英語の聞き流しに効果はなし!理由と代わりとなる勉強方法を紹介


英語の聞き流しに効果はなし!理由と代わりとなる勉強方法を紹介

「英語を聞き流すだけで英語が話せるようになる」と謳っている学習教材はいくつもあります。しかし実際は、英語を聞き流すだけで英語が話せるようになるような、そんな甘い話はありません。

本記事では、英語の聞き流しに効果がない4つの理由と、英語の聞き流しに代わる勉強方法について解説します。

また記事最後では、それでも英語の聞き流しをしたい方に向けて、英語の聞き流しにおすすめのアプリを紹介しています。

英語の聞き流しについて気になっている方は、記事を最後までチェックしてみてください。

英語の聞き流しとは?

英語の聞き流しとは、英語の音声に集中することなく、英語の音声を聞き流す勉強方法のことです。具体的には、通勤中にボーッとしながら英語の音声を聞いたり、自宅で他の作業をしている時にBGMとして英語の音声を流したりします。

もうサービスを終了してしまいましたが、ゴルフ選手がテレビCMに出演していたことで有名な「スピードラーニング(現在はサービス終了)」という学習教材が注目を集めていましたが、スピードラーニングも聞き流しの英語教材の1つです。

英語の音声を集中して聞き取ろうとする勉強方法は、多聴や精聴と呼ばれるので、聞き流しとは区別して考える必要があります。英語の聞き流しは、あくまで意識は他のところにありながら、英語を聞いている状態で行われる勉強方法を指します。

英語の聞き流しに効果が期待できない理由

英語の聞き流しは、日本人の英語話者や言語に関する専門家の間でも「効果が期待できない勉強方法」と言われています。

英語の聞き流しは効果が期待できないと言われている理由は、以下の4つです。

  • 精聴できていないから
  • 語彙力や文法力が不足しているから
  • 「聞き流しさえしておけば良い」と思い込んでしまうから
  • 発話をする機会が一切ないから

それぞれ詳しく解説します。

精聴できていないから

英語の聞き流しはあくまで「聞き流し」です。英語を精聴しているわけではありません。

他の作業はやめて英語を聞くことだけに集中すれば、どこが聞き取れてどこが聞きてれていないのかが明確になります。そして聞き取れていない箇所の意味を調べたり、繰り返し聞いたり、速度を変更して聞いてみたりすることで、英語の聞き取り能力がアップします。

しかし英語の聞き流しでは、意識は別のところにあるので、上記のような学習ができません。その英語が聞き取れているのか聞き取れていないのかすら判断することがないまま、次から次へと英語を聞いていきます。

「英語が聞こえる環境」に慣れることはできるかもしれませんが、英語を聞き取る能力がアップすることはありません。

語彙力や文法力が不足しているから

語彙力や文法力が不足している状態で英語の聞き流しをしても効果はありません。なぜなら知らない単語や文法は、いくら英語を聞いたところで理解できないからです。

例えば我々がこれから毎日中国語の音声をひたすら聞き流したとして、中国語が理解できるようになるでしょうか?答えはNoのはずです。基礎的な単語や文法について知っていなければ、聞き流しなどのリスニング関係の英語学習方法は成り立ちません。

知っている単語の中に1語だけ知らない単語があれば、文章からある程度意味を推測できます。しかし何も分からなければ、当然推測は不可能です。

「これから英語学習を始める」「英語が苦手」という方は、聞き流しではなく、基礎的な学習から始めるべきです。聞き流しなどのリスニング学習が成り立つのは、聞いている音声の8割程度を聞き取れるようになってからです。

どうしてもリスニング学習をしたいのであれば、8割程度聞き取れるような、自分に合ったレベルの教材を見つけましょう。

そして、残念ながら基礎学習を終えた後にも、英語の聞き流しをしても効果はほとんどありません。記事後半で紹介している、聞き流し以外のリスニング学習方法を実践しましょう。

「聞き流しさえしておけば良い」と思い込んでしまうから

スピードラーニングのテレビCMでは「英語を聞くだけで英語をマスターできる」と紹介されていました。確かに英語を聞くだけでマスターできるのなら、これほど良い勉強方法はありません。

実際は、聞くだけでマスターできるほど、英語は甘くありません。英語を習得するには、基礎学習から始め、実践練習まで含めて長期間の英語学習が必要になります。

しかし英語の聞き流しを実践する方の多くは「とりあえず聞き流しさえしておけば英語が分かるようになるはずだ」という思いで聞き流しに取り組んでいるのではないでしょうか?

