TOEIC 日程

【2021年版】TOEIC公式試験の日程や申し込み方法を徹底解説


TOEIC受験者にとって、TOEICの日程を把握しておくことは大切です。なぜなら日程を知れば事前に学習計画を立てられるからです。

本記事では、TOEICの日程や費用、TOEICの結果発表日程、日程から逆算するTOEIC学習方法について解説します。

万全の準備をしてTOEICに臨むためにも、本記事を最後までチェックして、TOEICの日程について把握しておきましょう。

※情報は全て2021年1月現在のものです

2020年のTOEICは新型コロナウイルスの影響でいくつかの試験日程がキャンセルに

TOEIC 日程 コロナ

2020年のTOEICは、新型コロナウイルスの影響で大幅に予定が変更されています。2020年上半期では、3・4・5月のTOEICは全て中止、6月のTOEICは一部中止されました。

下半期に関しては、万全の感染予防対策をした上で実施され、例年ならTOEICの実施回数は年に10回ですが去年は11回行われました。

TOEIC公式が9月から再開! コロナ禍による影響と今後のスケジュールのまとめ

4種類あるTOEICの特徴をさらっとおさらい

TOEIC 日程 特徴

TOEICの日程を確認する前に、TOEICの4つの種類についておさらいしましょう。

TOEICの種類①/Listening & Reading Tests

TOEIC L&Rテストは、リスニングテストが45分の100問、リーディングテストが75分の100問の合計200問で構成されています。

TOEIC L&Rテストは、ほとんどのTOEIC受験生が受験する、TOEICの中でも最もメジャーなテストです。TOEIC L&Rテストのスコアを持っていると就活や転職でも役立ちます。

TOEICの種類②/Speaking & Writing Tests

TOEIC S&Wテストは、英語の4技能(聞く・読む・話す・書く)の中でも、話すと書くに焦点を当てたテストです。

スピーキングテストが20分の11問、ライティングテストが8問の60分の合計19問で構成されます。パソコンを使用して受験するテストです。

TOEICの種類③/Bridge Listening & Reading Tests

TOEIC BridgeはTOEICよりも優しい問題で構成された英語初心者・中級者向けの試験です。「TOEICを受験したいけどまだ実力が足りないしな・・」という方はTOEIC慣れするためにもTOEIC Bridgeを受けてみると良いですよ。

問題量も解答時間も半分なので、気軽に受けられます。

リスニングテストが50問で25分間、リーディングテストが50問で35分間の合計100問で構成されています。

TOEICの種類④/Bridge Speaking & Writing Tests

こちらもTOEIC Bridge L&Rテスト同様に、 TOEICよりも優しめに作られた問題です。スピーキングテストが8問で15分間、ライティングテストが9問で37分間の合計17問で構成されています。

TOEICは何種類ある? 各テストの特徴や選び方をわかりやすく解説

TOEICの日程と受験費用について【2021年】

TOEIC 日程 費用

TOEICの日程と受験費用について紹介します。日程を確認して、学習計画を立てるときの参考にしましょう。

TOEIC Listening & Reading Testsの日程

日程 申し込み期間
2021年1月31日(日) 2020年10月28日~12月8日 15時まで
2021年2月28日(日) 2020年12月9日~1月5日 15時まで
2021年3月21日(日) 2021年1月6日~2月9日15時まで

 

TOEIC Speaking & Writing Testsの日程

日程 申し込み期間
2021年1月17日(日) 2020年11月27日~12月28日15時まで
2021年2月7日(日) 2020年12月28日~1月22日15時まで
2021年3月14日(日) 2021年1月22日~2月26日15時まで

 

TOEICの受験費用と支払い方法

テスト 受験費用 支払い方法
TOEIC L&R Tests 6,490円(税込) ・クレジットカード
・コンビニ支払い
・楽天ペイ
TOEIC S&W Tests 10,450円(税込)

※支払い方法の詳細はこちら

TOEIC Bridgeの日程と受験費用について【2021年】

TOEIC 日程 BRIDGE

TOEIC Bridgeの日程と受験費用について紹介します。

TOEIC Bridge Listening & Reading Testsの日程

日程 申し込み期間
2021年3月21日(日) 2020年11月16日~2月18日15時まで

 

TOEIC Bridge Speaking & Writing Testsの日程

日程 申し込み期間
2021年3月28日(日) 2020年10月30日~3月12日15時まで

 

TOEIC Bridgeの受験費用と支払い方法

テスト 受験費用 支払い方法
TOEIC Bridge L&R Tests 4,950円(税込) ・クレジットカード
・コンビニ支払い
TOEIC Bridge S&W Tests 9,350円(税込)

※支払い方法の詳細はこちら

TOEICの日程変更や試験会場の変更は可能?

