シャドーイング 初心者

シャドーイングは初心者には難しい?初心者がシャドーイングで効果を上げるには?


英語を勉強する時に、たくさんのノウハウや勉強方法が巷に溢れていますが、効果があるとよく耳にするのがシャドーイングではないでしょうか。

「同時通訳者が訓練に使うメソッド」として知られており、英語の専門家も実践するメソッドとあらば、期待は膨らみますよね。

聞き取った英語をそのまま声に出す、というシンプルな英語の勉強方法で、簡単に取り組めて効果が高いなんて、魔法のような勉強方法のようにも聞こえます。

しかし実はシャドーイングは誰もがやみくもに始めて高い効果が出るというものではないのです。

特に英語学習の初心者や初級者には、ハードルが高い勉強法です。

「レベルに関係なく取り組めると聞いたが、難しすぎて途中でやめてしまった」という英語学習者がとても多いのがこのシャドーイングでもあります。

ここではシャドーイングのやり方や効果、初心者がシャドーイングで効果を上げるために必要なことを解説していきます。

シャドーイングとは

シャドーイング

シャドーイングとはどういうものでしょうか。

シャドーイングとは、聞こえてきた英語の音声を0.5秒ほど遅れながら、影(シャドー)のように後ろについて、声に出すトレーニングです。

原則的に音源の英文を読まずに、耳と口だけを使います。

聞こえてきた英語の音声をそのまま声に出して言ってみることで、音声知覚力や発音が向上するという効果が期待できます。

TEDを使ったシャドーイングがお気に入り! 都内に3店舗を構えるカフェ「forucafe」の経営者である平井さんが英語コーチングで得た成果とは?

シャドーイングの種類

シャドーイングは言語のどの要素にフォーカスするかによって、いくつか種類が分かれます。

一般的に最も認知されているのはプロソディー・シャドーイングで、英語の強弱やリズム、イントネーションなど英語のプロソディー(音の性質)に集中するシャドーイングです。

その他、コンテンツ(内容)理解にフォーカスしたコンテンツ・シャドーイング、英語の定型表現や言い回しにフォーカスするフレーズ・シャドーイングなどがあります。

リピーティングや音読との違い

シャドーイングと似たような学習方法が、リピーティングや音読です。

リピーティング

リピーティングとは、ある程度まとまった英語の音声をすべて聞き終わった後に、聞き取った音を声に出して再現するトレーニングです。

シャドーイングは音声に追従して発声していくのに対し、リピーティングではまとまった英文を記憶し発声するトレーニングとなるため、初心者よりは英語上級者向けのトレーニングとも言えます。

音読

音読は、テキストを見ながら英文を声に出して読むトレーニングです。

シャドーイングやリピーティングとは異なり、英文を見ながら自身のペースで英語を声に出す練習が出来、特にまだ英語を発することに慣れていない英語学習初心者に最適です。

シャドーイングに取り掛かる前段階のおすすめトレーニングとも言えます。

シャドーイングの効果

シャドーイングは、音声を聞き取り、すぐに同じように発声するトレーニングです。

このトレーニングを通してどんな効果が期待できるのか見てみましょう。

シャドーイングの効果①/リスニング力の向上

シャドーイングの最大の効果は、リスニング力の向上です。

日本人の多くの英語学習者が「英文を見れば理解ができるのに、聞き取りができない。」という悩みを抱えています。

これは、音声と意味理解が繋がっていないことが大きな要因です。

英語ネイティブスピーカーが話す英文のリズム、イントネーション、音のつながりや変化などの音声要素に慣れておらず、目で見れば分かるのに、聞いただけでは分からないという事になるのです。

シャドーイングでは、聞こえてくる音をそのまま発声するので、英語の音の変化やリズム、イントネーションを自身で体現し理解できるようになるため、結果的にリスニング力が向上するという効果が期待できます。

シャドーイングの効果/発音の向上

英語には、日本人には聞き取りにくい発音の法則があります。

それは以下のようなものです。

  • 母音と子音
  • アクセント
  • リエゾン
  • リズム
  • イントネーション

そして、その中でも英文の発音で相手に理解してもらうのに重要なのは、極論を言えば、一つひとつの単語の正確さよりも、リズムとイントネーションです。

例えばインドやアフリカの英語圏の国には、日本人にはもはやそれが英語だとさえ気が付かないような強烈なアクセントの英語を話す人もいますが、それでも伝わるのは、彼らの英語が英語のリズムに乗っているからです。

