TOEICがオンライン受験可能に? 前形式との違いや対策方法を解説


2020年に入り、新型コロナウイルスの影響でTOEIC試験が何度も中止されています。以前のように大勢を教室に集めてTOEIC試験を開催することが難しく、人数制限を行った上でTOEIC試験が行われています。

人数制限により、TOEICを受験したくても受験できない人は多いです。抽選に受かった人だけがTOEICを受験できるのですが、TOEIC受験の当選者発表日には、Twitterでトレンド入りするほど話題になりました。

しかし実はTOEICはオンラインでも受験可能ということを知っていましたか?

本記事では、TOEICオンライン試験の試験概要、TOEICオンライン試験を受験する際の注意点、などについて解説します。

TOEIC公式が9月から再開! コロナ禍による影響と今後のスケジュールのまとめ

TOEICがオンラインで受験可能に!

2020年4月より、TOEICがオンラインでも受験できるようになりました。これまでのようなマークシート形式ではなく、パソコンでの受験です。

TOEICにオンライン試験が導入された背景は以下の2点です。

  • 働き方改革により団体内での研修やテスト実施方法が多様化したこと
  • テレワークが推進されていること

場所や時間を選ばずにTOEICを受験したいという要望が高まっており、それに応じてTOEICもオンライン試験を開始しました。

オンラインで受験可能なのはTOEIC IPテストのみ

TOEICをオンラインで受験できるのはTOEIC IPテストだけです。TOEIC公開テストはオンラインでは受験できません。

TOEIC IPテストは企業や学校などの団体で申し込むテストです。一方TOEIC公開テストは個人で申し込むテストです。

例えば企業でTOEIC IPテストを受験する場合、以前の形式だとテレワークの社員も一度出社させる必要がありました。しかしオンラインだとテレワークの社員も自宅にいながらTOEICを受験できます。

TOEICは何種類ある? 各テストの特徴や選び方をわかりやすく解説

TOEIC IPテストとTOEIC公開テストの違い

英語 昇進 TOEIC

TOEIC IPテストのオンライン試験に関する詳細の前に、まずはTOEIC IPテストとTOEIC公開テストの違いをおさらいしておきましょう。

TOEICをオンラインで受験できるのはTOEIC IPテストだけです。まずはあなたがTOEIC公開テストとIPテストどちらを受けたいのかを確認しておけなければなりません。

申し込み方法の違い

TOEIC公開テストは個人で申し込みます。個人で英語を学習している方が個人で申し込みを行い、他の一般受験者と一緒に、指定された試験会場でTOEICを受験します。

一方でTOEIC IPテストは団体で申し込みます。団体とは企業や学校などのことです。「新入社員まとめてTOEICを受験する」「大学で一括で受験する」などの理由でTOEIC IPテストを申し込みます。

試験会場は企業のオフィスや学校の教室などです。試験監督は教員や上司などが行います。

TOEIC公開テストの受験者は全員自らの意思で受験を希望した方々である一方、TOEIC IPテストは会社や学校でまとめて申し込みが行われているので、全員がTOEIC受験を希望していて英語を学習している方という訳ではありません。

受験料の違い

TOEIC公開テストの受験料は、6,490円です。リピート割引適用後の受験料は5,846円です。一方TOEIC IPテストの受験料は、4,230円とTOEIC公開テストよりも安くなっています。

「本格的にTOEICを受験したい」という方はTOEIC公開テストの方がおすすめです。

なぜならTOEIC公開テストの方が、公式認定証も発行され、就活や転職などにもより活かせるからです。一方「TOEICに少し興味があるな」というレベルの方は、まずはTOEIC IPテストを低価格で受験してみましょう。

平均点の違い

TOEIC公開テスト(2019年実施)の平均点は以下の通りです。

TOEIC公開テスト(2019年実施)
リスニング:323
リーディング:265
トータル;588

一方でTOEIC IPテスト(2019年実施)の平均点は以下の通りです。

TOEIC IPテスト(2019年実施)
リスニング:264
リーディング:206
トータル:470

どちらも2019年に実施されたTOEICの平均点です。TOEIC公開テストとIPテストで問題は異なりますが、難易度は一緒です。しかしTOEIC IPテストの方がトータルの平均点が100点以上も低くなっています。

