者は独学が難しい理由をみてみましょう。

英語初心者はモチベーションの維持が難しい

英語学習を続けていくなかで最も大切なのが「どうモチベーションを保ち続けるか」。

多くの英語学習脱落者は英語初心者であり、初心者が次のステップに進むために最も必要なことがモチベーションと言えるでしょう。

逃げ道を切る、英語学習仲間を見つける、アプリで英語学習の記録をつけるなど、さまざまな方法がありますが、無理せずに英語学習を継続できる環境に投資することが一番大切かもしれません。

英語学習初心者は正しい英語学習方法を知らない

英語と日本語は最も言語間距離が遠い組み合わせのひとつとして知られています。つまり、日本人にとって英語は、生半可な努力では習得できない言語となります。

しかし、第二言語学習理論などに基づいた効率的な英語学習う方法は既に確立されつつあります。きちんと自分の英語力に見合った学習方法を実践していけば、英語初心者でもビジネスレベルの英語色を培うことは可能です。

もう一つの問題は、英語初心者は影響を受けやすいということです。YouTubeやブログなど、英語学習インフルエンサーが、さまざまな最新の英語学習法を紹介しています。

しかし、「英語が話せる = 英語を指導できる」は大きく異なるうえに、再生数やページビューを稼ぐためにコンテンツを作成していることもあるので、全てを信じることは危険です。

星の数ほどある英語学習法の中から、自分の最適なものを見つけるのは、英語初心者にとっては難しく、結果的に間違った方法で英語を学習してしまう可能性があります。

英語コーチングは新たなステージへ! 利用者のニーズや問題に応えたコーチングを提供するENGLEAD(イングリード)
英語を習得するには合計3,000時間の学習時間が必要とされています。しかし、仮に半分の1,500時間を勉強しようと思った時に、毎日1時間の勉強をしても4年以上の歳月が必要になります。...

英語コーチングは英語初心者にこそおすすめ

英語コーチング カリキュラム

英語初心者は英語コーチングのもと、英語学習をした方がいいのかをみていきましょう。

英語初心者だからこそ、英語コーチング

英語コーチングとは、担当のコーチが目標達成までに必要な学習時間をシュミレーター し、オーダーメイドのカリキュラムを作成してくれるサービスです。

昇進や転職などで英語力を向上させたいビジネスマンから注目されています。

英語コーチングを利用すれば、専門知識に基づいた効率的な英語学習ができるため、数ヶ月でも目に見えた成果をあげることができます。

また目標達成まで併走してくれるので、途中で学習意欲がなくなったり、脱落したりといったことを防ぐことができます。

英語初心者が抱える問題の多くを英語コーチングで解決することができます。

目標達成に必要な学習時間と予算を知ることできる

英語コーチングは、受講者の英語力を可視化し、レベルに合わせたカリキュラムを提供します。また、英語力を最大限伸ばすだけではなく、目標達成までに必要な学習プランや期間を提案することもできます。

学習期間がわかれば、必要な予算も把握することができるので、自己投資をするには最適です。

3ヶ月などの固定契約の場合もあれば、進捗によって延長や解約ができるサブスクリプション型もあります。目的に合わせたサービスを利用するのがおすすめです。

英語は学習スケジュールを立てるのが大切! 英語コーチングが推奨する日々のスケジュールとは?

個別カリキュラムだから弱点を効率的に克服できる

英語コーチングでは英語力や弱点に合わせて専用のカリキュラムを制作するだけでなく、英語学習の目的によってカリキュラムを作成することも可能です。

「TOEICのスコアをあげたい」「英語でプレゼンをしたい」「カンバーセーションのレベルをあげたい」などの要望にも対応可能。

必要に応じて、自主学習だけでなく、他社のオンライン英会話などを取り入れることを推奨することもあります。もちろん学習強度も調整が可能なので、仕事で忙しい社会人にとっても、無理のない範囲で続けていくことができます。

英語学習における弱点とは、英語の苦手な技能のことではありません。ライフスタイルの中にも弱点はあります。英語コーチングなら、個別学習カリキュラムで、それら全ての弱点を克服することができます。

英語学習方法が身につくので、退会後も独学で勉強できる

大人になってから英語をはじめた場合、英語学習に終わりはありません。

また、効率的に英語学習ができる英語コーチングサービスを利用したと言っても、突然英語が話せるようになるわけではありません。

しかし、英語コーチングサービスを数ヶ月利用することで、自分の弱点を知り、英語学習方法が身につき、英語学習を習慣化することができます。

英語初心者の方は、「とりあえず英会話に通う」前に、一度英語コーチングサービスを利用し、英語学習理論に基づいたカリキュラムで勉強することをおすすめします。

英会話に通ったり、自分で勉強するのは、数ヶ月の英語コーチングサービスを利用してからでも遅くないでしょう。

1ヶ月からでも申し込みが可能! 短期の英語コーチングに期待できること・できないこと

英語初心者に向けてのメッセージ

この記事では、英語初心者(TOEIC600未満)の方に向けて、英語初心者が抱える問題について解説してきました。

多くの人が英語に挑戦するものの、ほとんどが目標を達成せずに途中で諦めてしまう厳しい現実があります。英語初心者にとっての英語学習は決して楽ではありません。しかし、英語学習を継続していくうちに、どこかで急に花が開く瞬間があります。

社会人になってから英語を習得した人は行動を起こした人、そして英語学習を継続した人です。目的を明確化し、中学英文法などの基礎をコツコツと学習していくことで、着実に英語力は向上していくでしょう。

英語ができないと昇進は無理? 英語力の差が生涯年収を大きく左右する時代


関連記事

迷った方はまずは無料のオンラインカウンセリングへ
イングリードでは英語コーチングについて理解を深めたり、
英語力診断を受けられる無料のオンラインカウンセリングを実施しています。

\プロカウンセラーによる無料英語力診断テスト付き/