英語コーチング 半年

半年間の英語コーチングは長すぎる? メリットデメリットを解説


最近英語学習方法として注目を集めている英語コーチング。英語コーチングの受講期間は1ヶ月〜半年と、スクールやプランによって様々です。

その中でも最も長い半年間の英語コーチングを受ければ、受講前とは見違えるほどの英語力が身につきます。

しかし「半年間の英語コーチングは流石に長すぎるのでは?」という疑問もありますよね。

そこで本記事では、
半年間の英語コーチングのメリット・デメリット
半年間の英語コーチングがおすすめな人
というテーマで解説します。

英語コーチングの受講期間で悩んでいる方は、記事を最後までチェックしてみてください。

英語コーチングは短期集中型が一般的

英語コーチング 半年 短期

英語コーチングの需要の急増に伴い、英語コーチングスクールが乱立しています。学習プランはスクールによって異なりますが、短期集中型プランが一般的です。

短期集中型プランとは、1ヶ月〜3ヶ月間のプランのことです。大手英語コーチングスクール115社を調査してみると、実に14社が短期集中型のプランを採用していました。

人気の英語コーチングを徹底比較! 自分にマッチするサービスを検証すれば失敗しない

英語コーチングスクールに短期集中型が多い理由

英語コーチング 半年 理由

英語コーチングスクールの多くが1ヶ月〜3ヶ月の短期集中型を採用しているのには、大きく3つの理由があります。

  • 短期でも十分な英語力の習得が可能だから
  • 英語コーチングは料金が高いから
  • 長期間モチベーションを維持するのが難しいから

短期でも十分な英語力の習得が可能だから

英語力を高めるために重要なのは、学習効率と継続することです。英語コーチングでは、コーチのアドバイスの元、徹底して効率的な学習方法を追求します。

例えば復習のタイミングを指導してくれる英語コーチングスクールがあります。人は忘れる生き物です。覚えた単語や文法も時間が経てば忘れてしまいます。忘れない記憶にするためには、記憶を忘れるタイミングで復習を挟まなければなりません。

(留コミ エビングハウスの忘却曲線でわかる、最適な復習のタイミングより)

上記グラフの黒線が記憶に関するグラフです。復習をしなければ1ヶ月後には9割を忘れてしまいます。黄色線のタイミング(2日目・7日目・30日目)で適切な復習を挟むことで、忘れない記憶になります。

理屈では分かっていてもこれを一人で行うのは困難です。英語コーチングスクールによっては、コーチが適切なタイミングでの復習を促してくれます。

こういった効率的な学習を1〜3ヶ月間実践すれば、英語力をアップさせることは十分可能です。

ただし誰もが短期間で英語を習得できるわけではありません。実は1〜3ヶ月の短期で英語を習得できるのは一部のエリートのみです。実際に短期の英語コーチングの受講者のほとんどは、学習意識の高いビジネスマンや経営者層の方が多いです。

一般的には英語の習得には半年以上かかります。短期で成果を出そうとするよりは、半年かけてコーチに指導してもらいながら、少しずつ習慣を身につけましょう。

英語コーチングは3ヶ月が最適? できることや効果的な学習方法を解説

英語コーチングは料金が高いから

英語コーチングスクールは、英会話教室、オンライン英会話と比べて料金が高いです。なぜならコーチングでは専属のコーチがあなたにつきっきりで指導を行うからです。

英語コーチング大手18社の基本プランの料金を表にまとめました。

スクール名 月額
英語コーチングスクールP 18.9万円
英語コーチングスクールE 16.5万円
英語コーチングスクールS 8.5万円
英語コーチングスクールR 4.8万円
英語コーチングスクールR 16.9万円
英語コーチングスクールT 11.6万円
英語コーチングスクールO 6万円
英語コーチングスクールS 19.8万円
英語コーチングスクールR 20万円
英語コーチングスクールO 29.8万円
英語コーチングスクールE 14.5万円
英語コーチングスクールS 3.2万円
英語コーチングスクールL 2.4万円
英語コーチングスクールT 15万円
英語コーチングスクールA 18.9万円
英語コーチングスクールB 2万円
英語コーチングスクールP 6.9万円
ENGLEAD 10万円

月額15〜20万円の英語コーチングスクールが多いですね。10万円を切っているスクールもありますが、グループコーチングやグループレッスンを採用しているところがほとんどです。

