女性 勉強

留学の成否は留学前から決まっている?留学前の英語勉強の重要性


「留学をしたが思ったように英語があまり伸びなかった」「留学先ではネイティブスピーカーの友達がつくれなかった」、このような声を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

では、なぜ思っていたような結果を出すことができず、帰国する人が後を絶たないのでしょう?

それには、留学の「成否」は、留学前の準備段階の時点で決まっていることを、知らない人があまりにも多いからです。

今回は、留学前の英語の勉強が不可欠な理由と留学の目的別の目安となる必要な英語力、各英語技能ごとの効果的な勉強法について解説していきます。

なぜ留学前に英語の勉強をしておくべきなの?

英語 勉強 マーカー留学前に英語の勉強をしておくべき理由はなんでしょうか?

日本で英語の基礎を固めるほうが効率がよい!

日本の英語教材は、日本人の英語習得に関する研究を基に編集された項目選定、日本人の英語の弱点補強に最適化されたユーザーの使いやすいデザインや構成となっているものが多く、日本人が英語を勉強するためはこれ以上ないほどの優良教材が揃っています。

意外にも日本の現在の英語教育は自国で完結出来るほどに進歩しており、留学や海外経験がない人でも英語をある程度のレベルまで取得したという事例が数多く存在します。

また、英会話スクールや英語コーチングなどを活用することにより、英語学習につまづいても日本語で相談ができる場や、日本国内で勉強をした成果をアウトプットできる場をつくることが可能です。

留学が始まると、英語で英語を勉強していくこととなります。疑問点を質問する際も英語となりますし、質問をしても分からないところは、自分で日本の教材や日本語の情報を元に理解をしていくことでしょう。

結局は日本語の情報に頼る基礎英語の勉強は、高い費用と貴重な時間を投資した留学をする前に終わらせておくほうが賢明でしょう。

留学先で英語力の伸びが期待できる

留学経験者の留学が「失敗」したと感じる原因で一番多いのが、「英語の準備不足」です。英語の準備が足りなかったために、渡航後も「英語」を勉強することに時間をとられ、本来留学で挑戦してみたいと思っていたことに取り掛かる前に留学期間が終わってしまうパターンが非常に多くみられます。

留学前に充分に英語の勉強をし、英語の基礎が構築された状態で留学に行く場合、留学の大きな利点のひとつであるアウトプットの機会を増やすことに専念ができ、より早い英語力の伸びを期待することができます。
現地で友達がつくりやすくなる
多くの人が留学中に、現地の友達をつくりたいと思っているでしょう。現地の友達をつくることで英語を話したり、生の英語を聞く機会が増え、英語力の向上に大きく繋がります。

しかし、英語力の基礎構築が不十分な人は、「話したいことがあるけれど、その場で言葉が出てこない」「友達が何を話しているのか分からない」という事態に陥ってしまうことも少なくありません。

留学先で友達を作ることは、留学生活の充実にも繋がったり、現地生活で有益な情報を得やすくなったりするため、留学生活の大事な要素の一つです。現地で友達をより多くつくるためにも、英語の基礎を固めることからはじめてみましょう。

留学先でしかできない経験に時間を割ける

「現地で有名な観光地に足を運ぶ」「地元の食事を試してみる」「英語力をいかしてインターンに参加してみる」など、留学先でしかできない貴重な経験は多くあります。

多くの人にとって留学先で過ごす時間は有限です。留学先でしかできない経験に時間を最大限に割くためにも、英語の基礎固めは日本で済ませてから、渡航することをおすすめします。

【目的別】留学に必要な英語力

ENGLISH留学の目的別に必要な英語力の目安を、英検、IELTS、TOEFLなど各テストのスコアで紹介します。

語学留学

語学留学の場合、英語力が高くない人でも留学は可能です。

ただ、最低でも英検準2級、TOEIC 600点、IELTS Overall 3.5~4.0、TOEFL iBT 33~50点程度の英語力を習得したうえで留学をした方が、より効率的な英語力の伸びが期待できるでしょう。