聞き流しに全く効果がないとは言いません。例えばランニング中など耳が空いている時に英語を聞き流すと、集中して聞き取ることはなくても、リスニング力が多少磨かれるはずです。また日常生活の中で英語に触れる時間を少しでも増やすことができます。特に日本で生活していると、英語に触れる機会はなかなかありません。

英語の聞き流しをする際は、聞き流しだけで満足するのではなく、他の英語学習方法と併用することが大切です。

発話をする機会が一切ないから

英語学習ではインプットとアウトプットの両立が大切です。

例えば英語を初めて勉強する方が、英語で会話をすることはできません。なぜなら英語のインプットが足りないからです。英語学習はインプットとアウトプットに分けられます。英語を勉強する際は、インプットとアウトプットのどちらかに比重が寄りすぎないようにしなければなりません。

英語の聞き流しは、インプットです。よって、英語を聞いているだけで英語が話せるようになることはありません。また英語で文章を書くことに対してもプラスになりません。

英語学習者の大半は「英語が話せるようになりたい」と考えているはずです。英語学習者がリスニング学習をするのも、英会話で相手が言っていることが聞き取れるようになるためではないでしょうか?

「英語が聞き取れればそれでいい」というのであれ英語の聞き流しプラスαの英語学習でも構わないかもしれません。しかしそうでなければ、英語の聞き流しは非効率です。それよりも効率的に英語が読めたり話せるようになったりする勉強方法を実践しましょう。

英語の聞き流しに代わるおすすめの勉強方法3つ

英語の聞き流しは、効果的な英語勉強方法ではありません。そこで、英語の聞き流しに変わる勉強方法を3つ紹介します。英語の聞き流しをしようとしてこの記事にたどり着いた方は、これから紹介する3つの勉強方法を試してみましょう。

英語の聞き流しに変わるおすすめの勉強方法は以下の3つです。

  • シャドーイング
  • ディクテーション
  • キクタン

それぞれ詳しく解説します。

シャドーイング

シャドーイングとは、聞こえてきた英語の音声を1〜2語(0.5秒程度)後から、シャドー(影)のように後を追いながら、声に出して復唱するトレーニングです。音読のように目で英文を見て読むのではなく、耳に入ってくる音声だけを頼りに英語を復唱します。

シャドーイングは、リスニング力に加えて発音やスピーキング力の向上にも役立つ勉強方法として注目されています。ただしシャドーイングを見様見真似でで実践してもあまり効果はありません。正しい方法で、正しいレベルの教材を使ってシャドーイングを行って、初めて意味があります。

正しいシャドーイングの方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

シャドーイングでこれはダメ! 間違ったシャドーイングのやり方は逆効果

ディクテーション

ディクテーションとは、聞き取った英語の音声を書き起こすトレーニング方法のことです。文字に書き起こすことで、どの単語が聞き取れてどの単語が聞き取れなかったのかがピンポイントで分かります。

ディクテーションを行うことで、「LとRの聞き分けが苦手だな」「リエゾン(音と音が結合)すると聞き取れなくなってしまうな」と自分の苦手とする箇所が分かります。

「自分の英語の弱点を探したい」という方におすすめの勉強方法です。ディクテーションについては、以下の記事で詳しく解説しています。

ディクテーションならリスニングの弱点発見&克服を同時にできる! ディクトレを取り入れるための準備と運用方法

キクタン

キクタンは、名前の通り英単語を聞いて覚えることにフォーカスした単語帳のことです。日本における英単語帳の定番中の定番であり、シリーズ累計450万冊を突破する人気単語帳です。

これまでの単語学習は、見て覚えたり書いて覚えたりするのがメインでした。しかしキクタンは、英語を耳で覚えることにフォーカスしています。英語の聞き流しの代替案となる勉強方法としておすすめです。

