TOEIC対策が無料でできるWebサイト14選【模試形式もあり】


TOEICは参考書のみならず、Webサイトでも学べます。TOEIC対策ができるWebサイトは無数にありますが、今回はその中でも無料かつ質が高いWebサイトを14個紹介します。

これからTOEIC対策を本格的に始めようと考えている方は必見です。

TOEICを無料Webサイトで学ぶべき3つの理由

TOEICを無料サイトで学ぶべき理由は3つあります。

無料でも良質な問題がたくさん転がっているから

「安かろう悪かろう」という言葉があります。しかしTOEIC対策ができる無料のWebサイトには、良質な問題がたくさんあります。確かに書店で販売されている参考書の方が、問題の質が高かったり、解説が充実していたりする場合があります。質が低かったり、解説が載っていなかったりするWebサイトがあるのも事実です。

しかし今回は、質も機能も参考書に劣らないような、無料で学べるWebサイトを紹介しています。

無料サイトで学ぶ中で「本当に必要なTOEIC対策」が見えてくるから

TOEICに必要な対策は、あなたの英語レベルや、目標とするスコアによって異なります。例えばあなたが「中学英語すら曖昧」というレベルにも関わらず、実践問題演習をひたすらこなしても、意味がありません。それよりは、中学高校レベルの基礎学習から始めてみるべきです。

しかし、初めてTOEICを受験する方にとっては、自分のレベルがどのくらいなのか、分かりませんよね。今回紹介するWebサイトは全て無料です。無料でWebサイトを利用してTOEICの問題を解いてみることで、自分がどのくらいのレベルなのかが見えてきます。そして基礎を学ぶべきなのか、応用を学ぶべきなのかも分かります。

アプリよりもさらに気軽に始められるから

Webサイトだけでなく、アプリでも無料でTOEIC対策ができます。どちらも無料で対策ができるという点では同じなのですが、アプリはインストールをするのがやや面倒です。「後でインストールしようと思ったが、結局そのまま放置してしまった」のようなことが起こりやすいです。

一方Webサイトであれば、サイト名を検索するだけで、簡単にページにアクセスできます。インストールに手間がかかったり、インストールする際のネット環境を気にする必要はありません。WebサイトでのTOEIC対策は、アプリでのTOEIC対策よりも気軽に始められます。

【単語〜実践まで】TOEICおすすめアプリ17選【無料あり】

TOEIC対策が無料でできるWebサイト14選

TOEIC対策ができる無料Webサイト14選を紹介します。気になるWebサイトがあれば、早速使ってみてください。

TOEIC公式サイト

『TOEIC公式サイト』では、TOEICを運営する一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会が各パートのサンプル問題を公開しています。TOEIC公式が提供する唯一のサンプル問題です。

TOEIC公式サイトでは、TOEIC本番と同じナレーターがリスニング問題を読み上げています。また問題もTOEIC本番と同じ団体が作成しています。ここまで本番に近い問題を解く方法は、今回紹介しているTOEIC公式サイトか、TOEIC公式問題集しかありません。そして無料で問題を解けるのは、TOEIC公式サイトだけです。ただし解説がついていないという欠点があります。

公式サイト:https://www.iibc-global.org/toeic/test/lr/about/format/sample01.html

過去問ドットコム

『過去問ドットコム』は、TOEICのみならず、法律系の資格や建築系の資格など、様々な資格の過去問や予想問題を集めたWebサイトです。

過去問ドットコムには、パート1・2・5・6の予想問題が収録されています。TOEICは試験終了時に問題用紙を持ち出せないので、過去問が存在しません。よってTOEICに関しては、予想問題のみの公開となります。他の資格には、過去問が公開されているものもあります。

TOEICパート1・2・5・6は、TOEIC全7パートの中でも簡単だと言われる4パートです。よって過去問ドットコムは、TOEIC初心者の方におすすめのWebサイトです。一方で、パート3・4・7の対策を強化したいTOEIC中上級者の方にはおすすめできません。

公式サイト:https://kakomonn.com/TOEIC/

TOEIC過去問の使用方法は本番想定の演習だけではない! TOEICの過去問にまつわる噂も検証!

