駐在員なのに英語ができない…あなたの英語のレベルそのままで大丈夫?


駐在員で海外に勤務しているけれども、いつまでたっても英語が上達しないことに悩んでいませんか?

駐在すれば毎日英語を使うから、自然に英語ができるようになると思っていたけれども、数年たっても片言の英語しか話せるようにならない。そうこうしているうちに、駐在期間が終わり、結局英語ができないまま帰国する日が近付いているという話はよく耳にします。

また、駐在後いつまでたっても英語ができないため、仕事もプライベートも充実せず、なかには孤立してメンタルバランスを崩すケースもあります。

今回は、駐在生活で英語ができないとどうなるか、駐在中に英語ができるようになるためには何をすべきか紹介したいと思います。

英語ができなくても駐在はできる?

英語 面接 日本

極論からいうと、英語ができなくても駐在自体はできます。現に、片言の英語で駐在の任期を終えた、なんとか仕事はこなせたというケースは多くあります。

というのも、日系企業の多くが、日本と駐在先の橋渡しをする役割を任されるケースが多いため、片言の英語でやりとりをしてもなんとか仕事はこなせてしまうのです。

ですが、片言程度の英語で送った駐在生活は充実したものといえるのでしょうか?

駐在員で英語ができないとどうなる?

では、駐在員で英語ができないと、どのような生活を送ることになるかをみていきたいと思います。

ローカルスタッフに呆れられる

ローカルスタッフからは、「英語ができない日本人」ということで、下に見られ、呆れられるでしょう。

ローカルスタッフは、駐在員に対して本社が多額の手当をつけていることを知っています。なかには、「英語ができないまま駐在にきて、悠々自適な生活を送る日本人は使えない」という考えを持っているローカル社員も多くいます。

駐在のミッションによりますが、昨今はローカル社員のマネジメントや育成をすることが駐在員の一つのミッションになっている企業が増えてきています。そのためローカル社員との関係性を築くことは、駐在員に一番大切といっても過言でありません。

言葉が通じなくても信頼は築けるとお考えの方もいるかと思いますが、仕事における信頼関係では、英語ができることは必須条件です。特に海外では、その人が持つスキルや経験で人を判断しますので、きちんと英語を使ってコミュニケーションを取れることは信頼関係を築く上でとても重要です。

駐在したのに英語が話せないことで、周囲からの評価が下がる

日本では、駐在したことがある人=英語が得意な人というイメージが持たれています。そのため、駐在後英語ができないまま帰国をすると、駐在したのに英語が話せない残念な人というイメージを持たれるでしょう。

そのまま同じ企業に勤める方は、駐在経験がある方に対して海外関連のプロジェクトをアサインされるケースが多いと思います。ですが、蓋を開けて見たら、そのアサインした駐在員が英語ができず、プロジェクトをきちんと進めることができなかったとなると、社内での評価が下がります。

また、駐在経験を生かして転職をしたい方は、英語ができないことで、転職候補が限られるでしょう。

転職エージェントは、駐在経験がある方は英語ができることが一つのポイントと捉えます。しかし、英語ができないとなると、紹介できる企業先が絞られるため、自ずと自ら望んだ転職ができなくなってしまいます。

英語がネックで仕事もプライベートも充実しない

英語ができないことで社内のコミュニティにも入れず、プライベートでも現地の人たちと仲良くなれず駐在前に思い描いていた駐在生活を送れないという話もよく耳にします。

本当は駐在期間中に、現地の人たちと英語で色んな話をして、自分の視野を広げたいと思っていたのに、結局日本人コミュ二ティの中で過ごすことで、日本にいた時と変わらない生活をし、帰国することになるでしょう。

英語ができないことで周囲から孤立する

英語ができないと、周囲のローカルスタッフや友人も色んな集まりやイベントに誘いづらくなります。そのため、自分抜きでパーティやイベントが開催されて、楽しそうな写真がSNSにアップされていて悲しい思いをすることも多いでしょう。

仕事場や近所での挨拶では問題なく接してくれるけれども、英語ができないとコミュニティに溶け込めないことで周囲から孤立してしまうことになります。

英語ができないままの駐在生活でよい?

英語ができないまま駐在生活を送ってよいかどうかは、本人の考え次第です。ですが、「駐在」という機会を最大限に生かし、自分を成長させたい、次のキャリアにつなげたいと考えている方は、英語ができないまま駐在生活を送ってよいはずがありません。

日本人の中には、アジアの駐在を経て、本社の海外事業部へ、欧米の駐在員のポジションへといった希望を抱いている方が多いですが、それも英語力次第です。英語を母国語とする場所では、英語ができないと、本当に仕事が回らなくなるからです。

また、英語ができないまま駐在経験を終えて帰国することで、逆に自分のキャリアに傷をつけたというケースも聞きます。

グローバルにビジネスを展開する企業が多い今、企業はどこに行っても現地のローカル社員や環境に馴染める人材を求めています。ですので、「駐在したのに英語ができない」となると、現地に馴染む努力をしなかった人というレッテルを貼られることになりかねません。

そもそも、駐在するだけでは英語はできるようにならない?