キクタンについては、以下の記事で詳しく解説しています。

【キクタン】英単語を書いて覚えるのはもう古い! 音声知覚による脳科学に基づいた語彙トレでボキャブラリーを増やそう

どんな勉強方法も正しく実践しなければ意味がない

英語にはいくつもの勉強方法があり、簡単に効果が出るものもあれば、なかなか効果が出ないものもあります。

しかしどんな勉強方法であったとしても、正しく実践しなければ意味がありません。上記でシャドーイング・ディクテーション・キクタンの3つの勉強方法を紹介しました。

これらはどれも素晴らしい勉強方法ですが、やはりいくら素晴らしい勉強方法とは言え、正しい方法で実践しなければ効果は得られません。

勉強方法を教えてもらう方法は少ない

英会話スクールに通えば英会話を教えてもらうことができます。

しかし英会話スクールで、以下のような勉強方法について教えてもらうことはできません。

  • シャドーイングってどうやるの?
  • ディクテーションってどうやるの?
  • 私に合った勉強方法って何?

英会話を学べるスクールや、TOEICやTOEFLなどの資格対策ができるスクールは乱立していますが、英語の勉強方法について一から教えてくれるスクールはあまりありません。

そこでおすすめなのが、英語コーチングスクールです。

正しい勉強方法を学ぶなら英語コーチング

英語コーチングスクールとは、英会話やTOEICに加えて、英語の勉強方法や受講者に合った勉強カリキュラムなどまでサポートしてくれるサービスのことです。

コーチングという言葉の通り、英会話を教える外国人講師とは別に、日本人のコーチが受講者に専属でつきます。

英会話レッスンでせっかく良いことを学んでも、自宅で復習をしなければ忘れてしまいます。また自宅で英会話レッスン以外の学習もしなければ成長できません。英語コーチングスクールでは、英会話スクールのこういった欠点を補うことができます。

どんなに良い勉強方法であっても正しい方法で実践しなければ意味がありません。また自分に合ったカリキュラムで学習しなければ意味がありません。上記2点をクリアすることで、短期間で一気に英語力を高められます。

英語の勉強方法について模索し続ける日々から解放されたいのであれば、英語コーチングスクールがおすすめです。

英語コーチングスクールならイングリード

英語コーチングスクールには、さまざまなタイプがあります。その中でもイングリードは、オンライン型とサブスクリプション型の両方を採用している唯一のスクールです。

オンライン型なので、自宅にいながら英語コーチングサービスを受けられます。通学は不要なので、時間の節約になりますし、世界中どこにいても同じサービスを受けられます。通学型のスクールは都市部にしかないので、地方在住者にとってはそもそも受講することができなかったんですよね。

サブスクリプション型とは、受講期間を1ヶ月単位で調整できる受講形式のことです。英語学習に必要な期間は人によって異なります。必要な学習期間はスタート地点からゴールまでの距離と、1日あたりに確保できる勉強時間によって決まります。

それなのに、大半の英語コーチングスクールでは、受講期間が2ヶ月や3ヶ月と一律で決まってしまっています。本来6ヶ月受講が必要な方でも2ヶ月しか英語コーチングを受講できないのです。残りの4ヶ月は、自力でなんとかしなければなりません。

そんな中イングリードでは、カウンセリングを通して必要な学習期間を割り出し、必要な期間英語コーチングを受講できます。

英語の聞き流しを効果的に実践するには事前のインプットが不可欠

ここまで英語の聞き流しについて「効果がない」という視点から解説してきました。しかしそれでも「私は英語の聞き流しをやってみたい」と考える方もいるはずです。

英語の聞き流しにどうしてもチャレンジしたいのであれば、事前のインプットが不可欠です。具体的には、TOEICにして800点レベルの英語力がなければ、英語の聞き流しは難しいでしょう。

TOEIC800点でグローバル人材に! 一流のビジネスパーソンになるなら英語はもっとも有効な自己投資

英語の聞き流しをする際は80%は聞き取れる状況になってから

記事前半でもお伝えしましたが、英語の聞き流しをするのであれば、聞き流す音声の80%は聞き取れるようにしましょう。

聞く音声によって英語の難易度は異なるので、自身の英語レベルで80%聞き取れるように、使用する音源のレベルを調整する必要があります。

聞き流しには、英語の参考書についている音源を使用してもいいですし、BBCなどのニュースアプリ、もしくは英語学習用のYouTubeチャンネルを活用してもいいでしょう。