そのような意味でも、伝わる英語を目指す時に英語のリズムやイントネーションを習得するのは大変重要なポイントです。

シャドーイングでは英語の音源を聞こえるままに声に出してついていきます。

そのため、リズムや強弱、イントネーションもそのまま発音することになり、ネイティブらしい発音を習得できるようになっていくのです。

シャドーイングの効果③/定型文や英語ネイティブらしい言い回しを習得できる

シャドーイングでは、英語ネイティブの音源を使って、それを耳で聞いて同じように発声していきます。

このトレーニングを繰り返すことで、英語ネイティブがよく使う使い回しや、定型文が自然と身につき、実際の場でも話せるようになるという効果があります。

特にフレーズ・シャドーイングでは、定型文をシャドーイングしていくので、この効果はより高くなると言えるでしょう。

また英語ネイティブと言っても、国によってアクセントや単語が違ったり、カジュアルな場やビジネスシーンなどで使われる英語はそれぞれ違うものになるので、自身が習得したい英語、シチュエーション別に教材を選んで、それを習得できるのもシャドーイングの利点です。

シャドーイングの効果④/シャドーイングはスピーキング力にも効果あり

シャドーイングはリスニング力や発音の改善のみならず、スピーキング力にも効果があります。

それは、シャドーイングを継続することで、音声と意味理解がつながり、英語を英語のまま理解できるようになることで、会話で反応の瞬発力が格段に上がるからです。

また、定型文が口から出るようになるので、それも会話の瞬発力を高め、スピーキング力が上がるのです。特にフレーズ・シャドーイングは定型文でシャドーイングを行うので、この効果が高いと言えます。

シャドーイングの効果⑤/TOEICのリスニング対策にも効果がある!

シャドーイングはリスニング力の向上に大変有効なトレーニング方法であることは、上述した通りです。

このリスニング力の向上はTOEICのリスニング対策にも大変効果があるものです。

一字一句を正確に発声していくシャドーイングのトレーニングを続けることで、TOEIC試験中の音の変化や、音が消失またはごく小さく発声するような単語をも聞き取る事ができるようになります。

質問の音源を正確に聞き取れるようになることは、TOEICリスニングテストにおいて大変大きな利点と言えるでしょう。

【TOEIC対策】戦略的な学習プランで最短攻略! TOEIC対策のプロが提案する3ヶ月で200点アップを実現する方法
就職や転職などのキャリアアップに繋がる、英語の基礎構築に効果的といった理由で、日本国内では最も普及している英語力診断テストとして、2018年には約266万人が受験をしたTOEIC。...

TOEICのリスニングはリーディングよりも簡単? 隙間時間を利用した反復学習で対策をしよう!

初心者は効果が出ない?シャドーイングの難点

シャドーイング 初心者

日本人が苦手な英語のリスニングや発音向上に効果が高い事で取り組む人も多い人気の勉強法シャドーイングですが、「思ったように効果が出なかった」、「難しくて挫折してしまった」という声を多く聞くのもこのシャドーイングです。

実はシャドーイングは英語初心者にはオススメとは言えない勉強法です。

以下にその理由を解説します。

初心者にはハードルが高い理由

シャドーイングは初心者にはハードルが高い勉強方法です。

理由① シャドーイングには基礎英語力が不可欠

シャドーイングは音声処理と意味理解を繋ぐのに効果の高いトレーニングですが、その英語が理解できないものである場合は、意味がありません。

シャドーイングの最終目的は、音声と意味を結びつけられるようにすることですが、内容理解できないものをひたすらにシャドーイングしていても、英語の音に慣れる効果は少し期待できるかもしれませんが、シャドーイングの本来の目標への効果は期待できません。

そのような意味でも、英語初心者の人はシャドーイングに取り組む前にしっかりと基礎英語力をつけておく事が重要です。

【英語コーチング】誰も教えてくれない伸びる人に共通する5つの特徴とは?