大学・大学院留学

大学・大学院留学では、英語の習得を目的とした留学ではないため、留学前から一定レベル以上の英語力が要求されます。

留学する国や大学により求められるスコアは異なりますが、英検準1級、IELTS Overall 5.5~6.5、TOEFL iBT 70~80点が目安となります。

ただ、国や大学によっては、大学に進学するための英語力を含めた基礎力や知識・スキルを大学進学前に学ぶ海外留学生向けの準備コースを設けています。

こちらへの入学条件は比較的易しく、英検準2級、IELTS Overall 4.5~5.5、TOEFL iBT 45~60点の英語力が目安となります。

インターンシップ留学

インターンシップ留学は、受け入れ企業より要求される英語力は異なります。日系の企業をインターン先に選んだ場合、現地の企業で働くより求められる英語力は低くなるでしょう。

とはいえ、現地社員や取引先とのコミュニケーションを図る必要があるため、大学進学レベルの英語力は必要となるでしょう。

携わる分野によっては、専門的な英語の知識も必要となることを念頭に置いて準備をしておく必要があります。

英検準1級、IELTS Overall 5.5~6.5、TOEFL iBT 70~80点程度の英語力を身につけておきたいところです。

ワーキングホリデー

ワーキングホリデーは、一人ひとり渡航の目的や重点を置くポイントが違うため、一概に英語力の目安を定めることはできません。

現地で働くことを目的で渡航するのであれば、ある程度の英語力が求められます。日本人が多く働く環境で就労するのであればそれほど高い英語力は必要ありませんが、最低限スタッフやお客さんと会話ができる程度の英語力は必要となります。

英検準2級、IELTS Overall 3.5~4.0、TOEFL iBT 33~50点ほどの英語力を保持していれば安心でしょう。

英語学習のプロが教える効果的な英語勉強法

女性 先生 教える

まずは中学英語の基礎固めから!

中学英語には、英語の基礎が詰まっています。中学英語を身につけるだけでも、初歩的な英語であれば日常会話をかわすことは十分可能です。

中学英語で身に着けておきたい項目は、以下の8つです。

  1. 動詞
  2. 疑問詞
  3. 時制
  4. 助動詞
  5. 比較級
  6. 受動態
  7. 不定詞
  8. 間接疑問文

 

「生きた英語」を理解するにはリスニング力の強化が重要

留学をし、ネイティブスピーカの使う英語を毎日耳にする環境に身を置いても、「何の単語を発声しているのか」が聞き取れないと英語を完全に理解することは難しいでしょう。

リスニング力を強化するには、「聞き取れない音は何か?」「なぜ聞き取れないのか?」を把握することが必要です。レベルに合った教材を使用することで、効率よく苦手を克服しスキルを向上することができます。

現在のレベルを把握したあとは、まずは英語の語順に慣れ、英語を英語のまま理解するための訓練「スラッシュ・リーディング」に取り組みましょう。
英語の語順に慣れてきたら、英語を聞き取る能力の向上をはかりましょう。音声教材を使った音読練習(シャドーイング・オーバーラッピング・リーディング)が効果的です。

正しく英語を発音する練習

発音が正しくないことで、せっかく正しい文法で話していても、現地の人に意図が伝わらなかったり、その経験が傷となって自分の英語への自信がなくなってしまったという話もよく耳にします。

「正しく発音できない音は聞き取ることができない」とも言われています。つまり、正しい英語の発音を覚えないことには、英語のリスニング力があるレベル以上は伸びないという弊害が出てくる可能性があります。