そんな中ENGLEADでは、マンツーマンでの英語レッスンやコーチングを全てオンラインで受けられて月額10万円ぽっきりです。

また月額制のプランなので、途中で受講を中断したり延長したりしても追加料金は一切かからずにお得です。

英語コーチングの料金は高すぎる? 相場や費用の内訳について解説

長期間モチベーションを維持するのが難しいから

英語学習のモチベーションを長期間維持するのは難しいです。「勉強頑張ろう!」と意気込んでも、数日後数週間後には全く当時のやる気がなくなってしまうことってありますよね。

英語コーチングでは、コーチがモチベーションが上がるような指導をしてくれます。独学よりはモチベーションを維持しやすいでしょう。

しかし半年以上の長期間モチベーションを維持するのは簡単なことではありません。まずは1〜3ヶ月間の短期での英語コーチングで小さな成果を出し、その成果を次へのモチベーションにする方法が一般的です。

半年間の英語コーチングのメリット

英語コーチング 半年 メリット

半年間の英語コーチングを受講するメリットは大きく3つあります。

  • 英語初心者でも上級者の仲間入りが可能
  • 英語習得に必要な時間「1000時間」の半分以上を達成できる
  • 自信がつく

英語初心者でも上級者の仲間入りが可能

半年間という期間があれば、英語初心者でも英語上級者への仲間入りが可能です。

具体的には、受講前のTOEICスコアが600点でも半年後には800点以上、受講前は英会話をするとオドオドしてしまっていたのが、半年後には流暢に喋れるようになる、といった成果を出すことが可能です。

半年で脱英語初心者どころか、英語上級者になれるのなら、半年間の英語コーチングを受ける価値はあります。

英語学習初心者の方が必ず躓く3つポイントと英語コーチングをオススメする理由

英語習得に必要な時間「1000時間」の半分以上を達成できる

英語を習得するには少なくとも1000時間以上の学習が必要と言われています。半年間の英語コーチングを受ければ、1000時間のうちの半分、500時間程度の学習時間を確保することができます。

英語コーチングでは、個人差はありますが、平均して1日2時間半程度の学習時間を確保します。休日の学習時間は4時間程度です。

180日(半年)のうち、132日を平日、48日を休日と仮定すると、

2.5×132=330時間
4×48=192時間

合計522時間の勉強時間を確保できる計算になります。

522時間あれば、完全な英語習得には及ばないとしても、明らかな成長を実感できます。

「平日2時間半、休日4時間も学習時間を確保できるの?」という疑問があるかもしれません。確かに平日仕事が終わってクタクタの状態で、寝るまでに2時間の勉強時間を毎日確保することは大変です。

しかし英語コーチングでは隙間時間を活用して学習時間に充てます。隙間時間とは通勤時間やちょっとした休憩時間などのことです。こういった時間をかき集めることで、1日1時間以上の時間になります。

そうすれば後は、1日1時間帰宅後に学習時間を確保するだけで、毎日2時間半程度の勉強時間を確保できます。

そして1日2時間半勉強する生活を半年間も続ければ、英語コーチングを終えた後も自ずと勉強時間を確保できるようになります。「この時間も有効活用できるのでは?」と時間に対する意識が変わります。

英語は学習スケジュールを立てるのが大切! 英語コーチングが推奨する日々のスケジュールとは?

自信がつく

半年間の英語コーチングを受講すれば自信がつきます。英語力に対する自信はもちろん、自分に対する自信もつきます。

例えば英会話ができない理由の一つは、英語力に対する自信がないからです。「間違ったらどうしよう」「相手に変に思われないかな?」と萎縮してしまう方が多いです。しかし半年間英語学習、英会話レッスンを継続すれば、確実に英語に対する自信がつきます。