理由② ある程度のリスニング力が必要

シャドーイングでは聞き取ったものをすぐさま発声する必要があるため、リスニング力が不可欠です。

英語初心者は英語の音声に慣れていないため、リスニングができません。

リスニング力に効果があると聞いたから取り組みたいのに、リスニング力がいるなんて、矛盾ではないかと思われるかもしれません。

しかし、シャドーのようについていくためには、何の単語が発せられているのかを最低限理解する必要があります。

スクリプトを読んでから臨んでも聞き取りができないのであれば、シャドーイングに取り組む前に、まずは初級者向けの教材で音読などをしながら、リスニング力を鍛えましょう。

理由③ ある程度の語彙力が必要

上記でも言及したように、シャドーイングは音声を聞き、発音しながら、意味を理解していく事が最終的な目標です。

語彙力がないと英文が理解できず、なんとなく発声はできても、意味が分からないものはやっていても効果がないのはもちろん、何よりも楽しくなく苦痛でしかないでしょう。

楽しくなく効果が感じられないものは、結局は継続できずに途中で挫折してしまいます。

シャドーイングは最低限の語彙力はつけてから取り組むべきものなので、初心者の人が見よう見まねで始めてもあまり意味がないのです。

英語初心者はシャドーイングの前に取り組むべきことがある!

シャドーイング 初心者

シャドーイングは英語初心者にはハードルの高い勉強方法です。

英語力を向上させたいという思いが先走り、見切り発車的に始めても、効果はあまり期待できないのはもちろん、途中で挫折してしまう可能性大です。

それでは、英語初心者はどんなところからスタートしたら良いのでしょうか。

基礎英語力をつける事が最優先

まずは基礎英語力をつけましょう。

シャドーイングを取り入れていくのであれば、基礎英語力は必須事項です。

シャドーイングは、英語を聞き取り発声することで、音声と意味を繋ぐ事ができるようにするためのトレーニングです。

なので、音源のテキストを読んだ時に十分に理解ができるというのは重要なポイントとなります。テキストの内容が理解できるようにするためには基礎英語力が必要です。

基礎英語力の構築には、まずは中学英語は必ずマスターしましょう。

書店には中学英語のおさらい本がたくさん置いてありますので、一冊好きなものを選んで学習してください。

シャドーイングは、これらに取り組み、基礎英語を理解した後で取り組んでも全く遅くはありません。

発音ルールを覚えよう

英語には日本語にはない独特の発音ルールがあります。

「文章で読めば分かるのに、聞き取りが苦手だ」という人は、これらの英語独特の音の変化が起こっていることで聞き取りができなくなっているケースが大変多いのです。

特に文章になった時に音が変化したり、消えたりするため、聞き取りができなくなっているのです。

発音ルールで押さえておきたいのは以下のものです。

  • 母音と子音
  • アクセント
  • リエゾン
  • リズム
  • イントネーション

全てを完璧に把握するのは難しいかもしれませんが、各アルファベットの正しい音や、音の変化などはある程度法則を理解しておくと、聞き取りと、自身が英語を話す際にも大変役に立ちます。

英語の発音を矯正したい人必見! 英語初心者でも褒められる英語の発音のための発音知識とおすすめ勉強法

英語のリエゾンを理解すれば一気にリスニング力が向上? リエゾンの主なパターンと特徴、習得方法をプロが解説

基礎リスニング力をつけよう

シャドーイングは聞こえてくる英文を0.5秒ほど後にそのまま再現して発声するトレーニングです。そのため基礎的なリスニング力がないと、シャドーイングを勉強に取り入れる事は難しいのです。