TOEIC IPテストの方が平均点が極端に低い原因は受験者の違いにあります。TOEIC公開テストの受験者は皆自分の意志でTOEICに申し込んでいますが、TOEIC IPテストでは全員がそうではありません。

全く対策をせずにTOEICに臨む方も多く、結果として平均点にここまでの差が出てしまいます。

社会人のTOEIC対策をレベル別で解説! 効率的に対策をして、今度こそ壁を越えよう

TOEIC IPテスト(オンライン)の試験概要

リスニング 上達 勉強法

TOEIC IPテスト(オンライン)の試験概要をまとめました。

オンラインの問題形式

TOEIC IPテスト(オンライン)の問題形式はTOEIC IPテスト/公開テストとは大きく異なります。

TOEIC IPテスト/公開テストの問題形式は、リスニングがパート1〜4、リーディングがパート5〜7の全7パートでした。問題数はリスニング100問、リーディング100問の全200問です。

一方でTOEIC IPテスト(オンライン)ではパートではなくユニットが1〜4まであります。リスニングはユニット1・2でリーディングはユニット3・4です。問題数はリスニング45問、リーディング45問の全90問です。

TOEIC IPテスト/公開テストと比べてTOEIC IPテスト(オンライン)は問題数が半分以下になっています。

TOEICの勉強法を徹底解説! 中級者の入り口600点、夢の800点へのアプローチ方法

オンラインの試験時間

TOEIC IPテスト/公開テストの試験時間はリスニング45分、リーディング75分の合計120分です。

一方でTOEIC IPテスト(オンライン)の試験時間は、リスニング約25分、リーディング37分の合計約60分です。

TOEIC IPテスト/公開テストと比べるとTOEIC IPテスト(オンライン)の試験時間は半分になります。しかし問題数もちょうど半分になっているので問題量と試験時間のバランスに関しては問題ありません。

TOEIC IPテスト(オンライン)でもTOEIC IPテスト/公開テストと同じ感覚で試験を解くことができます。

TOEICは時間配分を見直すだけで劇的にスコアアップする? リーディングとリスニングの対策を解説

オンラインの受験場所

TOEIC IPテスト/公開テストの受験場所は、各試験会場です。IPテストの場合は、学校や企業など、担当者が指定した場所が試験会場になります。公開テストの場合は、数ある会場の中であなたの住所から近い場所が試験会場になります。

TOEIC IPテスト(オンライン)の場合の受験場所は、自宅もしくは通常のTOEIC IPテストと同じ試験会場です。

TOEIC IPテスト(オンライン)では自宅からでもTOEICの受験ができるので、時間や場所に囚われずあらゆる状況の方が受験できます。

オンラインの試験開始時間

TOEIC IPテスト/公開テストの試験開始時間は13:00です。家を出てTOEICを受験して帰宅するまでには半日かかります。

一方TOEIC IPテスト(オンライン)は自分が好きなタイミングで受験ができます。

「好きなタイミングで受験ができるのなら、先に受けた人から答えを教えてもらうことができるのでは?」という疑問もあります。しかしTOEIC IPテスト(オンライン)はオンラインという特性を活かして、解きながら出題される問題が変わるように作られています

マークシートだと紙なので問題後から変更することはできませんが、オンラインだとそれが可能です。

オンラインの受験料

TOEIC公開テストの受験料は、6,490円です。TOEIC IPテストの受験料は、4,230円です。TOEIC IPテスト(オンライン)の受験料はTOEIC IPテストの受験料と同じく4,230円です。

問題数や試験時間が半分になっているので、割高になったという印象を持つかもしれません。しかしTOEIC公開テストよりも安い価格で受験できます。

問題数や試験時間が減り気軽に受験できるように

TOEIC IPテスト(オンライン)はTOEIC IPテスト/公開テストと比べると問題数や試験時間が半分になっています。

TOEIC IPテスト/公開テストは問題が200問で試験時間が120分の体力勝負の試験でした。常に時間との勝負で途中で力尽きてしまう方も多かったです。しかしTOEIC IPテスト(オンライン)は問題数は90問、試験時間は60分なので、気軽に受験できるようになりました。