Exam English

『Exam English』は、TOEICやTOEFL、IELTSなどの英語資格試験の予想問題を集めたWebサイトです。TOEIC Listening & Reading Testのみならず、TOEIC Speaking & Writing Testの対策問題も収録されています。

サイトは全て英語なので、TOEIC600点未満の方には、おすすめできません。また他のWebサイトと比べて、広告の量が多い印象を受けました。

公式サイト:https://www.examenglish.com/TOEIC/index.php

TOEIC ONLINE

『TOEIC ONLINE』は、パート1・2と単語の対策ができるWebサイトです。パート1の問題が100問以上、パート2の問題が70問以上収録されており、問題は日々追加されています。数問のみですが、パート3と7の問題も用意されています。解説はついていません。

TOEICで700点以上を目指すのであれば、TOEICパート1・2はほとんど満点を取らなければなりません。TOEICパート1・2の正答率を高めるには、とにかく問題数をこなして、様々な問題のパターンに慣れることが大切です。TOEICパート1・2合わせて170問ほど無料で解けるので、パート1・2対策にぴったりのWebサイトです。

公式サイト:http://www.toikku.net/

TOEIC毎日トレーニング

『TOEIC毎日トレーニング』は、通信講座や教材で有名な株式会社アルクが運営するWebサイトです。TOEICパート1〜7までの問題が収録されています。解説付きです。

問題の質と量では、今回紹介する15個の無料Webサイトの中で、最もおすすめできるWebサイトです。しかし月に3本までしかサイトを閲覧できないという欠点があります。無制限でサイトを閲覧するには、月額会員登録をしなければなりません。

パート1〜7まで7つのページに分かれており、月に3ページしか閲覧できないので、月に3パートずつ学習するのがおすすめです。また一度ページを閉じてしまうと閲覧数がカウントされてしまうので、1つのパートを一気に学習すべきです。

公式サイト:https://www.alc.co.jp/

英語学習お助けサイト

『英語学習お助けサイト』は、TOEICパート1〜7の問題に加えて「TOEIC頻出動詞100」のようなコンテンツも用意されているWebサイトです。

パート5の問題が毎日1問更新されているので、パート5の対策をしたい方におすすめです。TOEICで高得点を取るためには時間配分が大事だと言われます。そしてTOEICで高得点を取るためには、パート5は1問20秒で解かなければなりません。

英語学習お助けサイトには解説も用意されています。1問の問題演習と解説の確認を合わせても、合計2分もかかりません。よって、通勤電車の中など、スキマ時間を使っての学習におすすめです。

公式サイト:https://english-learninghelp.com/

TOEICは時間配分を見直すだけで劇的にスコアアップする? リーディングとリスニングの対策を解説

TOEICスコアアップの教科書

『TOEICスコアアップの教科書』は、1,000問の問題と、850問の英単語を学べるWebサイトです。リスニング問題と単語は、全て音声付きです。1,000問と収録している問題数が多いので、とにかく問題演習の数をこなしたい方におすすめです。

また問題を解けるだけではなく、英語学習やTOEIC対策におけるコツも解説しています。

公式サイト:https://zitanstudy.com/

TOEICスコアアップナビ

『TOEICスコアアップナビ』は、TOEICの文法問題が学べるWebサイトです。TOEICでは、200問中の46問が文法問題です。つまりTOEICの4分の1程度が文法問題という計算になります。

単語や頻出表現は覚えても、文法は中途半端なまま放置してる方も多いのではないでしょうか?TOEICに必要な文法知識は、中学高校レベルのものだけです。文法に手をつけないままTOEIC対策をしていた方は、TOEICスコアアップナビで文法をマスターしましょう。特にTOEICパート5・6の正答率が大きく上がりますよ。