シャドーイングを始める前に、基礎的なリスニング力をつけることは大変重要なポイントとなります。

リスニングが上達しない? リスニングの要素と効果的な学習について解説

基礎リスニング力を上げるためには、音読ディクテーションがオススメです。

この時は、読んだ時に理解ができるレベルの音源を使いましょう。

ディクテーションならリスニングの弱点発見&克服を同時にできる! ディクトレを取り入れるための準備と運用方法

基礎単語を身につけよう

語彙力がないと、シャドーイングに取り組む際に内容理解ができず、シャドーイング本来の目標と効果を十分に得られません。

また、見切り発車でやってみたものの、ひたすら単語の勉強ばかりすることになるという事になりかねません。

最低限の英単語は身に付けてからシャドーイングに挑戦しましょう。

とはいうものの、英単語は膨大な量があり、次から次へと知らない単語が出てくるものです。中学校までで学ぶ英単語は必ず習得し、できれば高校英単語も学んでください。

中学高校で学ぶ英単語は約3,000語程度です。これら基本の英単語を学んでからシャドーイングができると良いでしょう。

【キクタン】英単語を書いて覚えるのはもう古い! 音声知覚による脳科学に基づいた語彙トレでボキャブラリーを増やそう

シャドーイングに取り組む時に気をつけることとコツ

シャドーイング 初心者

それでは実際にシャドーイングに取り組む時に気をつけないといけない事と、シャドーイングを継続しながら、効果を得るためのコツにはどんなものがあるでしょうか。

初心者にはハードルが高い

繰り返しになりますが、シャドーイングはシンプルに見えますが、同時通訳者のトレーニングに使われるほど高度な技術を必要とするトレーニングです。

基礎英語力、最低限のリスニング力が不足している英語初心者には、シャドーイングはハードルの高いものです。基礎英語力がないなと感じている人にはシャドーイングはまだ早いと言えます。

英語力を向上させたい、とはやる気持ちは理解できますが、シャドーイングは万能の特効薬ではないので、まずは基礎英語力を磨いてから取り組みましょう。

正しい方法と手順で効果を上げる

シャドーイングには効果を出すための方法と手順が決められています。

このステップを踏む事で、シャドーイングで効果を得られるというガイドです。

ENGLEADでは5ステップシャドーイングを提唱しています。

5ステップシャドーイングの5つのステップとは以下のようなものです。

No. ステップ 目的
1 リスニング 音声内容の趣旨を理解すること
2 英文チェック 英文の内容を完全に理解すること
3 音読 英語をスムーズに口から発声すること
4 シンクロ・リーディング 正しい英語の発声(発音・抑揚・アクセント・リズム)を練習すること
5 シャドーイング 英文を見ないで音声と同じようなスピード・発音で発声すること

 

これらのステップを焦らず確実にしっかり踏んでいく事で、シャドーイングの効果がぐんと上がります。

英語学習に本気で取り組むなら絶対に5ステップ・シャドーイングがおすすめ

教材選びは最重要事項

シャドーイングにおいて、教材選びは大変重要なポイントです。

どんな教材を使うかで効果の度合い、継続できるか否かも左右されます。

シャドーイングの教材を選ぶ際のポイントは以下のようなものになります。

理解ができる内容の教材

スクリプトを読んだ時に、知らない単語が多少出てきたとしても、内容が理解できるものを選びましょう。シャドーイングにおいては難解な内容や、専門外で高度な内容の教材は不要です。

理解がしやすく、専門や興味分野から教材をチョイスできると、シャドーイングが継続しやすくなります。

音源が速すぎない教材

英語ネイティブでも、早口の人、ゆっくり話す人といますが、あまり早口の人の英語音源や、上級者向けの音源は避けましょう。

最初に音声を聞き、ある程度理解ができる、またはテキストを見た後だったら理解ができるレベルの教材を選びましょう。

【シャドーイング】英語のプロが本気ですすめるシャドーイング教材・参考書11選

効果を上げるための必須アイテム

シャドーイングに取り組む際に、用意できると効果をさらに上げる事のできるアイテムがあります。

それが以下のようなものです。

自分のレベルに合ったネイティブスピーカーの音源とスクリプト

上述した通り、自分のレベルや興味分野の内容で、ネイティブスピーカーの音源とスクリプトのついた教材を使用しましょう。

【シャドーイング】英語のプロが本気ですすめるシャドーイング教材・参考書11選

英語コーチングスクールがおすすめするシャドーイングアプリ15選!【初心者OK】

録音機

シャドーイングでは音をコピーする事が重要ですが、自分がどのように発音しているかは自分では分からないものです。

そこで自分の声を録音して再度聞き直し、客観的に聞いて、改善点を洗い出す事は、発音改善に大変有効です。

自分の声を聞くのは初めは気恥ずかしい感じがするかもしれませんが、すぐに慣れてくるでしょう。

スマートフォンには録音機能がついているものが多いので、その機能を利用するのが一番手軽でしょう。

イヤホンやヘッドホン

周囲の雑音が入ると、シャドーイングに集中しづらくなります。

イヤホンやヘッドホンを使って、集中してリスニングとシャドーイングをおこないましょう。

初心者はコーチングサービス利用も

シャドーイングは初心者にはハードルが高く、シャドーイングに取り組む前に、基礎英語力の構築が欠かせません

初心者の方で、確実に効率よく英語力を向上させて行きたいという人には、コーチングサービスを利用して英語の勉強と、それに合わせてシャドーイングに取り組んでいくという方法もあります。