しかし時間に対する問題数の量は変わらないので、依然として時間配分に気を使ったTOEIC対策をしなければなりません。

従来のTOEIC IPテストのように履歴書等に記載可能

TOEICスコアは就活や転職活動で役立ちます。TOEICは日本の中で最も有名な英語に関する試験といっても過言ではありません。

TOEICスコアは公開テスト・IPテスト問わずに履歴書への記載が可能です。TOEIC公式テストでは公式認定証がもらえるのですが、TOEIC IPテストでは公式認定証がもらえません。

企業によっては公式認定証の提出を求められるので、その時はTOEIC公式テストのスコアしか使えません。

またTOEIC IPテスト(オンライン)で取得したスコアもTOEIC IPテストと同じく公式認定証は発行されませんが、履歴書に記載できます。

履歴書に書けるのはTOEIC600点は真っ赤な嘘? 就職・転職活動で評価されるスコアについて解説

TOEIC IPテスト(オンライン)受験時の注意点

英語 ライティング 中級者

TOEIC IPテスト(オンライン)受験時の注意点は以下の3つです。

オンラインはリスニングで先読みができない

TOEICリスニングでは、問題を先読みすることがスコアアップのコツでした。先読みして質問や選択肢を頭に入れることで、問題をより理解できますよね。

しかしTOEIC IPテスト(オンライン)ではリスニングでの先読みができません。なぜなら問題は一問ごとしか表示されないからです。

パソコンの画面には問題が一問しか表示されておらず、回答を選択することで次の問題が表示されます。

マークシート式のTOEICテストでは、問題は冊子にまとめられているので、先の問題を自由に見ることができましたが、オンラインではそれが不可能です。

よって先読みに頼ったリスニングができず、一度で正確に英語を聞き取る能力がこれまでよりも必要になります。

TOEICのリスニングはリーディングよりも簡単? 隙間時間を利用した反復学習で対策をしよう!

オンラインのリーディングはUnitごとに時間が決まっている

TOEICリーディングでは、自分の得意なパート不得意なパートに合わせて時間配分を調節するのがスコアアップのコツでした。得意なパートは早く解いて、苦手なパートを解く時間を増やすことでスコアが上がります。

しかしTOEIC IPテスト(オンライン)のリーディングではユニットごとに時間が決まっているので、ユニットを跨いでの時間配分ができません。

できるのはユニット内での時間配分のみです。

苦手なユニットに時間を割くことはできませんし、得意なユニットで余った時間を上手く使うこともできません。

得意不得意を無くし、どんな問題も満遍なく解けるようなスキルが求められます。

TOEICのリーディングは基礎の見直しから! 弱点を把握して効率的な学習方法を取り入れよう

オンライン受験に最適な環境を用意すべき

TOEIC IPテスト(オンライン)の受験では、受験に最適な環境を用意しましょう。TOEIC IPテスト/公開テストでは、試験会場の環境は試験監督やスタッフが管理してくれます。

しかしTOEIC IPテスト(オンライン)で自宅受験の場合、周りの環境は自分で整えなければなりません。人の声が聞けないような部屋を用意する、イヤホンを用意するなど万全の準備をしなければ、試験に不利になってしまいます。

TOEIC IPテスト/公開テストでは受験の環境に関しては一切気にする必要がありませんでしたが、TOEIC IPテスト(オンライン)で高スコアを取るためには試験環境の準備も大切です。

まとめ:オンラインでより気軽にTOEICを受験しよう

TOEICがオンラインで受験可能になったことにより、これまでよりも気軽にTOEICを受験できるようになりました。

TOEICを受験したくても、仕事や育児などの都合で受験できなかった方でもTOEIC IPテスト(オンライン)なら受験できます。

TOEIC IPテスト(オンライン)のスコアは、試験終了直後に表示されます。これまでのように結果発表まで数週間待つ必要はありません。

気軽にTOEICを受験することで、今の自分の英語力を知り、今後の英語学習に活かしましょう。

アフター・コロナをどう生きる? 在宅時間が多いイマだからこそ自己投資をして将来に備えよう!


関連記事

迷った方はまずは無料のオンラインカウンセリングへ
イングリードでは英語コーチングについて理解を深めたり、
英語力診断を受けられる無料のオンラインカウンセリングを実施しています。

\プロカウンセラーによる無料英語力診断テスト付き/