結論からいうと、駐在員として赴任するだけでは英語はできるようになりません。もちろん英語を使って生活をするわけですから、日常会話程度の英語力は身につくでしょう。

 

しかし、駐在員として仕事をする上で必要となる英語力となると別です。きちんとローカル社員の英語を聞き取り、自分の意見をしっかりと英語で伝える力は、ただ現地で生活をしているだけでは磨かれません。

駐在中は仕事で英語も使うのに、なぜ英語ができるようにならないのか疑問に思う方も多いかと思いますので、その理由を説明します。

英語を使ってビジネスを進めるミッションを負っていない

日系企業の駐在員でよくありがちなのが、駐在したはよいが、現地で日本語ばかり使ってビジネスを進めることが多かったというケースです。

現地で英語を使って商談を進める、ローカル社員をマネジメントするといったポジションの場合は、英語力を伸ばすことができる環境に身をおけますが、中には日本本社との橋渡しがメインの仕事で、海外にいるのにずっと日本語を使って仕事をする環境に置かれることがあります。

この場合、駐在員として赴任してもビジネスで通用する英語力は身につけることができないでしょう。

現地で日本語を使ってビジネスをし、駐在員としての給料をもらうのはとても美味しい環境ですが、英語を伸ばしたいのであれば、自分で上司と相談して環境や仕事の仕方を変える必要があります。

ある程度の英語力で切りぬけようとする

駐在員として赴任する場合は、役職につくことが多く、周囲の役職者も日本人ばかりというケースが多いでしょう。

この場合、ローカル社員の部下は上司である駐在員に意見を申しにくく、例え駐在員が片言の英語で会話をしたとしても、ローカル社員は、がんばって言いたいことを察してくれることが多いでしょう。

そのため、「多少変な英語を使っていても、ローカルの社員が察してくれる」「日本人だし片言の英語でもしょうがない」という甘えが生まれ、結果的に駐在員としての経験があってもビジネスで通用する英語はできいないという結果になってしまいます。

英語の勉強をしない

仕事や日常の生活に終われ、英語の勉強をしないことで、英語力が伸びないケースです。日常の仕事で使う英語で英語力は伸びるだろうと思い、勉強をしないことで、現在の英語力のレベルに留まり、いつまでたっても英語ができない駐在員になってしまいます。

駐在中の英語を伸ばすためのポイント

では、駐在中に英語を伸ばすためにはどのようなことが必要なのでしょうか?

きちんとした目的、目標を定める

なぜ、自分が英語をで切るようになりたいか、いつまでにどれくらい英語ができるようになるかと行った目的、目標をしっかり定めましょう。

おすすめとしては、定性・定量目標の両方を定めることをおすすめします。

定性目標としては、「現地のローカル社員と会議でレスポンスよく会話をすることができる」や「プレゼンテーションの質疑応答で迷わずしっかり英語で応答できるようになる」といった目標がよいでしょう。定量目標は、英語のスコアなどで自分の英語力を管理することをおすすめします。

一点気をつけたいのは、英語のスピーキング力を計るテストで英語力を確認することです。

駐在員の多くが、ある程度英語を読むこと、書くこと、聞くことはできるものの、しっかりと話すことができないという方が多いです。そのため、Versantなどスピーキング力を計るテストを使用して目標を立て、定点観測をすることをおすすめします。

環境を整える

英語力を伸ばすための環境を整えましょう。仕事場では、自分が英語を伸ばしたいことをローカルメンバーなどと共有し、日常から自分の英語力に対するフィードバックをもらい、英語力を高められるようにしましょう。

また、プライベートでは、日本人の駐在員仲間とばかりいることを避け、ローカルの社員の家族や現地のコミュニティに溶け込み、普段から英語を使う環境に身を置くことをおすすめします。

英語の勉強をする

普段から英語の勉強をすることは必須です。毎日時間を決めて、英語の勉強をすることで、少しずつ聴き取れる単語が増え、スピーキング力も上がってきます。おすすめの勉強方法は、以下の2つです。

シャドーイング

TEDやニュース、海外ドラマなどを使い、シャドーイングをすることで、リスニング力とスピーキング力を高める勉強方法です。

よく、「ローカル社員がゆっくり話してくれれば、なんとか英語を聴き取れるのに、会議や日常の仕事で話される英語のスピードだと全然何を話しているのか聞き取れない」という話を聞きます。

これは、ローカル社員が英語をネイティブと同じレベルで話すことで、単語間がつながって聞こえることで聴き取れなくなること、RやLなど日本人からすると、聴き取りが困難な発音の判断ができなくなることが原因です。