英語の発音矯正を始める前に、発音記号の知識を身につけ、発音記号であらわされる音がどのように発音されるのかを把握しておくとよいでしょう。

シャドーイングやオンライン英会話、発音矯正アプリを活用することで、効率よく英語の発音矯正を進めることができます。

使える英単語の数を増やそう

新しい英単語を覚え、ボキャブラリーを増やすことで、英語の表現の幅が広がり、リーディングやリスニング力の向上にも繋がります。

小中高で学ぶ英単語は、日常で使われる必須英単語が選び抜かれていますので、まずはこれら3,000~5,000単語を覚えるようにしましょう。

さらに、社会人は、有限な時間とお金を無駄にしないためにも、TOEIC700点前後の英語力を習得してからの留学をおすすめします。

TOEIC700点は、基本的な文法は取得しており、日常会話であれば重点を理解でき、応答にも支障がなく、自分の伝えたいことを伝えられる英語力をもつレベルです。

TOEIC700点を取得可能な英単語は、3,000~4,000語で90%以上が網羅できるとも言われていますので、小中高で学ぶ英単語に加えて、TOEIC用の単語も覚えるとよいでしょう。

正しい文法知識なくしてきれいな英語は話せない

文法は英語の基盤です。英文法の知識なくしては、聞き取った英語を理解することも、自分の気持ちを正しく伝えることもできないという問題が発生します。

中学・高校で習う文法は留学前の準備段階で勉強しておくのが無難です。

まずは、文法書の各事項が説明している内容を理解し、自分で簡単に説明できるようにしましょう。

次に、理解した文法事項を使い、実際に文章を作成し、作成した英文を繰り返し口に出して練習してみましょう。

何から手をつけてよいのか分からない?英語学習のプロに相談してみよう!

ゴール 旗
「そうはいっても英語勉強を本格的にしたことがなく、どこから手を付けてよいか分からない… …」という人が多いことも事実です。

そんな時は思い切って英語学習のプロの手を借りましょう。英語英語コーチングサービスでは、専属コーチが一人ひとりの英語勉強の目標やレベル、苦手分野などを全て把握したうえで最適の学習プランを提案してくれたり、受講者が英語学習目標を達成できるように二人三脚で並走をしてくれます。

自分に最適な勉強プランを作成してもらうことによって無駄や無理のない英語勉強を続けることができ、目標達成へ向けて最短ルートで学習を進めることができます。

また、英語コーチングスクールによっては、専属コーチとの定期的なカウンセリングやスマホアプリを使った毎日の学習進捗報告もサービスに含まれているため、毎日の学習達成度の確認や具体的な学習アドバイスをコーチから得ることができたり、英語の疑問点や悩みをすぐにコーチに相談できるという利点もあります。

英語勉強を始めてもモチベーションが続かず挫折してしまうことが多いという人には最適のサービスです。

まとめ:英語勉強は留学前にはじめるが吉!

SUCCESS ブロック 昇る留学前に十分に英語を勉強することで、留学先で割高な語学学校に通う期間を短縮できたり、現地でしかできない貴重な経験に時間を割くことができたりと多くのメリットがあります。

留学を「失敗」に終わらせないためにも、自分に合った英語勉強法で適切な留学準備をしましょう。

「どの英語勉強法が自分に合っているのだろう?」「英語学習のモチベーションが続くのか心配… …」という人は、英語コーチングを検討してみましょう。

専属コーチが一人ひとりの英語学習の目標やレベル、苦手分野などを全て把握したうえで最適の学習プランを提案してくれたり、受講者が英語学習目標を達成できるように二人三脚で並走をしてくれます。

イングリードの無料カウンセリングは、自身の現在の英語レベルのチェックや学習指導が含まれています。まずは、オンラインで簡単に申し込みとカウンセリングができるイングリードでカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

関連記事

迷った方はまずは無料のオンラインカウンセリングへ
イングリードでは英語コーチングについて理解を深めたり、
英語力診断を受けられる無料のオンラインカウンセリングを実施しています。

\プロカウンセラーによる無料英語力診断テスト付き/