公式サイト:http://www.ankiya.info/

英語リスニング無料学習館

『英語リスニング無料学習館』には、TOEICパート2の問題が、100問収録されています。英語リスニング無料学習館は、ディクテーションに力を入れたアプリです。ディクテーションとは、聞き取った音声を文字に書き起こす英語学習方法です。どこが聞き取れてどこが聞き取れないのかを明確にしたり、綴りの間違いを発見したりする効果があります。

TOEICのリスニングでは、間違っていても解説を読んで、なんとなく理解した気持ちになり、次の問題に進んでしまう方が多いです。しかしディクテーションを行うことで、どこが聞き取れなくて間違えたのかが明確になります。間違いを発見し改善することで、次同じ問題が出題されても、解けるようになります。

また英語リスニング無料学習館では音声再生速度の調節ができます。0.5倍・標準・1.5倍の中から選択可能です。

公式サイト:https://english-listening-center.com/

Online TOEIC Practice

『Online TOEIC Practice』は、パート1〜7までの問題を解けるWebサイトです。サイトは全て英語なので、TOEIC600点以上で、簡単な文章であれば読解できるレベルの方におすすめです。

問題は、TOEIC1回分の200問収録されています。しかし全ての問題を解くためには、無料会員登録をしなければなりません。会員登録をしていない状態だと、2問しか問題を解けません。

公式サイト:https://yourenglishtest.com/

TOEIC頻出単語集

『TOEIC頻出単語集』は、TOEICの単語を学べるWebサイトです。他のサイトのように問題演習ができるサイトではありません。

TOEIC頻出単語集では、400点コース・550点コース・700点コース・850点コースのように、目標スコアごとにコース分けされています。

ただし、単語の音声は収録されていません。また単語は、アルファベット順に収録されています。単語を効率的に覚えるには、似た意味の単語をまとめて覚えたり、同じ品詞の単語をまとめて覚えるべきです。

公式サイト:http://www7b.biglobe.ne.jp/~browneye/english/

英語.com

『英語.com』は、TOEICの模擬試験を無料で受けられるWebサイトです。模試形式で問題演習ができるWebサイトは、今回紹介しているサイトの中でも英語.comだけです。

TOEICを初めて受験する方が「TOEICってどんな試験なの?」という疑問を解消するために使ってもいいでしょう。問題数は本番の半分の100問です。

公式サイト:http://www.eigo.com/

TOEIC Incomplete Sentences

『TOEIC Incomplete Sentences』は、TOEICパート5のような短文穴埋め問題が解けるWebサイトです。Be動詞を区別する問題など、簡単な問題が数多く収録されているので、英語初心者向けです。解説はついていません。

公式サイト:https://englishteststore.net/index.php?option=com_content&view=category&layout=blog&id=412&Itemid=580

YouTube

『YouTube』でも、無料でTOEIC問題を解けます。動画という特性上、以下の動画のようにリスニング問題を解けるコンテンツが充実しています。

https://www.youtube.com/watch?v=RbVWYTO5AQo

動画は通信容量を使うので、Wi-Fiがない環境での使用はおすすめできません。しかしリスニングに限って言えば、Webサイトで学習するよりもはるかに効率的です。解説がついて位いるもの、ついていないもの、難易度が高いもの低いものなど様々なコンテンツがあるので、ぜひ自分にぴったりの動画を探してみてください。

公式サイト:https://www.youtube.com/?hl=JA

まとめ:無料Webサイトを活用してTOEIC対策を快適に!

無料のWebサイトをうまく活用すれば、コストをかけることなく、気軽にTOEIC対策が始められます。「これからTOEIC対策を始める」という方は、ぜひWebサイトを活用してみてください。

しかし、本気でTOEIC高得点を目指したいのであれば、無料Webサイト以外の学習が必要です。参考書の購入や英語コーチングスクールの受講など、他の選択肢も視野に入れておきましょう。

関連記事

迷った方はまずは無料のオンラインカウンセリングへ
イングリードでは英語コーチングについて理解を深めたり、
英語力診断を受けられる無料のオンラインカウンセリングを実施しています。

\プロカウンセラーによる無料英語力診断テスト付き/