例えば、

What I want to say is〜(私がお話したいことは〜)というフレーズは、次のように聞こえます。

  • what I →(ワタイ)
  • want to →(ウォントゥ)
  • say is →(セイズ)

このように単語間がつながって発音されるため、音に慣れるまで、相手が何を話しているのか聴き取れないでしょう。

シャドーイングを使った勉強方法することで、聴き取り力を格段にあげることができます。ネイティブスピーカーが話ている音を真似て発音をすることで、ネイティブがどのように発音するかを確認することができるため、自然と聴き取りができるようになります。

また、同時に発音を改善し、スピーキング力を上げることができます。駐在員で多いのは、自分では正しく英語を発音し、話しているはずなのに、ローカル社員に首を傾げられることが多いというケースです。日本語と英語の発音はどうしても違うため、きちんとした発音を身につけるには、訓練が必要になります。

そのため、シャドーイングをすることで、スピーキング力も高めることができるのです。

【シャドーイング】英語のプロが本気ですすめるシャドーイング教材・参考書11選

瞬間英作文で、スピーキング力を高める

次に日本人駐在員の悩みで多いのが、とっさに自分の考えを英語にして話すことができないというケースです。

文法が気になり、考えて、構文を組み立ててからでないと英語を話すことができないという話はよく聞きます。このような悩みを抱える方におすすめの勉強法は、瞬間英作文です。

瞬間英作文とは、日本語の簡単な文章を瞬時に英語にするトレーニングです。

最初は、中学生が学習する程度の英作文からはじめ、だんだんとレベルをあげていくとよいでしょう。瞬間英作文を使ったトレーニングをすることで、英語を英語で考え、口にできる英語脳に切り替えることができます。

瞬間英作文はスピーキングに効く! 「力があるのに話せない」を打開しよう

 

コーチングサービスを使って、学習を定着させる

駐在員としてのミッションを背負い、来客も多い中で、毎日時間を取って英語の学習をすることは大変なことです。疲れていると、明日勉強すればいい、週末まとめてやろうといった考え方になり、結局3日坊主で学習が終わってしまったというケースも多いと思います。

英語学習は、毎日コツコツ取り組むことが一番大事です。

なかなか成果が見えなくても、毎日取り組むことで、ある日、ローカル社員の英語が聴き取れるようになっている、英語が自然に口をついて話せるようになっている自分に気づきます。ですが、自分一人になると、余程の強い意思がない限り、学習を継続することができないのが現状です。

毎日英語学習を続けるためにおすすめのサービスが、コーチングサービスです。

コーチングサービスが駐在員に取っておすすめな理由は下記の通りです。

コーチと一緒に学習計画を立てられる

自分の目標や目的を具体化し、そのためにどのようなマイルストーンを設ければよいか、日々どのような学習に取り組むと効果的かをコーチと相談し、決めることができます。

コーチが学習進捗を確認してくれる

コーチングでは、定期的にコーチと面談をし、学習進捗状況を確認することができます。

学習が進んでいない場合は、なぜ進められなかったか、どのような支援があれば学習を進められるかを確認し、コーチが必要な支援をしてくれます。また、ENGLEADでは、毎日コーチからチャットを送り、学習のリマインダーや学習に向けたモチベーションアップをしています。

実際受講生からは、コーチがメッセージを送ってくれるから、勉強しないといけないという気持ちになるというコメントも多くいただいています。

コーチに質問をすることができる

学習方法や、学習中にわからなかった点は、気軽にコーチに質問をすることができます。

例えば、学習していて、いまいち理解できなかった言い回しについて質問をする。また、突発的に仕事で英語を使ってプレゼンテーションをしなければいけなくなった時にどのような準備をすればよいかアドバイスを求めることができます。

駐在員の中には、オンライン英会話などのサービスは利用しているものの、細かい英語に関する質問や学習に関する質問を気軽にできないという悩みを抱えている方が多くいます。

英語コーチングサービスはこういった方々の悩みの解決にも有効的です。

まとめ:英語が話せない駐在はイタい存在……。でも、やれば必ず身につきます!

「駐在」は仕事やキャリアにおいても、また人生においても大きな機会です。ですが、この駐在の機会を自分の今後に生かせるかどうかはあなた次第であり、英語ができるかできないか次第と言っても過言ではありません。

折角手に入れた駐在の機会を生かせるように、英語を身につけ、日本ではできない経験を積み、仕事もプライベートも充実した生活を送りましょう。

関連記事

迷った方はまずは無料のオンラインカウンセリングへ
イングリードでは英語コーチングについて理解を深めたり、
英語力診断を受けられる無料のオンラインカウンセリングを実施しています。

\プロカウンセラーによる無料英語力診断テスト付き/