十分な知識が身につくことはもちろんですが「私の英語は通じる!」という意識を持つことが大切です。

また英語コーチングは決して楽ではありません。しかし半年間の英語コーチングをやり遂げることで「このカリキュラムを乗り切ったんだ!」という自信につながります。

この自信は英語を使う場のみならずビジネスや日常生活など様々な場面で役立つでしょう。

スピーキングにコンプレックス? 日本人の弱点である英語スピーキングの問題点を分析

半年間の英語コーチングのデメリット

英語コーチング 半年 デメリット

半年間の英語コーチングを受講することのデメリットは大きく2つあります。

  • 料金が高い
  • 半年間英語への最大限のコミットが求められる

料金が高い

英語コーチングは英会話や英語スクールなど数ある英語学習方法の中でも最も料金が高い英語学習方法です。

半年間の英語コーチングでは、決して安くない費用がかかります。スクールによっては100万円以上かかるところも少なくありません。

100万円あれば半年以上フィリピン留学をしてもお釣りがきます。

しかしENGLEADならフィリピン留学よりも安く半年間の英語コーチングを受講できます。ENGLEADは月額10万円なので、半年間受講しても費用は60万円です。

この価格で月8回(半年で64回)のオンライン英語レッスンと、毎日の英語コーチングなどが受けられます。入会金などの諸費用も一切かかりません。

また月額制なので「もう十分英語力が身についた!」「半年間はちょっと長すぎたかな・・」と思っても追加料金なしで解約できます。

半年間英語への最大限のコミットが求められる

半年間の英語コーチングを受講するということは、半年間は英語に最大限にコミットしなければならないということです。

英語学習以外のことを全くやるなとは言いませんが、趣味やリラックスできる時間の一部を英語学習に費やさなければなりません。

友人に遊びやご飯に誘われて毎回参加していたのでは、コーチと共に決めたカリキュラムは達成できないでしょう。

半年間は英語を最優先に考えなければばいけません。

英語コーチングに高額課金をしたのに失敗した……を防ぐために知っておいて欲しいこと

半年間の英語コーチングはこういう人におすすめ

英語コーチング 半年 おすすめ

半年間の英語コーチングは、

  • 目標や志が明確な人
  • 勉強や独学に苦手意識がある人

という方におすすめです。

目標や志が明確な人

いくら英語コーチングでコーチによるサポートが受けられるとはいえ、半年間英語学習を続けるのは簡単なことではありません。半年間の英語学習をやり切るために必要なのが「目標」や「志」です。

一方で「会社の都合で嫌々ながら英語を学習しなければならない」「就活のためになんとなく英語を学習しなければならない」という方は半年間の英語学習を継続できない可能性があります。そういう方は、まずは短期間の英語コーチングから試してみましょう。

心が折れそうな時に支えてくれるのが「英語を習得して〇〇ができるようになりたい」という目標や志です。目標が明確な人は半年間の英語コーチングで目標を実現させましょう。

勉強や独学に苦手意識がある人

勉強や独学に苦手意識がある人は、半年間の英語コーチングが向いています。なぜなら勉強や独学が苦手な人にはコーチの長期間のサポートが必要だからです。

確かに3ヶ月以内の短期間の英語コーチングでも英語力はアップするでしょう。しかしそれは英語コーチングを受けている期間だけの一時的なものにすぎません。3ヶ月程度の期間では、英語コーチングが終わればまた元の習慣に逆戻りしてしまいます。

3ヶ月で身につけられるだけの英語力を身につけて、それ以上は望まないのであれば問題ありません。しかし勉強や独学に苦手意識がある人が自走して英語学習ができる学習習慣を身に付けるためには、、少なくとも半年間の英語コーチングが必要です。

効果が高い英語コーチングとは? 英会話やオンライン英会話、留学との違いを徹底考察

まとめ:半年間のコーチングで英語を確実に習得しよう!

英語コーチング 半年 まとめ

結論として、確実に英語力や学習習慣を身につけたいのなら半年間の英語コーチングがおすすめです。

半年間の英語コーチングを受講すれば、どんなに英語が苦手でも、英語初心者でも英語上級者の仲間入りができることは保証します。

半年間以上の英語コーチングプランを採用しているスクールはそれほど多くありません。記事冒頭でも大手英語コーチングスクール15社中14社が短期の英語コーチングプランを採用しているとお伝えしました。

また、半年分の受講料を一気に支払うのは大きな負担になりますよね。

ENGLEADのような月額制の英語コーチングスクールで毎月プランを更新しつつ半年間の英語コーチングを受講しましょう。

英語コーチングは新たなステージへ! 利用者のニーズや問題に応えたコーチングを提供するENGLEAD(イングリード)
英語を習得するには合計3,000時間の学習時間が必要とされています。しかし、仮に半分の1,500時間を勉強しようと思った時に、毎日1時間の勉強をしても4年以上の歳月が必要になります。...
迷った方はまずは無料のオンラインカウンセリングへ
イングリードでは英語コーチングについて理解を深めたり、
英語力診断を受けられる無料のオンラインカウンセリングを実施しています。

\プロカウンセラーによる無料英語力診断テスト付き/