TOEIC 日程 変更

TOEICの日程変更や試験会場の変更の可否についてまとめました。

テスト キャンセル 日程変更 会場変更
TOEIC L&R Tests 不可 不可 不可
TOEIC S&W Tests 可(手数料5,000円) 可(手数料2,750円) 可(手数料2,750円)
TOEIC Bridge L&R Tests 不可 不可 不可
TOEIC Bridge S&W Tests 可(手数料5,000円) 可(手数料2,750円) 可(手数料2,750円)

※新型コロナウイルスの影響でキャンセルや日程変更が可能かつ手数料不要になっている場合があります。詳細は以下の記事をご覧ください。

TOEIC公式が9月から再開! コロナ禍による影響と今後のスケジュールのまとめ

TOEICの結果返却の日程について【2021年】

TOEIC 日程 返却

TOEICの結果は郵送もしくはオンラインで確認できます。

オンラインの結果発表日程

オンラインでは郵送よりも早く結果を見ることができます。結果発表日程が具体的に決まっているわけではありませんが、通常の場合、試験から3週間後にオンラインで結果を確認することができます

郵送だと、結果が返却されるまでに4週間かかるので、早く結果を知りたい方はオンラインで確認しましょう。

オンラインでの確認の仕方

オンラインでTOEIC結果を確認するためには、申し込み時に「テスト結果インターネット表示」を「利用する」にチェックを入れる必要があります。
「利用する」にチェックを入れると、試験から約3週間後に結果確認用のメールが届きます。

郵送での結果発表日程

2020年の郵送での結果発表日程をまとめました。

TOEIC Listening & Reading Testsの結果発表日程

 テストの日程 結果発表日程
2021年1月31日(日) 2021年3月2日(火)
2021年2月28日(日) 2021年3月30日(火)
2021年3月21日(日) 2021年4月20日(火)

 

TOEIC Speaking & Writing Testsの結果発表日程

テストの日程 結果発表日程
2021年1月17日(日) 2021年2月16日(火)
2021年2月7日(日) 2021年3月9日(火)
2021年3月14日(日) 2021年4月13日(火)

 

TOEIC Bridge Listening & Reading Testsの結果発表日程

テストの日程 結果発表日程
2021年3月21日(日) 2021年4月23日(金)

TOEIC Bridge Speaking & Writing Testsの結果発表日程

テストの日程 結果発表日程
2021年3月28日(日) 2021年4月30日(金)

 

TOEIC結果の発表が遅い場合の対処

TOEIC結果が試験から35日経過しても送られてこない場合には「03-5521-6033」のお問い合わせ窓口に連絡してください。

試験から65日以上経過している場合、手数料が発生するので、35日〜65日の間に問い合わせましょう。

詳しくはこちらをご覧ください。

TOEIC試験日の日程から逆算する学習スケジュール

TOEIC 日程 学習スケジュール

TOEICはただがむしゃらに勉強するのではなく、効率的に勉強することが重要です。TOEICまでどのくらいの期間があるのかによって、やるべき勉強は異なります。

試験日までの日数別の勉強法についてみてみましょう。

TOEIC試験日程の3ヶ月前

3ヶ月という期間はTOEICスコアを上げるには十分な期間です。3ヶ月あればTOEICスコアを100点以上あげることも可能です。

TOEIC3ヶ月前には、単語や文法などの英語の基礎となる部分を覚えましょう。まずは基礎を固めることが最も大切です。

焦って実践問題を解くことだけは絶対にNGです。基礎ができていないのに実践問題を解くと「ほとんど不正解→復習量が多すぎて復習に手が回らない」という負のサイクルを生んでしまいます。

たった3ヶ月でTOEICスコア爆上げ! 誰でも確実に英語力を上げる方法とは?

TOEIC試験日程の1ヶ月前

TOEIC1ヶ月前から実践問題を解き始めましょう。試験3ヶ月前からの2ヶ月間で、単語や文法を学習することにより、これまで読めなかった文章が読めたり、解けたりするはずです。

そして最も大切なのが復習です。実践問題を解いて、間違えた問題を復習する、をひたすら繰り返します。得意を伸ばすよりは苦手を潰すことに徹しましょう。

TOEIC過去問の使用方法は本番想定の演習だけではない! TOEICの過去問にまつわる噂も検証!

TOEIC試験日程の前日

試験前日に新しいことを覚えようとするのはNGです。なぜなら人は記憶を完全に脳に定着させるのに数日間を必要とするからです。
前日は、一度覚えたが忘れかけている単語などを復習しましょう。

単語帳などに予めチェックをつけておくとスムーズに復習できます。

TOEICの直前に取りくむべき対策や勉強法、受験の心構えについて徹底解説

まとめ:TOEICは日程に余裕を持って申し込みをしよう

TOEIC 日程 余裕

TOEICは余裕を持って申し込みましょう。申し込みを忘れていて、期限をすぎてしまうと次の試験日までの時間がもったいないですし、TOEIC学習のモチベーションも下がってしまいます。

また、これからTOEIC学習を始めるという方はできれば3ヶ月後のTOEICに申し込みましょう。

TOEIC慣れするために受験するのなら話は別ですが、十分な期間を使って、万全の準備をして試験に臨むべきです。

まずは目標点数別にやるべきことを確認しましょう。

【TOEIC対策】戦略的な学習プランで最短攻略! TOEIC対策のプロが提案する3ヶ月で200点アップを実現する方法
就職や転職などのキャリアアップに繋がる、英語の基礎構築に効果的といった理由で、日本国内では最も普及している英語力診断テストとして、2018年には約266万人が受験をしたTOEIC。...

関連記事

迷った方はまずは無料のオンラインカウンセリングへ
イングリードでは英語コーチングについて理解を深めたり、
英語力診断を受けられる無料のオンラインカウンセリングを実施しています。

\プロカウンセラーによる無料英語力診断テスト付き/