コーチングサービスでは、ひとりひとりの今の英語力、それに合わせての勉強方法、進捗状況を見ながらのアドバイスなど、英語学習のプロが伴走者となって英語の勉強をサポートしてくれます。

自己流で迷走したり、ダラダラと勉強するよりも、遥かに効率がよく、最終的にはコストパフォーマンスも良いものになるとも言えます。

日々の英語学習にシャドーイングを取り入れたい、シャドーイングの前の英語の基礎力をつけたいという人にも英語コーチングはオススメです。

英語学習初心者の方が必ず躓く3つポイントと英語コーチングをオススメする理由

英語コーチングではどんな勉強法が採用されている? 自分でもできる効果的なやり方を解説

シャドーイングが難しければ、音読学習でも十分

基礎固めもしたし、語彙力も十分にあるけれど、シャドーイングはどうしても苦手だと言う人もいるでしょう。

どのトレーニング方法にも向き不向きがあります。シャドーイングの方法がどうしても苦手という人は、音読学習でも効果は十分に得られます。

シャドーイングがどうしても苦手だという人は、思い切って勉強方法を切り替えましょう。

【あなたは大丈夫?】英語コーチングを受けても伸びない人の5つの特徴

まとめ:初心者には難易度の高いシャドーイングは、コーチングを利用して基礎英語力を上げてからが効率的

シャドーイング 初心者

同時通訳者がトレーニングに使用するシャドーイングは、音源の0.5秒ほど後を影(シャドー)のようについて、そのまま発声していくという、耳と口を使ったシンプルな英語の勉強方法です。

シャドーイングでは、音に集中するラプソディー・シャドーイング、内容に集中するコンテンツ・シャドーイング、英語の定型表現や言い回しにフォーカスするフレーズシャドーイングなどの種類があり、どれに集中するかによって、それぞれのスキルをアップさせることのできる勉強方法です。

このシャドーイングを継続することで、リスニング力、発音の向上、定型文や言い回しが自然と出てくるというような高い効果があり、多くの英語学習者が取り組む勉強方法です。

音源について発声するという方法はシンプルですが、耳に入ってくる音を再現し、最終的には音と意味を繋げるシャドーイングは、実は負荷の大きいトレーニングです。

そのため、英語初心者には大変ハードルの高い英語勉強方法なのです。

英語初心者はやみくもにシャドーイングを取り入れるのではなく、その前に基礎英語力の構築と基礎的なリスニング力の向上に取り組む必要があります。

基礎英語力の構築には、各種教材を利用して独学も可能ですが、より効率的かつ効果的に英語学習に臨みたいという場合は、英語コーチングサービスがおすすめです。

英語コーチングは新たなステージへ! 利用者のニーズや問題に応えたコーチングを提供するENGLEAD(イングリード)
英語を習得するには合計3,000時間の学習時間が必要とされています。しかし、仮に半分の1,500時間を勉強しようと思った時に、毎日1時間の勉強をしても4年以上の歳月が必要になります。...

英語習得という目標達成のための道案内とアドバイス、サポートが受けられる英語コーチングは英語習得のための最善の道を示してくれるものです。

英語コーチングサービスを受ける中で、最適なタイミングでシャドーイングに取り組むこともできるでしょう。

シャドーイングは基礎英語力がついたら、自身のレベルや興味分野にしたがって教材を選び、あとは正しい手順と方法にしたがって、反復練習をするのみです。

まずは3ヶ月続けてみましょう! 3ヶ月後、英語力が飛躍的に伸びていることを実感できることでしょう。

関連記事

迷った方はまずは無料のオンラインカウンセリングへ
イングリードでは英語コーチングについて理解を深めたり、
英語力診断を受けられる無料のオンラインカウンセリングを実施しています。

\プロカウンセラーによる無料英語力診断テスト付き/