英語の聞き流しにおすすめのYouTubeチャンネルについては、以下の記事で詳しく解説しています。

【完全版】英語学習におすすめのYouTubeチャンネル25選【聞き流しOK】

モチベーションを上げるための聞き流しはいつでもOK

英語の聞き流しには、TOEIC800点レベルの英語力が必要、8割は聞き取れる必要があると解説しました。しかしそれは、あくまで効率的に英語の聞き流しを実践する場合の話です。

単純にモチベーションを上げるために英語を聞き流すのであれば、これらのことは気にする必要はありません。気になる音源を好きなだけ聞き流しましょう。そうやってテンションを上げて、そこから他の英語学習に移れば、集中力はアップしますし、学習時間も伸びるはずです。

英語の聞き流しにおすすめのラジオアプリ5選【無料あり】

英語の聞き流しにおすすめのラジオアプリは以下の5つです。

  • TED
  • NHK World
  • BBC News
  • Bloomberg
  • バイリンガルニュース

それぞれ詳しく解説します。

TED

TEDはあらゆるジャンルの専門家や著名人のプレゼンテーションを閲覧できるアプリです。新聞記事のようなニュースではなく、最新の研究や世界情勢に関するテーマ、自己啓発的な内容など幅広いジャンルのプレゼンテーションがあります。

自分に興味があるジャンルを見つけられれば「勉強をしている」という感覚を持つことすらなく、何時間でも英語をリスニングできますよ。

プレゼンテーション動画はオフラインにダウンロードできるので、通信容量の心配は不要です。

app store / google play

NHK World

NHK Worldは、外国人向けに日本のニュースを英語で放送しているアプリです。

外国人向けのアプリですが、日本人の英語学習にも十分役に立ちます。なぜなら日本のニュースは、日本人にとって馴染みがあるものだからです。完全には聞き取れなくても、映像や雰囲気で「何となくこういうことを言っているのかな?」と推測できます。

ニュースのみならず、相撲など日本の文化についても頻繁に取り扱っているので、日本のことを英語で紹介する力も身につきます。

初めて聞き流しをするのであれば、海外のニュースサイトを使う前にNHK Worldから使ってみることをおすすめします。

app store / google play

BBC News

BBC Newsは、BBCで放送されるニュースの内容を得ることができるアプリです。英語の聞き流しとしても使えますし、リーディングの練習としても使えます。

難易度は高めで、知らない単語も多く登場するでしょう。知らない単語の中でも自分に関係がありそうなものに関しては、調べたりメモを取ったりして、きちんと覚えていくことが大切です。

英語初心者はNHK World、中級者上級者はBBC Newsで使い分けるといいですよ。

app store / google play

Bloomberg

Bloombergは、Bloombergで放送されているニュースに関して、聞き流しやリーディングができるアプリです。

経済や政治、世界情勢など幅広いニュースに関して聞き流しができます。

BBC Newsと同じく英語中上級者向けです。英語中上級者の方は、BBC NewsとBloombergのどちらかを使用しましょう。

app store / google play(なし)

バイリンガルニュース

バイリンガルニュースは、幅広いテーマのニュースに関して、アメリカ人のマイケル氏と日本人のマミ氏が英語と日本語で読み上げてくれるアプリです。

元々ポッドキャストで人気を集めていたサービスですが、アプリ版もリリースされています。

他のアプリと異なって、日本語と英語の両方の音声を聞くことができるので、英語初心者の方におすすめのアプリです。

無料で全ての音声を聞くことができますが、文字起こしテキストを閲覧するには、月額240円の読み放題プランへの加入が必要です。

聞き流しだけなら無料でも構いませんが、シャドーイングやディクテーションも行いたいのであれば、読み放題プランへの加入をおすすめします。

app store / google play

まとめ:英語の聞き流しにこだわらず効果がある勉強方法を選ぼう!

英語の聞き流しに効果がない理由について解説しました。英語の聞き流しの効果がゼロとは言いません。しかし他の勉強方法に比べて効果が少ないのは明らかです。

何となく気になった勉強方法に挑戦してみるのではなく、本当に効果がある勉強方法を実施しましょう。

まずはシャドーイングやディクテーション、キクタンを使った英語学習からはじめてみてください。

関連記事

迷った方はまずは無料のオンラインカウンセリングへ
イングリードでは英語コーチングについて理解を深めながら
英語力診断を受けられる無料のオンラインカウンセリングを実施しています。

\プロカウンセラーによる無料英語力診断テスト付き/